ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

国宝5城・重要文化財7城 建造物特集



全国にある日本の城が持つ天守の中には、「現存12天守」があります。現存12天守は江戸時代以前の姿を現在に残す天守のこと。現存12天守のうち、国宝指定を受けた天守を持つ城は「国宝5城」、重要文化財指定を受けた天守を持つ城は「重要文化財7城(重文7城)」と呼ばれます。
こちらでは、そんな国宝5城・重要文化財7城(重文7城)が日本地図から検索可能。
気になる城をクリックすると、各城の詳細な情報が見られます。
歴史ファンの方も城巡り初心者の方もご利用頂けます。

現存12天守とは

日本国内にある城郭のうち、江戸時代以前に建造された天守が現在まで残っている天守を「現存天守」と言います。そして、その現存天守は、弘前城(青森県)、松本城(長野県)、丸岡城(福井県)、犬山城(愛知県)、彦根城(滋賀県)、姫路城(兵庫県)、松江城(島根県)、備中松山城(岡山県)、丸亀城(香川県)、松山城(愛媛県)、宇和島城(愛媛県)、高知城(高知県)の12城。これらの城を総称して「現存12天守」と呼びます。

現存12天守のうち、5層天守を持つ城郭は、姫路城と松本城のみです。

また、現存天守最古として有力な城は、文化庁の「国指定文化財等データベース」によれば、松本城や犬山城が挙げられますが、建造時期には諸説も多く、確定的な年代は特定できないとの見方も。

なお、天守は織田信長安土城から始まったとされ、江戸時代初期には実に約3,000もの城が建造されました。しかし、1615年(慶長20年)の「一国一城令」や1873年(明治6年)の「廃城令」により、数多くの城が破却、廃城処分。存城となった城も軍用地や要塞として利用されたのです。
昭和に入る頃には天守を持つ城は20城ありましたが、第2次世界大戦に巻き込まれ、広島城(広島県)や名古屋城(愛知県)など含めた8城を失うことに。

このように苦難を乗り越えた12城が、現存12天守としてあり続けているのです。

国宝5城とは

1929年(昭和4年)「国宝保存法」に基づき、名古屋城、広島城の天守や水戸城の櫓など文化財に指定されたものは全て国宝でした。しかし、1950年(昭和25年)「文化財保護法」の公布により、「重要文化財」という規定が誕生。旧国宝は全て重要文化財に指定し、その中から、特に優れた価値を持ち、文化史的意義の深い重要文化財を改めて「国宝」に指定したのです。

文化財保護法において、国内における現存12天守のうち、姫路城(兵庫県)、彦根城(滋賀県)、犬山城(愛知県)、松本城(長野県)と、2015年(平成27年)に再指定された松江城(島根県)を含めた5城が「国宝5城」に指定されました。

中でも白鷺城として名高い姫路城は、外観の美的完成度と軍事的役割の両方が高く評価。また、天守が現存する城郭の最高峰として、1993年(平成5年)には、日本初の世界文化遺産に登録されました。築城以来、戦災の被害を受けることのなかった姫路城は、建築物のほとんどが創建当初のまま維持されていることから、近世城郭の建築技術を知る貴重な城としても重宝されています。

他にも漆黒の外観が美しい松本城は、現存天守の城郭の中では唯一の平城。国宝に指定された天守は、戦国時代と江戸時代の2つの時代を融合させた「連結複合式」の天守群で、他に類を見ません。

重要文化財7城

現存12天守のうち、天守が重要文化財として指定されている城は、弘前城(青森県)、丸岡城(福井県)、備中松山城(岡山県)、丸亀城(香川県)、松山城(愛媛県)、宇和島城(愛媛県)、高知城(高知県)の7城。総称して「重要文化財7城」と呼びます。

重要文化財7城は、築城時期が大きく異なりますが、 全てが修復や再建、解体復元を繰り返しながら、美しい姿を維持。中でも高知城は、江戸時代に再建された天守や本丸御殿がかつてのまま現存しています。現存12天守で、本丸御殿と天守のいずれもが残っている城は高知城だけです。

また、重要文化財7城には、それぞれ特徴があります。例えば天守の屋根ですが、最北に築かれた独立式層塔型3層3階の弘前城は、銅瓦を葺いていますが、同じく寒冷地域の丸岡城は豪雪に耐えるため、100t以上もある重い石瓦を使用。幕末に復興された松山城の天守は、現存12天守で唯一屋根に葵の御紋が付けられています。

天守の見どころも様々。石垣の名城として有名な丸亀城の3層3階の木造天守は、唐破風や千鳥破風といった趣向にも優れ、美しさを誇っています。築城の名手・藤堂高虎(とうどうたかとら)によって築城された宇和島城は、築城当初は複合式望楼型でしたが、改修時には独立式層塔型に建て替えられました。各階に見られる破風や懸魚(げぎょ)などから、泰平の世を象徴した造りと評されています。
また、備中松山城は2層2階と小さい天守を持ちながらも、標高430mに聳え立つ「雲海に浮かぶ天空の山城」として多くの来訪者を魅了しているのです。

ページトップへ