ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

刀剣ワールド/城

日本の城と戦国武将
織田信長

日本の城と戦国武将

織田信長と城

「織田信長」(おだのぶなが)は1534年(天文3年)5月12日~1582年(天正10年)6月2日までを生きた戦国武将です。

織田信長

文字サイズ

「織田信長」(おだのぶなが)は1534年(天文3年)5月12日~1582年(天正10年)6月2日までを生きた戦国武将です。織田信長が「天下布武」をかかげ天下統一を目指した武将であることはよく知られていますが、実は「日本の城」の概念を大きく変えた革命児でもありました。織田信長は、勝幡城で生まれ、古渡城で元服します。「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)で今川義元(いまがわよしもと)を破った織田信長は、次に美濃を攻略するため小牧山城を居城としました。織田信長が、この山城である小牧山城に石垣を造ったことが最初の革命となります。織田信長は、小牧山の麓から山頂に向けた一直線の大手道を設け、その中腹に家臣の家を構えました。そして最も高い山頂部分に「石垣を配した自身の館」を構えることで、織田信長の力を誇示。このように、お城を権力の象徴に変えたのが織田信長と言われています。その後、織田信長は、岐阜城で天下布武を打ち出し、破竹の勢いで領土を広げ安土城を築城しました。この安土城こそ、私たちが「日本の城」として一般的に思い浮かぶ「天守」が初めて建造された城になります。織田信長は、権力の象徴として初めて天守を作った革命家なのです。しかし、天下まであと一歩のところまで迫るものの、家臣に謀反を起こされて無念の死を遂げた織田信長。その波乱万丈な生涯とゆかりのある城についてご紹介します。

織田信長の生涯

那古野城と織田信長
那古野城と織田信長

織田信長は尾張国の大名である「織田信秀」(おだのぶひで)の嫡男として生まれました。名古屋城の前身である「那古野城」(なごやじょう)で、幼少期を過ごしています。13歳になると元服し、その翌年には駿河と遠江を治める今川家との戦に出陣。初陣ながらも勇敢に戦って、初勝利を手にしたのです。
1552年(天文21年)に父が没したことにより、織田信長は19歳で家督を継ぎました。しかし、織田家一族から、この家督相続に反発する者も現れます。と言うのも、当時の織田信長は、その奔放な振舞いから「尾張の大うつけ」と揶揄されていたからです。
織田信長は反勢力を実力行使で排除すると、尾張の支配者であることを誇示するために、織田家の本拠である清洲城を居城にします。ここから、世に言う戦国時代の幕開けとなりました。

織田信長にとって最初の試練となったのが「桶狭間の戦い」です。1560年(永禄3年)今川義元(いまがわよしもと)が25,000の大軍を率いて、尾張に攻めこんできました。当時の織田軍は、わずか2,000だったので戦況は圧倒的に不利です。
開戦前、清洲城にて織田信長は家臣たちに舞を披露します。「人間五十年下天の内を比ぶれば夢幻のごとくなり」。この舞の歌詞には、「人間世界の五十年は、下天(天上の世界)での一日に過ぎない」という意味があるとされています。「人間の生涯など、はかないものだから、死を恐れずに全力で戦に臨もう」と、織田信長は舞によって気持ちを高めたのでしょう。

そして、織田信長の勝利を望む気持ちが届いたのか、天が織田軍に味方をしました。激しい雨が降ったことにより、三河の桶狭間で休息をしていた今川軍は「この天気では敵軍も攻めてこないだろう」と油断をしたのです。これをチャンスと見た織田信長は奇襲を決行。今川軍は総崩れして、織田軍は見事に今川義元を討ち取りました。

「桶狭間の戦い」で勝利したことにより、天下に名を轟かせた織田信長。1567年(永禄10年)には、美濃を支配する斉藤家の居城「稲葉山城」(いなばやまじょう)を攻め落としました。稲葉山城を岐阜城と改名して居城にすると、「天下布武」(てんかふぶ)と刻まれた印章を使うようになります。天下布武とは、武力で天下を治めるということ。織田信長はこの言葉の通り、覇道を突き進んでいきました。

1570年(元亀元年)、「姉川の戦い」(あねがわのたたかい)で浅井家朝倉家の連合軍を破ると、畿内の支配を確立。1573年(元亀4年)には室町幕府を滅ぼして、元号を自らの望む「天正」に変えたのです。
1575年(天正3年)、「長篠の戦い」で、戦国最強との呼び声も高い甲斐の武田軍と激突しました。勝敗を決めたのは、戦国武将のなかで初めて、織田信長が戦に鉄砲を大量投入したことです。約3,000丁もの鉄砲を備えた部隊が大活躍したことにより、織田軍は勝利を得ました。新しいものを積極的に取り入れる織田信長の先進的な考え方が、武田軍を破ったとも言えるでしょう。

現在の安土山に建造された安土城
現在の安土山に
建造された安土城

その翌年、近江で安土城が築かれました。ここを新しい軍事拠点として、織田信長は全国に家臣である戦国武将を送りこみます。中国地方には「羽柴秀吉」、近畿地方には「明智光秀」、北陸地方には「柴田勝家」、四国には「丹羽長秀」(にわながひで)。こういった武将たちが各地を平定すれば、いよいよ天下統一が実現するのです。

しかし、1582年(天正10年)、織田信長の夢が潰えることになりました。京の本能寺に宿泊していた織田信長は、大軍を率いた明智光秀による襲撃を受けます。これが戦国時代最大の謀反と言われる「本能寺の変」です。
火を放たれて炎上する本能寺。わずか100名ほどの家臣しか連れていなかった織田信長は敗戦を悟ると、燃えさかる寺の奥へと消えていったと言われています。享年は49歳。かつて「人間五十年」と歌った通り、約50年という生涯を駆け抜けました。

織田信長が考案した革新的な政策

信長の時代に流通した渡来銭、永楽通宝と皇宋通宝
信長の時代に流通した渡来銭、
永楽通宝と皇宋通宝

織田信長は、戦に鉄砲を大量投入した、初めての戦国武将として知られています。その先進的な考え方は、軍事面だけではなく政治面でも活かされました。織田信長の考案した政策である「楽市楽座」「関所の廃止」「兵農分離」についてご紹介していきます。

まず、「楽市楽座」とは「座」を撤廃すること。座とは商人の組合のことで、町での商売を独占し、新規参入する者を阻んでいました。この座を撤廃することで商売への新規参入者が増えて、経済が活発になります。
次に、人の流れを円滑にするために行なわれたのが「関所の廃止」です。戦国時代、街道沿いには関所があり、ここを通るためには税金がかかりました。この関所を廃止すると、織田信長の治めた町には、たくさんの人が集まるようになったのです。
そして、「兵農分離」とは農民と武士の仕事をはっきり分けること。戦国時代は、農民と武士の仕事を兼業している者が少なくありませんでした。兵農分離により、農民は畑仕事に、武士は戦に備えての軍事訓練に専念できるようになります。その結果、作物の収穫量が上がり、国を守る軍隊が強くなったのです。
これらの政策に共通しているのは、「既存の価値観に縛られない革新的なものである」ということ。織田信長は戦国時代の国づくりに、新しい風を巻き起こしたと言えます。

織田信長に関連する城

戦国時代、これまでの常識に縛られない、新しい考え方を戦や国づくりに取り入れた織田信長。その先進的な考えは、城づくりにも活かされました。天守を初めて城に築いたのは織田信長なのです。ここでは、織田信長とかかわった勝幡城、那古野城、古渡城、清洲城、小牧城、岐阜城、安土城をご紹介します。なお、7つの城は織田信長とかかわった年代が古い順に並べました。

勝幡城(しょばたじょう):愛知県愛西市、愛知県稲沢市

織田信長の生誕地とされている城です。織田信長の祖父である「織田信定」(おだのぶさだ)により築かれました。二重の堀に囲まれていたことに加えて、付近にある川が天然の堀となっていたので、勝幡城は守りが堅かったことでしょう。公家であり文人でもある「山科言継」(やましなときつぐ)が残した日記には、勝幡城を訪れた際に「あまりのできばえに驚いた」という記述が残っています。
現在、勝幡城の城跡には、「織田弾正忠平朝臣信定古城跡」と書かれた碑と「文化財史跡勝幡城址」と書かれた碑が残るのみです。なお、名鉄勝幡駅周辺には「織田信秀と土田御前に抱かれた幼少期の信長」の像など、織田信長にまつわる観光スポットがいくつかあります。

那古野城(なごやじょう):愛知県名古屋市中区

織田信長の父である織田信秀が攻め落として手中にした城です。名古屋城の前身であり、現在の名古屋城二の丸付近に建っていました。
幼くしてこの城を父から譲り受けた織田信長は、20歳を過ぎるまでこの城で過ごしています。

織田信長が清洲城に移り住んでからは、城主が何人か変わったのを経て廃城になりました。現在、那古野城があったことを示す碑は残っていますが、その遺構はほとんど残っていません。

古渡城(ふるわたりじょう):愛知県名古屋市中区

織田信秀が那古野城を奪った翌年の1534年(天文3年)に、敵国の侵攻に備えて築城されました。
東西約140m、南北約100mの大きさで、四方を二重の堀に囲まれた平城です。1546年(天文15年)、この城で織田信長は元服を行なっています。
1548年(天文17年)、古渡城は織田家の内紛に巻きこまれて、戦場となりました。城自体は残りましたが城下町が焼失。これにより織田信秀が居城を他の城に移したため、古渡城は廃城となりました。
現在、城跡には寺が建てられており、遺構はほとんど残っていません。城跡の隣にある下茶屋公園は古渡城の堀跡だとされています。

清洲城(きよすじょう):愛知県清須市

平成に入って再建された清洲城天主閣
平成に入って再建された
清洲城天主閣

1405年(応永12年)、尾張国の領主だった「斯波義重」(しばよししげ)が拠点のひとつとして築城したとされています。
尾張国の中心部に位置し、交通の要所であったことから、織田信長は叔父の織田信光とともに清洲城を攻め落として、手中にしました。かの有名な「桶狭間の戦い」では、織田信長はこの清洲城から出陣しています。

もともとの清洲城は、天守閣のない大きな館のような城でしたが、織田信長の次男である「織田信雄」(おだのぶかつ)が、天守閣のある城に改修しました。東西1.6km、南北2.8kmもの城郭の中に、城下町の機能を備えた大規模な城塞都市となります。そして織田信長没後は、その後継者を決める「清洲会議」の舞台になりました。
現在の天守閣は1989年(平成元年)に再建されたもので、なかは歴史資料館となっています。

小牧城(こまきじょう):愛知県小牧市

織田信長が初めて築いた城として知られています。1562年(永禄5年)に徳川家康と同盟を結んだ織田信長は、美濃の斎藤家を攻める拠点として小牧城を築城しました。
織田信長が拠点としたのは、1563年(永禄6年)から1567年(永禄10年)の4年間です。また1584年(天正12年)には、徳川家康と豊臣秀吉が争った「小牧・長久手の戦い」において、徳川家康がこの城に本陣を置きました。
現在、小牧城の城跡には天主を備えた歴史資料館が建っており、館内では織田信長に関する展示物を見学できます。

岐阜城(ぎふじょう):岐阜県岐阜市

金華山の山頂に建つ岐阜城
金華山の山頂に建つ岐阜城

かつて稲葉山城と呼ばれ、「斎藤道三」(さいとうどうさん)の居城でした。しかし、1567年(永禄10年)に織田信長が攻め落として手中にすると、「岐阜城」と改名しています。

金華山の山頂に位置する岐阜城は、難攻不落の城として高い防衛力を発揮。この城で織田信長は、「楽市楽座」や「兵農分離」などの様々な政策を進めていきます。天下布武の印章を考案したのもこの城です。
現在、岐阜城は金華山の山頂にあることから、日本アルプスの山々を一望できる展望台としても人気を集めています。

安土城(あづちじょう):滋賀県近江八幡市

石段・石垣が残る安土城跡
石段・石垣が残る安土城跡

織田信長により、1576年(天正4年)から1579年(天正7年)にかけて築かれました。築城された所は琵琶湖周辺にある安土山の山頂で、天下統一の拠点として位置付けられたのです。

安土城は、歴史上で初めて天守が築かれた城として知られています。天守は五層七階で、高さは約46m。現在、日本で最も天守の高い姫路城が約31mであることから、安土城の天守が、いかに高かったのかが分かるでしょう。
そして、その豪華絢爛さは当時の人々を驚かせたと言われます。天守の最上層は中も外も金箔で装飾されており、屋根の瓦にも金箔が施されていたのです。織田信長は自分の権威を示すために、贅を尽くした城を造ったとされています。
しかし1582年(天正10年)、安土城は「本能寺の変」の直後に、原因不明の火災により焼失。織田信長の天下統一の野望とともに、はかなく姿を消したのです。

安土城跡地では大量の瓦が発掘されています。これらは織田信長の築いた栄華の痕跡と言えるかもしれません。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介!

  • 甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

  • 織田信長

    戦国武将を主に、様々な珍説をまとめました。

  • 歴史上の人物と日本刀にまつわるエピソードをまとめました。

  • 現代まで残ってきた武士の風習をご紹介します。

刀剣特集

日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。

刀剣ワールド刀剣ワールド
刀剣ワールドでは、刀剣にまつわる各種コンテンツを公開しております!
名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク) 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)
名古屋刀剣ワールドでは、重要文化財などの貴重な日本刀をご覧頂けます。
刀剣ワールドお出かけ特集刀剣ワールドお出かけ特集
博物館や神社、日本のお城など日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関連する施設の情報をお届けします。
刀剣ワールド 刀剣ゲームアプリ刀剣ワールド 刀剣ゲームアプリ
日本刀をテーマにした簡単操作で楽しく遊べるゲームが盛りだくさん。アプリゲームはすべて無料です。
  • 戦国武将

    歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 戦国武将の合戦戦略

    戦国の世を生き抜いた戦国武将の合戦戦略について
    解説します。

  • 武将・歴史人の日本刀

    武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介!

  • 合戦・歴史年表

    戦国武将の中でも「戦国三英傑」と呼ばれる織田信長、豊臣秀吉、徳川家康についてご紹介します。

  • 合戦・歴史年表

    日本刀が大活躍した時代にあった主な合戦をご紹介します。

  • 古戦場紹介

    全国各地の古戦場を地域ごとにご紹介致します。

  • 戦国武将ランキング

    刀剣ワールドで紹介している人気の戦国武将をイラストと合わせて、ランキング形式でご覧頂けます。

  • 名家・著名人の日本刀(刀剣ワールドの所歳刀)

    歴史上の人物と日本刀にまつわるエピソードをまとめました。

お役立ちコンテンツ

日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。

  • 【刀剣ワールド/城】2020年全国の行ってみたい日本の城ランキングTOP20

    日本の城を訪れた皆さんの声を元に刀剣ワールド/城が選ぶ行って良かった日本の城をランキング形式でご紹介!皆さんからの口コミ情報も掲載中です!

  • 城郭カメラマン 岡泰行氏撮影 日本の名城50選

    城郭カメラマン・岡泰行氏によって撮影された魅力あるお城の写真をご覧頂けます。

  • 日本地図からお城検索 全国のお城情報が満載!!

    日本の城、城郭、城跡を日本地図から検索できます。基本情報や口コミ、写真、動画が満載で知りたい情報が見つかります!

  • 日本の城(城郭) アクセスランキング

    全国のランキングはもちろん、都道府県や市区町村ごとのランキングをご紹介!

  • 日本の城(城郭)

    日本全国にある多くの城と、城に縁のある武将をご紹介!

  • 列島横断 城クイズ! クイズに挑戦!!

    歴史と城を旅する気分で列島縦断クイズに挑戦!

特集コンテンツ

日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。

  • 大阪城・大阪歴史博物館・石切劔箭神社で刀剣巡りをしよう!

    古くから政治や文化の要として栄えた大阪にある「大阪城天守閣」「大阪歴史博物館」「石切劔箭神社」をご紹介します。

  • 徳川家康生誕の地 岡崎城へ行こう! In岡崎城(愛知県岡崎市)

    徳川家康生誕の地「岡崎城」や岡崎公園内にある家康ゆかりのスポットをご紹介。

  • 特別史跡!名古屋城へ行こう!

    戦乱の時代に天下統一を果たした徳川家康によって築城された「名古屋城」の見どころをご紹介します。

  • 大阪城の桜を見に行こう!(大阪市中央区)

    春と言えばお花見!桜の名所、大阪城で春と歴史を
    堪能しよう!

  • 武家文化を象徴する日本の城「姫路城」(姫路市)

    「白鷺城」の愛称で親しまれる姫路城を検太郎が訪ねます!

  • 観光・レジャーおでかけ特集

    春夏秋冬、それぞれの季節を感じるおでかけスポットを
    ご紹介!

  • 検太郎のイチオシ施設情報

    歌舞伎パンダ「検太郎」がイチオシ施設の見どころをご紹介!

ページ
トップへ
ページトップへ