ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

刀剣ワールド/城

日本の城と戦国武将
豊臣秀吉

日本の城と戦国武将

豊臣秀吉と城

「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)は、1537年(天文6年)2月6日~1598年(慶長3年)8月18日に生きた戦国武将です。

豊臣秀吉

文字サイズ

豊臣秀吉」(とよとみひでよし)は、1537年(天文6年)2月6日~1598年(慶長3年)8月18日に生きた戦国武将です。豊臣秀吉は、「人たらし」(人心掌握)に長けていたと言われ、もとは貧しい農民の出でしたが、織田信長に家臣として出世を重ね、関白、太閤にまで上りつめ、天下人となりました。今でも豊臣秀吉は「太閤はん」と親しみをもって呼ばれています。豊臣秀吉の出世には、様々な城が関わっていました。城主としてはもちろんですが、城攻めの名人としても多くの城に関わっています。美濃攻略に際に、豊臣秀吉が一夜にして城を建てたという「墨俣一夜城」の逸話は有名です。他にも、太閤ヶ平(たいこうがなる)と呼ばれた陣を敷き、兵糧攻めで勝利した「鳥取城の戦い」や、豊臣秀吉の三大水攻めの1つ「備中高松城の水攻め」等、戦わずして勝つという、豊臣秀吉のしたたかさが見える城攻めのエピソードが多数あります。また、「太閤はんの城」とも呼ばれる大阪城は、豊臣秀吉の居城でした。豊臣秀吉時代の大阪城は、金箔瓦が使われるなど豪華絢爛な城であったと言われていますが、大坂夏の陣で焼失してしまい、その姿をうかがい知ることができるのは、わずかな資料だけとなっています。たった1代で農民から天下人まで駆け上った豊臣秀吉は、現代人にも多くの影響を与えています。数多くの戦を勝ち抜き身を立てた豊臣秀吉の生涯とゆかりのある城についてご紹介します。

豊臣秀吉の生涯

農民の家に生まれ天下人まで成り上がった豊臣秀吉
農民の家に生まれ天下人まで
成り上がった豊臣秀吉

豊臣秀吉は、戦国時代に異例の大出世を果たした人物として知られています。大名家の生まれでもないのに天下人まで成り上がったのです。

1537年(天文6年)、豊臣秀吉は貧しい農民の家に生まれました(足軽の子という説もあります)。少年時代から尾張国周辺を放浪して働いていたのですが、18歳のときに尾張国を治める織田家に仕えるようになります。ここで豊臣秀吉は主君、織田信長と運命的な出会いを果たしたのです。

織田信長に取り入るために豊臣秀吉は知恵を絞りました。とりわけ有名なのは、草履にまつわる逸話です。ある雪の夜、織田信長は掃いた草履が温かかったことに驚きました。なぜ温かかったのかというと、豊臣秀吉が草履を懐に入れていたからです。
これをきっかけにして織田信長から目をかけられた豊臣秀吉は、戦場で大役を任されるようになり、手柄を挙げていきます。織田信長が美濃を攻略する際には、「墨俣一夜城」(すのまたいちやじょう)という前線基地を築城。また、織田家と朝倉家が戦った「金ヶ崎の戦い」(かねがさきのたたかい)では、織田信長を戦場から逃がすため、撤退する織田軍の最後尾で敵の追撃を断ったのです。

数々の手柄を挙げたことにより、1573年(天正元年)に豊臣秀吉は城を持つことが許されました。その生涯で初めての居城となったのは「近江長浜城」(おうみながはまじょう)です。一国一城の主になった豊臣秀吉ですが、その出世欲はまだまだ満たされません。さらなる手柄を挙げるべく、織田信長の所望する中国地方の平定に乗り出したのです。
1582年(天正10年)、「備中高松城」(びっちゅうたかまつじょう)を攻めている豊臣秀吉のもとに、信じられない知らせが届きました。京の本能寺にて、織田信長が家臣の明智光秀に謀反を起こされて自害したというのです。主君の死に激怒した豊臣秀吉は逆賊・明智光秀を討つべく、中国地方攻めを切り上げて京に向けて行軍を開始します。豊臣秀吉が大軍を率いて備中国から京までの約200kmをわずか6日間(日数は諸説あります)で踏破したことは、「中国大返し」と呼ばれる伝説となりました。そして、「山崎の戦い」で明智光秀を打ち果たしたのです。主君の敵討ちを成し遂げたことにより、豊臣秀吉は織田家家臣のなかでも強い発言力を得ることになります。

本能寺の変」から約1ヵ月後、織田信長の後継者を決めるために行なわれたのが「清洲会議」です。後継者として「三法師」(さんぼうし/織田信長の孫)を担いだ豊臣秀吉に対して、「織田信孝」(おだのぶたか/織田信長の三男)を担いだのが織田家筆頭家老「柴田勝家」(しばたかついえ)。豊臣秀吉の周到な根回しにより後継者は三法師に決まったのですが、豊臣秀吉と柴田勝家は対立することになります。
1583年(天正11年)、豊臣秀吉と柴田勝家の間で「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)が勃発。この戦では約1ヵ月も鍔迫り合いが続いたのですが、最後には豊臣秀吉が勝利します。あとは、三法師などの織田信長の息子たちから力を奪うと、豊臣秀吉のもとに権力が集中したのです。そして、九州平定、小田原征伐、奥州仕置により国内の対立勢力を一掃すると、ついに天下は豊臣秀吉のものに。貧しい農民の子が出世を重ねて、天下人にまで成り上がったのです。

しかし、豊臣秀吉の夢は天下人の先にありました。なんと、国内の兵を集めて朝鮮半島へと攻めこんだのです。天下統一だけに飽き足りず、朝鮮半島から攻め上がり、中国大陸まで征服しようとしたことからは、豊臣秀吉の持つ野心の途方もなさが分かるでしょう。
1598年(慶長3年)、日本からの遠征軍と朝鮮軍の間で多大な犠牲者が出るなか、戦は意外な形で決着が付きました。豊臣秀吉が61歳で死去したのです(病死という説が有力)。これにより遠征軍は撤退し、豊臣秀吉の最後の夢は潰えることになりました。

龍が天に翔け昇るが如くの勢いで出生を重ねて、日本を獲り、中国まで望んだ豊臣秀吉。もしかすると、そのスケールの大きさは戦国武将のなかでも随一なのかもしれません。

豊臣秀吉の名前について

成長するにつれて名前を変えていく魚を出世魚と呼びますが、この魚のように豊臣秀吉も名前を次々と変えていきました。幼名の「日吉丸」(ひよしまる)から、「藤吉郎」(とうきちろう)、木下藤吉郎、羽柴秀吉、平秀吉、藤原秀吉、そして豊臣秀吉という変遷をたどっています。これらの名前のなかには興味深いエピソードを持っているものがあるのです。

まず、羽柴秀吉時代の「羽柴」は、尊敬していた人物にちなんだ姓です。尊敬していた人物とは、同じ織田家の家臣である「丹羽長秀」(にわながひで)と柴田勝家。丹羽の「羽」と柴田の「柴」を組み合わせて羽柴にしたわけです。しかし、尊敬していたはずの柴田勝家を戦の末に切腹に追いこんでしまうのは、運命の皮肉としか言いようがありません。

そして、最も有名な豊臣秀吉という名前の「豊臣」は天皇から賜った姓です。姓を賜るほど、天皇から信頼を得ていました。経済的な支援や屋敷に招いて接待などを行なって、天皇に取り入ったからです。豊臣の姓とともに天皇の後ろ盾を得たことにより、「自分こそが天下を治めるのにふさわしい」と諸大名にアピールしました。

なお、豊臣秀吉は名前だけでなく官職(政務を行なう重要な職のこと)も時代とともに変えています。「関白」(かんぱく)、「太政大臣」(だいじょうだいじん)、「太閤」(たいこう)という順番です。特に太閤という官職は豊臣秀吉の代名詞となり、関西地方で豊臣秀吉のことを「太閤はん」と呼ぶ人は珍しくありません。

豊臣秀吉の驚くべき築城術

驚きの築城術
驚きの築城術

豊臣秀吉は数々の逸話を持っていますが、そのなかでも有名なのが墨俣一夜城の逸話です。この逸話のなかでは、豊臣秀吉の驚くべき築城術が語られています。

1566年(永禄9年)、織田信長は隣国の美濃を攻めるも、領主である「斎藤龍興」(さいとうたつおき)を相手に苦戦していました。斎藤龍興の本拠地である「稲葉山城」(いなばやまじょう)が、険しい山の上に築かれた難攻不落の城だったからです。
そこで、織田信長は自国である尾張と美濃の国境近くにある地域・墨俣に城を築いて、そこを足がかりに稲葉山城を攻めることを考えました。しかし、城を築こうとすると斉藤軍が攻撃をしてきたため、建築作業はなかなか進みません。そんなとき、「必ず城を完成させてみせる」と名乗り出たのが豊臣秀吉です。誰にも考え付かないような斬新な築城術を披露しました。

まず、あらかじめ木材などの建築部材を寸法通りに仕上げておきます。次に、それらをイカダに積むと、墨俣に流れつく川を経由して、城の建設予定地に運びこんだのです。しかも、日中ではなく夜中に運んだので、斎藤軍はまるで気付きませんでした。
建設予定地では、築城作業が組み立てるだけだったことから、驚くべきスピードで城が完成。いつの間にか敵の城が出来上がっていたことに、斉藤軍が驚き、混乱したのは想像に難くないでしょう。
織田信長は城を軍事拠点として、ここから稲葉山城を攻め落とし、美濃を手に入れました。そして、豊臣秀吉によってまるで一夜にして出来上がったかのように手際良く築かれた城は、墨俣一夜城と呼ばれるようになったのです。

この逸話からは、豊臣秀吉がいかに型破りなことを思いつく人物だったのかが伝わってきます。斬新なアイディアを考えて実行に移したからこそ、戦国一という大出世を果たすことができたのでしょう。

犠牲を最小限に抑えた豊臣秀吉の城攻め

豊臣秀吉は「城攻めの名人」と呼ばれています。ただ城を落とすのに長けていただけではなく、犠牲者をなるべく最小限に抑えるように努めたことが名人と呼ばれる所以でしょう。豊臣秀吉の城攻めのなかでも有名な備中高松城と小田原城を攻めたときのエピソードをご紹介します。

まず、1582年(天正10年)の備中高松城攻めです。織田信長より中国地方の平定を命じられた豊臣秀吉は、中国地方を支配する毛利氏の拠点のひとつである備中高松城を攻めました。
この城を落とすのに用いたのは水攻めです。城のまわりに高さ約7m、約3kmの堤防を築くと、そのなかに川の水を引き入れます。すると、約188ha(東京ドーム38個以上)という湖ができあがったのです。湖に浮かぶ島のようになった備中高松城は、完全に孤立。湖をつくりだすというスケールの大きな水攻めが見事に成功したのです。備中高松城のあった場所が低湿地帯で水が溜まりやすく、水はけが悪かったことや、梅雨時で雨量が多かったことも、作戦が成功する要因となりました。
最終的にこの戦は和解に至ります。和解の際に、豊臣秀吉は備中高松城の主「清水宗治」(しみずむねはる)とその重臣が自害すれば、領民と城兵を助けるという取り決めを交わしました。こうして、備中高松城攻めは清水宗治とその重臣たちの犠牲だけに留まったのです。

続いては、1590年(天正18年)の小田原城攻めです。天下統一を目指す豊臣秀吉は、関東を支配する北条氏の居城・小田原城を攻めました。小田原城は、あの武田信玄上杉謙信でも落とせなかった難攻不落の城です。
この城を落とすのに豊臣秀吉は心理作戦に出ます。22万という圧倒的な大軍で小田原城を包囲したのち、城付近にある北条氏の城を次々と落としていきました。こうすることで、小田原城に籠城する北条氏にプレッシャーを与えて、降伏させるというのが豊臣秀吉の目論見です。そして、その目論見通りに北条氏は降伏します。小田原城攻めでも全面衝突を回避したことにより、無駄な犠牲者を出すことなく戦は終結しました。

戦わずして勝ちを得るのは良将の成すところである――これは豊臣秀吉の名言のひとつです。この言葉には、「戦の指揮をする者は犠牲者を少なくするために尽力すべきである」という信念がこめられているのかもしれません。

豊臣秀吉に関連する城

ライバルたちを打ち倒して天下を獲った豊臣秀吉。なぜ、数多の戦を勝ち抜くことができたのかというと、おそらく城を攻めるのにも、守るのにも、築くのにも長けていたからでしょう。豊臣秀吉がその生涯でかかわった城のなかでも、興味深いエピソードを持つ墨俣一夜城、加古川城、姫路城、大阪城、徳島城をご紹介します。なお、5つの城は豊臣秀吉とかかわった年代が古い順に並べました。

墨俣一夜城(すのまたいちやじょう):岐阜県大垣市

わずかな期間で築城された逸話が有名な墨俣一夜城
わずかな期間で築城された
逸話が有名な墨俣一夜城

織田信長が美濃を攻めるとき、前線基地としての役目を果たしたのが墨俣一夜城です。前述したように、この城は豊臣秀吉によって築かれました。言い伝えによると、豊臣秀吉は戦国武将「蜂須賀小六」(はちすかころく)や美濃に住む豪族たちと協力して、一夜にして城を完成させたというのです。
織田信長が美濃を攻略してからは、墨俣一夜城が歴史の表舞台に出ることはありませんでした。そして1586年(天正14年)、美濃を流れる木曽川が氾濫したときに、流されて倒壊してしまったのです。
しかし、それから長い時が流れた1991年(平成3年)、岐阜県の公共事業により、墨俣一夜城は再建されました。外観は天守のある城ですが、なかは歴史資料館になっています。
城周辺には豊臣秀吉にまつわる名所がいくつかあり、豊臣秀吉の像や無数のひょうたん(豊臣秀吉の馬印はひょうたん)が吊るされた願掛け所、欄干(らんかん/橋のふちに飾りとして設けたもの)がひょうたんの形になっている橋などです。豊臣秀吉にあやかって出世したいという方は、墨俣一夜城に行ってみるのも良いでしょう。

加古川城(かこがわじょう):兵庫県加古川市

現在、加古川城跡は称名寺となっている
現在、加古川城跡は
称名寺となっている

1577年(天正5年)、織田信長より中国地方の平定を命じられた豊臣秀吉は、中国地方攻めに向けて協力者を集めて軍議を開きました。その軍儀の行なわれた場所が加古川城です。
言い伝えによると、この城には優れた防衛施設があったとされています。具体的には、矢や鉄砲を中から発射できるように施された城壁、高所から城周辺を見回すことのできる物見櫓、張り巡らされた堀などです。これほどの防衛施設があれば、敵は容易に近づけなかったことでしょう。

加古川城の12代目城主「糟屋武則」(かすやたけのり)は、豊臣秀吉に仕えました。豊臣秀吉が柴田勝家と戦った「賤ヶ岳の戦い」では、武功を挙げて「賤ヶ岳の七本槍」のひとりとなった人物です。しかし、関ヶ原の戦いで西軍について敗れた糟屋武則は、徳川家に領地を没収されてしまいます。そして糟屋家は断絶となり、加古川城も取り壊されました。
現在、加古川城跡にあるのは「称名寺」(しょうみょうじ)というお寺です。このお寺の付近には堀の跡と思われる水路があり、わずかながらも加古川城の面影が残っています。

姫路城(ひめじじょう):兵庫県姫路市

姫路城は、豊臣秀吉とゆかりの深い城として知られています。織田信長から中国地方の平定を命じられた豊臣秀吉が、中国地方を攻める際に拠点にしたのがこの城です。
また、姫路城は豊臣秀吉を天下取りに導いたとまで言われる名軍師の生誕地でもあります。名軍師というのは「黒田官兵衛」(くろだかんべえ)という通称で有名な「黒田孝高」(くろだよしたか)。姫路城は黒田家の居城だったのですが、黒田孝高がこの城を豊臣秀吉に譲渡しています。そして、豊臣秀吉は黒田孝高の意見を参考にしながら、姫路城に3層の天守閣を造るなど、大規模な改築を行ないました。

現在の姫路城は別名「白鷺城(しらさぎじょう・はくろじょう)」と呼ばれています。純白に染められた天守が、まるで羽を広げた白鷺のように見えるからです(白鷺城と言われている理由には諸説あります)。文化的価値の高い天守は国宝に指定されたり、ユネスコ世界文化遺産に登録されたりしています。
もうひとつ、姫路城には「不戦の城」という別名も。築城以来、ほとんど戦に巻きこまれていないことがこの別名の由来です。戦火を免れることができたのは、ただの偶然でしょうか。もしかすると、あまりも美しい城だったので神様が守ってくれたのかもしれません。

大阪城(おおさかじょう):大阪府大阪市中央区

織田信長没後、織田家の権力争いに勝って不動の地位を築いた豊臣秀吉。その権威を示すために大阪城は築かれました。巨大な五重の天守は、当時の建築技術の粋を集めたものです。城の瓦や装飾などには金銀をふんだんに使い、その豪華絢爛さは来訪者を圧倒します。
もちろん、大阪城は守りの要としての高い防衛力も備えていました。例えば、石垣を二重三重に配したり、巨大な堀で城を囲んだりしています。その堅牢さから、「難攻不落の城」と呼ばれていたのです。

しかし、大阪城は「豊臣秀吉の栄華を象徴する地」であると同時に、「豊臣家が滅びた地」でもあります。豊臣秀吉没後、権力を得た徳川家康は、天下統一のために目障りな豊臣家を潰そうと戦を仕掛けました。
1614年(慶長19年)に「大阪冬の陣」が勃発すると、豊臣秀吉の跡を継いだ「豊臣秀頼」(とよとみひでより)は大阪城に籠城。徳川家の攻めを凌いでなんとか講和に持ちこみますが、講和の条件として大阪城の堀を埋め立てることを承諾してしまいます。実はこの流れは、徳川家康の計算通りだったのです。
翌年に起きた「大阪夏の陣」で、豊臣秀頼は大阪城にまたしても籠城しますが、今度は城のまわりに堀がなかったので、徳川家の攻めを跳ね返すことができませんでした。徳川の兵に火を放たれて、大阪城は炎上。敗北を悟った豊臣秀頼は自害し、豊臣家は滅亡しました。

現在の大阪城は「大阪夏の陣」のあとに徳川家が建て直したものですが、城の敷地内には豊臣秀吉を祀る豊国神社が建てられています。神社の境内にある豊臣秀吉の銅像は、人気の撮影スポットです。

徳島城(とくしまじょう):徳島県徳島市

徳島城跡は公園として多くの人が訪れる
徳島城跡は公園として
多くの人が訪れる

1585年(天正13年)、豊臣秀吉の命により徳島城が築かれました。築城したのは、墨俣一夜城の建築で活躍した蜂須賀小六の嫡男である「蜂須賀家政」(はちすかいえまさ)です。蜂須賀家政は徳島藩の初代藩主となり、徳島城は蜂須賀家の居城となります。
徳島城は守りのしっかりとした城でした。城の北側と南側には川があり、これが天然の堀となります。そして、「阿波の青石」という徳島名産の石材で築いた高石垣が、本丸を囲っていたのです。
江戸時代には四国で最も栄えた徳島城ですが、明治時代になると政府からの廃城令により取り壊しになりました。さらに、唯一残された城門も太平洋戦争に巻きこまれて焼失してしまいます。
しかし、1989年(昭和64年/平成元年)に徳島市民の寄付により、城門が再建されたのです。現在、城跡は「徳島城博物館」を中心とした公園になっており、観光客で賑わっています。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介!

  • 甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

  • 豊臣秀吉

    戦国武将を主に、様々な珍説をまとめました。

  • 歴史上の人物と日本刀にまつわるエピソードをまとめました。

刀剣特集

日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。

刀剣ワールド刀剣ワールド
刀剣ワールドでは、刀剣にまつわる各種コンテンツを公開しております!
刀剣ワールドお出かけ特集刀剣ワールドお出かけ特集
博物館や神社、日本のお城など日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関連する施設の情報をお届けします。
刀剣ワールド 刀剣ゲームアプリ刀剣ワールド 刀剣ゲームアプリ
日本刀をテーマにした簡単操作で楽しく遊べるゲームが盛りだくさん。アプリゲームはすべて無料です。
  • 戦国武将

    歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 戦国武将の合戦戦略

    戦国の世を生き抜いた戦国武将の合戦戦略について解説します。

  • 武将・歴史人の日本刀

    武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介!

  • 合戦・歴史年表

    戦国武将の中でも「戦国三英傑」と呼ばれる織田信長、豊臣秀吉、徳川家康についてご紹介します。

  • 合戦・歴史年表

    日本刀が大活躍した時代にあった主な合戦をご紹介します。

  • 古戦場紹介

    全国各地の古戦場を地域ごとにご紹介致します。

  • 戦国武将ランキング

    刀剣ワールドで紹介している人気の戦国武将をイラストと合わせて、ランキング形式でご覧頂けます。

  • 名家・著名人の日本刀(刀剣ワールドの所歳刀)

    歴史上の人物と日本刀にまつわるエピソードをまとめました。

お役立ちコンテンツ

日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。

  • 【刀剣ワールド/城】2020年全国の行ってみたい日本の城ランキングTOP20

    日本の城を訪れた皆さんの声を元に刀剣ワールド/城が選ぶ行って良かった日本の城をランキング形式でご紹介!皆さんからの口コミ情報も掲載中です!

  • 城郭カメラマン 岡泰行氏撮影 日本の名城50選

    城郭カメラマン・岡泰行氏によって撮影された魅力あるお城の写真をご覧頂けます。

  • 日本地図からお城検索 全国のお城情報が満載!!

    日本の城、城郭、城跡を日本地図から検索できます。基本情報や口コミ、写真、動画が満載で知りたい情報が見つかります!

  • 日本の城(城郭) アクセスランキング

    全国のランキングはもちろん、都道府県や市区町村ごとのランキングをご紹介!

  • 日本の城(城郭)

    日本全国にある多くの城と、城に縁のある武将をご紹介!

  • 列島横断 城クイズ! クイズに挑戦!!

    歴史と城を旅する気分で列島縦断クイズに挑戦!

特集コンテンツ

日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。

  • 大阪城・大阪歴史博物館・石切劔箭神社で刀剣巡りをしよう!

    古くから政治や文化の要として栄えた大阪にある「大阪城天守閣」「大阪歴史博物館」「石切劔箭神社」をご紹介します。

  • 徳川家康生誕の地 岡崎城へ行こう! In岡崎城(愛知県岡崎市)

    徳川家康生誕の地「岡崎城」や岡崎公園内にある家康ゆかりのスポットをご紹介。

  • 大阪城の桜を見に行こう!(大阪市中央区)

    春と言えばお花見!桜の名所、大阪城で春と歴史を堪能しよう!

  • 武家文化を象徴する日本の城「姫路城」(姫路市)

    「白鷺城」の愛称で親しまれる姫路城を検太郎が訪ねます!

  • 観光・レジャーおでかけ特集

    春夏秋冬、それぞれの季節を感じるおでかけスポットをご紹介!

  • 検太郎のイチオシ施設情報

    歌舞伎パンダ「検太郎」がイチオシ施設の見どころをご紹介!

ページ
トップへ
ページトップへ