ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

刀剣ワールド 城

日本の城と戦国武将
毛利元就

日本の城と戦国武将

毛利元就と城

「毛利元就」(もうりもとなり)は、1497(明応6年)年3月14日~1571(元亀2年)年6月14日までを生きた戦国武将です。

毛利元就

文字サイズ

「毛利元就」(もうりもとなり)は、1497(明応6年)年3月14日~1571(元亀2年)年6月14日までを生きた戦国武将です。出雲の尼子家、周防の大内家という有力な大名家と、生涯をかけて戦いました。そして、知略を尽くして両家を打倒すると、中国地方の10国を掌握し、「西国の覇王」と呼ばれるようになったのです。
そんな毛利元就の生涯と、ゆかりのある城についてご紹介します。

毛利元就の生涯

「三本の矢」の逸話で有名な毛利元就
「三本の矢」
の逸話で有名な毛利元就

1497年(明応6年)、毛利元就は安芸(現在の広島県)の大名である「毛利払元」(もうりひろもと)の次男として生まれました。毛利払元が、まだ9歳の長男「毛利興元」(もうりおきもと)に家督を譲り、「多治比猿掛城」(たじひさるがけじょう)に居を移し隠居すると、毛利元就も父に連れられて、この城で暮らすことになります。

1506年(永正3年)、毛利払元は酒の飲みすぎが原因で、亡くなってしまいます。
家臣であった井上元盛(いのうえもともり)に残された領地と多治比猿掛城を奪われ、城を追い出された毛利元就を助けてくれたのが、杉の大方(すぎのおおかた)です。
毛利元就の母が亡くなったのちに毛利払元の妻となり、毛利元就の義理の母となった人物ですが、血のつながりはなくとも、実の子と同じぐらいに愛情を持って毛利元就を育てています。

1511年(永正11年)、井上元盛が急死したことにより、多治比猿掛城は毛利元就に返還されました。また、上洛していた当主の毛利興元が安芸に帰還したことで、毛利家は安泰かと思われたのですが、1516年(永正13年)、毛利興元が父と同じく、酒の飲みすぎが原因で急逝。毛利家の跡目は毛利興元の残した幼子「幸松丸」(こうまつまる)が継ぎ、毛利元就はその後見をすることになります。
1517年(永正14年)、「幼い幸松丸なら倒すのは容易だろう」と考えた、安芸の豪族「武田元繁」(たけだもとしげ)による内乱が勃発。この内乱を鎮めるための戦いが、毛利元就にとっての初陣となります。
武田軍・五千人の兵に対して、毛利軍の兵はわずか千人と戦力差は明らかでしたが、毛利元就の仕掛けた奇襲が功を奏して毛利軍が勝利を飾り、毛利元就の名は世に知れ渡ることになりました。
内乱を治めた毛利家ですが、毛利家の治める安芸は、西に周防(現在の山口県)の大内家、東島根県)の尼子家と、有力な大名家に挟まれていたため、依然として危機的な状況は変わりません。
こういった状況が心労になったのか、幸松丸が病にかかり亡くなってしまったため、毛利家内で新当主探しが始まり、毛利元就に白羽の矢が立ちました。

毛利元就には長男の「毛利隆元」(もうりたかもと)、次男の「毛利元春」(もうりもとはる)、三男の「毛利隆景」(もうりたかかげ)という3人の息子がおり、次男と三男をそれぞれ、安芸の豪族である吉川家、小早川家へ養子に出しています。
二人はそれぞれの家を継ぎ、毛利家と吉川家、小早川家の共闘体制は、両家の姓に「川」の字が入っていたため、「毛利家の両川体制」(もうりけのりょうせんたいせい)と呼ばれる強固な同盟関係となりました。

1551年(天文20年)、大内家の家臣「陶晴賢」(すえはるたか)が謀反を起こし、大内家の実権を奪うという事件が起きると、陶晴賢と毛利家は対立しましたが、大内家の巨大な軍事力を手中にした陶晴賢に対して毛利家は劣勢でした。
毛利元就は一計を案じ、安芸の厳島(広島湾に浮かぶ小島)に宮尾城を建て、「この城を攻められでもしたら大変なことになる」と噂を流したのです。
その噂を信じて厳島に上陸した陶軍の背後から奇襲攻撃をかけると、「厳島の戦い」(いつくしまのたたかい)の火蓋が切って落とされます。混乱した陶軍は厳島から逃げ出そうと船を出したのですが、そこに待ち構えていたのが毛利軍に味方する村上水軍(瀬戸内海の海賊)です。村上水軍が敵軍の船を次々と沈めると、敗戦を悟った陶晴賢は自害し、毛利軍は大勝利を飾りました。

陶晴賢を倒して、西の隣国である周防を手に入れた毛利元就は、東の尼子家を倒すべく出雲を攻めます。
1558年(払治4年)から8年間に及ぶ戦を繰り広げた末、1566年(永禄9年)に尼子家の居城である「月山富田城」(がっさんとだじょう)を落城。
大内家と尼子家を倒した毛利元就は力を増して、中国地方の10国を掌握するまでに至り、「西国の覇王」と呼ばれるようになったのです。
そして1571年(元亀2年)、栄光に彩られたその生涯が幕を閉じました。
平均寿命が50歳にも満たない戦国時代で、75歳で没した毛利元就は非常に長生きしたと言えるでしょう。
戦国三大武将である織田信長豊臣秀吉、徳川家康以外、一代で10国を治めた戦国武将は毛利元就ただひとりです。「西国の覇王」の偉業は、今でも語り継がれています。

毛利元就が重視したのは「一致団結」すること

三本の矢
三本の矢

毛利元就は国づくりにおいて、「一致団結」することを重視しました。毛利元就が一致団結することの大切さを人々に説いた、「三本の矢」と「百万一心」という逸話があります。

「三本の矢」の逸話は非常に有名なので、ご存知の方も多いでしょう。
ある時、毛利元就は毛利隆元、毛利元春、毛利隆景の3兄弟を呼び寄せると、一本の矢を折るように命じました。もちろん、矢はあっさりと折れてしまいますが、次は三本の矢束を折るように命じると、今度は誰も折ることができません。
「一本の矢では脆くても、三本の矢が束になれば頑丈になる」。3兄弟は結束することの大切さを学んだのです。

「百万一心」の逸話が生まれたのは、毛利家の居城である吉田郡山城の改修工事が行なわれた1524年(大永4年)頃のこと。安芸の領民は「工事がうまくいくように」と神様にお願いするために、娘を人柱にしようとしたのですが、毛利元就は、娘の代わりに石柱を埋めるように命じました。
この石柱に刻まれていたのが「百万一心」という文字で、縦に読むと「一日一力一心」と読めるように刻まれています。「娘の命を奪わなくても、一日一日を一人一人が心をひとつにして働けば、城の工事は必ずうまくいく」と、毛利元就は人々に訴えたのです。

現在、「集団が一致団結すれば、より大きな力を出せる」ことは常識となっています。もしかすると、この常識のルーツとなったのは毛利元就の教えなのかもしれません。

毛利元就に関連する城

戦国時代、中国地方で大内家、尼子家という有力な大名家と覇権を争った智将・毛利元就は、知略をもってして、城を落としたり、居城を守り抜いたりしました。
ここでは、毛利元就の生涯にかかわった多治比猿掛城、銀山城、鏡山城、吉田郡山城、宮尾城、月山富田城をご紹介します。
なお、この6つの城は毛利元就とかかわった年代の古い順に並べました。

多治比猿掛城(たじひさるがけじょう):広島県安芸高田市

毛利元就が父である毛利払元の隠居に伴い、移り住んだ城です。
毛利払元が死去したのち、その家臣である井上元盛に奪われてしまいましたが、その5年後に井上元盛が急死したことにより、毛利家の城に戻りました。
毛利元就は城が奪われた際に追い出されるも、井上元盛の死後に城へ戻り、毛利家当主となる27歳まで住み続けています。
毛利家の居城であり、吉田郡山城の支城のひとつである多治比猿掛城は、山の高所に築かれており、吉田郡山城に攻めてくる敵がこないかを見張る役目がありました。

城の遺構は残っており、特に本丸の南側にある堀は、非常に大きくて見応え十分です。また、城跡のある山の麓には毛利元就の父と母、そして育ての親である杉の大方のお墓があります。

銀山城(かなやまじょう):広島県広島市

毛利元就が初陣で戦った、武田家の本拠が銀山城(別名:佐東銀山城)です。
1517年(永正14年)に武田家を破って初陣を飾った毛利元就は、1541年(天文10年)に武田家の籠城する銀山城を攻めています。しかし、銀山城は山の頂に築かれた攻めにくい城だったため、毛利元就は策を講じたのです。
夜になるのを見計らって、農民に作らせた千足のわらじに油を染みこませて火を付け、銀山城に続く川に流したのです。
城へと近づいてくる炎の列を見た城の兵士たちは、かがり火を持った敵が近づいてくると勘違いして、城の表にある大手門に集まりました。その隙を突いて、毛利元就は裏手から城を攻め落とし、銀山城を手に入れています。

現在、城の遺構は地域住民により保護されており、山の頂上にある城までの道のりはハイキングコースとして人気です。

鏡山城(かがみやまじょう):広島県東広島市

鏡山城跡
鏡山城跡

1523年(大永3年)、毛利元就は大内家の安芸攻略の拠点である鏡山城を攻略するため、鏡山城を守る大内家の武将に、毛利家に寝返えるように持ちかけるという策を講じています。
この策が功を奏して、毛利元就は戦わずして城を落とすことができましたが、1525年(大永5年)、安芸に攻めこんできた大内家により鏡山城は奪い返されてしまいました。
その後、大内家が安芸攻略の拠点を他の城に移したことにより、廃城となっています。

現在、城跡は公園として整備されており、園内に残されている石垣や土塁などの遺構は、往時の雰囲気を漂わせているため見応え十分です。

吉田郡山城(よしだこおりやまじょう):広島県安芸高田市

毛利家代々の当主が本拠としてきたのが吉田郡山城です。山の頂に本丸があり、山全体には多くの曲輪が設置されている城で、毛利元就は本丸に、その有力家臣たちは城内にある屋敷に住んでいました。

1540年(天文9年)、吉田郡山城は3万の尼子軍に包囲されてしまいます。城内で籠城していた毛利元就の軍勢はわずか3千だったため絶体絶命の状況でしたが、一時的に同盟を結んでいた大内家の援軍が駆けつけ、なんとかこの窮地を脱しました。

現在、吉田郡山城のあった山には270以上の曲輪が残っており、山の麓には毛利家に関する資料を展示している資料館があります。

宮尾城(みやおじょう):広島県廿日市市

毛利元就が、「厳島の戦い」に備えて築いた城で、厳島内にある、小さな山の上に築かれました。敵を厳島におびき寄せる囮としての城でしたが、石垣も築かれていたため、粗雑な城ではなかったようです。

「厳島の戦い」に勝利した毛利元就は、神聖な場所である厳島を戦場にしてしまったことを謝罪するため、戦死者を手厚く葬るとともに厳島神社の修繕と清掃を行ないました。

現在、宮尾城があった山の上には「今伊勢神社」(いまいせじんじゃ)が建てられており、曲輪や堀もわずかに残っています。

月山富田城跡(がっさんとだじょうあと):島根県安来市

月山富田城跡
月山富田城跡

毛利元就は、尼子家の本拠である月山富田城を2度攻めています。
1度目となる1542年(天文12年)には、断崖絶壁に築かれた月山富田城は、後方から攻めることのできない守りの堅い城だったため、落とすのをあきらめて撤退しました。
そこで1566年(永禄9年)の2度目となる城攻めの際は、正攻法から方針を転換し、城への補給路を断って兵糧攻めにします。この作戦が功を奏して、毛利元就は月山富田城を落とすことに成功しました。

現在、城跡には石垣や堀などの遺構が残されており、島根県の観光名所のひとつとなっています。

刀剣特集

日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。

刀剣ワールド刀剣ワールド
刀剣ワールドでは、刀剣にまつわる各種コンテンツを公開しております!
刀剣ワールドお出かけ特集刀剣ワールドお出かけ特集
博物館や神社、日本のお城など日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関連する施設の情報をお届けします。
刀剣ワールド 刀剣ゲームアプリ刀剣ワールド 刀剣ゲームアプリ
日本刀をテーマにした簡単操作で楽しく遊べるゲームが盛りだくさん。アプリゲームはすべて無料です。
  • 戦国武将

    歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 戦国武将の合戦戦略

    戦国の世を生き抜いた戦国武将の合戦戦略について解説します。

  • 武将・歴史人の日本刀

    武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介!

  • 合戦・歴史年表

    戦国武将の中でも「戦国三英傑」と呼ばれる織田信長、豊臣秀吉、徳川家康についてご紹介します。

  • 合戦・歴史年表

    日本刀が大活躍した時代にあった主な合戦をご紹介します。

  • 古戦場紹介

    全国各地の古戦場を地域ごとにご紹介致します。

  • 戦国武将ランキング

    刀剣ワールドで紹介している人気の戦国武将をイラストと合わせて、ランキング形式でご覧頂けます。

  • 名家・著名人の日本刀(刀剣ワールドの所歳刀)

    歴史上の人物と日本刀にまつわるエピソードをまとめました。

お役立ちコンテンツ

日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。

  • 【刀剣ワールド 城】2020年全国の行ってみたい日本の城ランキングTOP20

    日本の城を訪れた皆さんの声を元に刀剣ワールド 城が選ぶ行って良かった日本の城をランキング形式でご紹介!皆さんからの口コミ情報も掲載中です!

  • 城郭カメラマン 岡泰行氏撮影 日本の名城50選

    城郭カメラマン・岡泰行氏によって撮影された魅力あるお城の写真をご覧頂けます。

  • 日本地図からお城検索 全国のお城情報が満載!!

    日本の城、城郭、城跡を日本地図から検索できます。基本情報や口コミ、写真、動画が満載で知りたい情報が見つかります!

  • 日本の城(城郭) アクセスランキング

    全国のランキングはもちろん、都道府県や市区町村ごとのランキングをご紹介!

  • 日本の城(城郭)

    日本全国にある多くの城と、城に縁のある武将をご紹介!

  • 列島横断 城クイズ! クイズに挑戦!!

    歴史と城を旅する気分で列島縦断クイズに挑戦!

特集コンテンツ

日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。

  • 大阪城・大阪歴史博物館・石切劔箭神社で刀剣巡りをしよう!

    古くから政治や文化の要として栄えた大阪にある「大阪城天守閣」「大阪歴史博物館」「石切劔箭神社」をご紹介します。

  • 徳川家康生誕の地 岡崎城へ行こう! In岡崎城(愛知県岡崎市)

    徳川家康生誕の地「岡崎城」や岡崎公園内にある家康ゆかりのスポットをご紹介。

  • 大阪城の桜を見に行こう!(大阪市中央区)

    春と言えばお花見!桜の名所、大阪城で春と歴史を堪能しよう!

  • 武家文化を象徴する日本の城「姫路城」(姫路市)

    「白鷺城」の愛称で親しまれる姫路城を検太郎が訪ねます!

  • 観光・レジャーおでかけ特集

    春夏秋冬、それぞれの季節を感じるおでかけスポットをご紹介!

  • 検太郎のイチオシ施設情報

    歌舞伎パンダ「検太郎」がイチオシ施設の見どころをご紹介!

ページ
トップへ
ページトップへ