ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

刀剣ワールド/城

日本の城と戦国武将
加藤清正

日本の城と戦国武将

加藤清正と城

「加藤清正」(かとうきよまさ)は、1562年(永禄5年)6月24日~1611年(慶長16年)6月24日までを生きた戦国武将です。

加藤清正

文字サイズ

「加藤清正」(かとうきよまさ)は、1562年(永禄5年)6月24日~1611年(慶長16年)6月24日までを生きた戦国武将です。
傑出した武力を持っており、武功を重ねて一介の兵士から大名にまで成り上がりました。
人を襲った虎を退治したという武勇伝も持っています。また、城を築くのにも長けており、築城名人とも呼ばれました。
そんな加藤清正の生涯と、ゆかりのある城についてご紹介していきます。

加藤清正の生涯

尾張で生まれ豊臣秀吉に仕えた加藤清正
尾張で生まれ豊臣秀吉に
仕えた加藤清正

1562年(永禄5年)、加藤清正は尾張で生まれました。刀匠である父が早くに亡くなったので、幼少期は母とふたりで暮らしています。加藤清正の母は、豊臣秀吉の母と従兄弟の関係でした。13歳となった加藤清正はその縁をたどり、豊臣秀吉の家臣となります。
加藤清正の初陣となったのは、1581年(天正9年)に起きた「鳥取城の戦い」(とっとりじょうのたたかい)です。この戦では中国平定を目指す豊臣秀吉が、中国を治める毛利家の拠点のひとつである鳥取城を攻めました。加藤清正は初陣ながらも武功を挙げて、禄(ろく/給与のこと)を加増されています。

加藤清正の名が世に広がるきっかけとなったのは、1583年(天正11年)に勃発した「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)です。
織田信長亡きあとの織田家の主導権をめぐって対立した、豊臣秀吉と織田家重臣「柴田勝家」(しばたかついえ)による戦でした。
この戦で柴田軍に真っ先に突撃し大活躍した、加藤清正や「福島正則」(ふくしままさのり)、「片桐且元」(かたぎりかつもと)など7人の武将がいます。この7人は「賤ヶ岳七本槍」と呼ばれ、その勇猛さを称えられていました。
賤ヶ岳七本槍の活躍もあり、柴田勝家を倒すことができた豊臣秀吉。織田家の主導権を握り、大きな権力を得て、天下統一に乗り出しました。次々と他国を攻めるのに加藤清正も同行しています。
九州を攻めた際には、その見事な戦いぶりが評価されて、肥後の半分を領地として賜ることに。加藤清正は武功を積みあげて、一介の兵士から大名にまで成り上がったのです。

1590年(天正18年)、豊臣秀吉は関東を治める北条家を滅ぼして、ついに天下統一を果たします。しかし、その野望は留まるところを知りませんでした。なんと、豊臣秀吉は日本全土の掌握の次に、明(現在の中国)の支配を望んだのです。まず、明に従属する朝鮮に服従することを要求したのですが、この要求は拒否されました。激怒した豊臣秀吉は、朝鮮を武力で屈服させるために出兵を計画します。

1592年(文禄元年)、豊臣秀吉の編成した遠征軍は、朝鮮半島に向けて出発しました。加藤清正は先発隊の大将です。朝鮮半島に渡った遠征軍は、当初こそ朝鮮軍を次々と倒していったのですが、明からの援軍が押し寄せてきたため、次第に苦戦を強いられるようになります。
1597年(慶長2年)の「蔚山城」(うるさんじょう)での戦は、熾烈を極めるものになりました。加藤清正をはじめとした遠征軍は、この城に籠城するも食料が枯渇してしまいます。しかしそれでも飢えを耐え抜き、なんとか城を守り抜いたのです。
1598年(慶長3年)、加藤清正たちの朝鮮での戦は意外な形で終結を迎えました。戦のさなかに豊臣秀吉が没したのです。これにより、遠征軍は朝鮮半島から撤退。帰国した加藤清正は、豊臣秀吉の残した幼子「豊臣秀頼」(とよとみひでより)を守ろうと決心します。

豊臣秀吉の死後、江戸の大名である徳川家康が、空いた天下の座を狙って、豊臣家の大名を次々と仲間に引き入れていきました。徳川家康に対立したのが豊臣秀吉の側近だった「石田三成」(いしだみつなり)です。
豊臣家の天下を守るため、徳川家康に対抗するための勢力をつくりあげていきます。そして、ふたりの対立は全国に飛び火して「関ヶ原の戦い」に発展。この戦では全国の武将が徳川家康の率いる東軍か、石田三成の率いる西軍かに分かれて覇を競いました。
加藤清正が加勢したのは東軍です。豊臣秀吉に忠誠を誓っていたのに、なぜ豊臣家の天下を守ることを掲げた石田三成の側につかなかったのでしょうか。それは、どうしても豊臣秀頼を自分の手で守りたかったからだとされています。
「戦で東軍が勝つのは間違いない。ならば東軍の武将として武功を挙げて、豊臣秀頼様をお守りするための権力を蓄えよう」。このように考えたのでしょう。
関ヶ原の戦いが行なわれた同日、加藤清正は九州で西軍武将「小西行景」(こにしゆきかげ)と戦いました。この戦いは、関ヶ原の戦いで西軍が敗れたことを知った小西行景が降伏して、決着がつきます。

天下を獲った徳川家康から、加藤清正は領地ではなかった肥後の半分を賜ると、肥後全土を掌握し、52万石の大領主となったのです。

1611年(慶長16年)、京の二条城で、徳川家康と豊臣秀頼の会見が行なわれることになりました。豊臣家のなかでは、「会見に乗じて、徳川家康は豊臣秀頼様を討つ気では」という不安の声もあがります。そこで、加藤清正が豊臣秀頼の護衛として同行したのです。
加藤清正が睨みを効かせたからなのか、会見で徳川家康が武力行使に出ることはありませんでした。豊臣秀頼を守った加藤清正でしたが、これが最後の活躍となってしまいます。
京から肥後に帰る途中、加藤清正は高熱を出して倒れてしまいました。そして、肥後についたのちに永眠。享年は49歳でした。
豊臣秀吉の夢を叶えるため、豊臣秀頼の命を守るために戦った加藤清正は、豊臣家への忠義に生きた武将と言えるでしょう。

加藤清正の虎退治

加藤清正の虎退治
加藤清正の虎退治

戦国武将には武勇伝がつきものですが、加藤清正の場合、虎と闘ったという驚くべき武勇伝があります。

朝鮮半島に滞在していた際、加藤清正はあることに悩まされていました。陣の近くに虎が出没し、兵士や馬を襲っていたのです。
虎退治に乗り出した加藤清正は、山狩りを行ないます。そして、虎を見つけるとを持って立ち向かっていったのです。相手が凶暴な獣なだけに、激しい闘いになったことでしょう。しかし、槍で喉もとを突いて、虎を退治してみせました。
この武勇伝は創作かと思いきや、事実である可能性が高いとされています。というのも、加藤清正の伝記「清正記」に「加藤清正が虎の皮を豊臣秀吉に贈った」と、記されているからです。また、愛知県徳川美術館に加藤清正が退治したという虎の頭蓋骨が収蔵されていることからも、虎退治の武勇伝は信憑性があると言えるでしょう。ただし、槍で倒したというのは創作で、鉄砲で倒したというのが真実だとされています。

なお、加藤清正は少年時代、虎ノ助という名前でした。かつて虎ノ助と呼ばれた少年が立派な武将に成長して虎を退治するとは、運命を感じずにはいられません。

築城名人と呼ばれた加藤清正

熊本城
熊本城

戦で大活躍したり、虎を退治したりと武芸に長けていた加藤清正は、城を築くことも得意としていました。「藤堂高虎」(とうどうたかとら)、「黒田官兵衛」(くろだかんべえ)とともに「三大築城名人」と呼ばれています。
なぜ加藤清正が城を築くのを得意としていたのかというと、少年時代に築城工事を目にしてきたからでしょう。豊臣秀吉の家臣になりたての10代の頃、長浜城安土城などの築城現場を見学していました。その経験が、のちに城を築くのに活かされたと考えられます。

加藤清正の代表作として有名なのが、熊本城です。この城は実戦経験が豊富な加藤清正が築いただけあり、高い防衛力を備えた要塞となっています。
北、東、南側は高い石垣が築いてあり、敵の侵入を許しません。西側は石垣の守りがやや手薄となっているものの、幅10m以上の堀が設置されています。さらに、その堀の内側には五階建ての櫓が立っており、ここから堀を越えてくる敵に目を光らせて見張っていたのです。
熊本城の高い防衛力が証明されたのは、幕末に起きた「西南戦争」のときです。薩摩藩の指導者である西郷隆盛は、政府軍の籠城する熊本城を攻めました。しかし、約2ヵ月かけても落城させることはできなかったのです。
熊本城のあまりの堅牢さに、西郷隆盛は「私は政府軍に負けたのではない。この城を築いた加藤清正公に負けたのだ」と、言ったとされています。
江戸幕府を倒した歴戦の指導者である西郷隆盛を唸らせるとは、築城名人である加藤清正の面目躍如といったところでしょう。

加藤清正に関連する城

勇猛な武士であるのと同時に、築城の名人でもあった加藤清正。城を攻め落とすこと、堅牢な城を築くことの両方に長けた、いわば城に関するスペシャリストだったわけです。
ここでは、加藤清正の生涯を語るうえではずせない名護屋城、指月伏見城、熊本城、麦島城、宇土城江戸城名古屋城をご紹介します。
なお、7つの城は加藤清正とかかわった年代が古い順に並べました。

名護屋城(なごやじょう):佐賀県唐津市

名護屋城跡
名護屋城跡

朝鮮出兵の要所として、肥前に築かれた城です。豊臣秀吉の命により名護屋城を築いたのは、加藤清正をはじめとした九州の大名たちでした。
1592年(文禄元年)、加藤清正ら大名たちは築城工事を分担したことにより、半年という短期間で城を完成させます。できあがった城は短期間で築かれたのにもかかわらず、豊臣秀吉の居城である大阪城を彷彿とさせる巨大な城となりました。
名護屋城は豊臣秀吉の編成した遠征軍が朝鮮半島で戦った約7年間、遠征軍の拠点としての役割を果しています。城の周囲には大名たちの屋敷が130以上も置かれ、20万人以上の人々が集いました。
現在、名護屋城跡とその周囲にあった屋敷の跡は、国の特別史跡に指定されています。

指月伏見城(しげつふしみじょう):京都府京都市

加藤清正の主君である豊臣秀吉が、京の指月山に築いた城です。
1596年(慶長元年)、関西地方で大地震が起きて、指月伏見城は倒壊しました。地震後、城内にいた豊臣秀吉を助けるために真っ先に駆けつけたのが加藤清正です。
実は、このときの加藤清正は朝鮮半島で身勝手な振るまいをしたことで、謹慎を言い渡されていました(加藤清正が謹慎となったのは小西行長の策略だという説も)。謹慎を破れば罪に問われるのにもかかわらず、加藤清正は主君を助けるために行動したのです。これに感動した豊臣秀吉は、加藤清正の謹慎を解いています。
なお、指月伏見城は倒壊後、再建されることはありませんでした。
指月伏見城は長年、その存在を裏付ける資料が見つからなかったため「幻の城」と呼ばれていましたが、2015年(平成27年)に京都市伏見区で石垣などの遺構が見つかったため、存在が実証されています。

熊本城(くまもとじょう):熊本県熊本市

加藤清正は、1601年(慶長6年)から7年かけて、熊本城を築きました。
この城には「清正流石垣」と呼ばれる石垣があり、下部から上部にいくほど急になっていく反りが付いています。下部の反りが緩いために登り始めた敵兵が、急勾配となる上部でふり落とされるという寸法です。
このような攻めにくい工夫がされた熊本城を、加藤清正は肥後の居城としています。もっとも、この城が戦火に巻きこまれたことはなかったため、清正流石垣がその真価を発揮することはありませんでした。
現在、熊本城は日本を代表する名城として、熊本県の人気観光地となっています。

麦島城(むぎしまじょう):熊本県八代市

関ヶ原の戦いと同日に起きた九州での戦で、加藤清正は西軍武将である小西行長を破り、麦島城を手に入れました。加藤清正没後は、その跡継ぎである「加藤忠正」(かとうただまさ)がこの城を引き継いでいます。

1615年(元和元年)、江戸幕府から一国一城令(居城以外の城を取り壊す命令)が発布されたのですが、加藤忠正の治める肥後藩は熊本城と麦島城の2城を持つことが許されました。肥後藩に隣接する一大勢力、薩摩藩を牽制するためです。
しかし、1619年(元和5年)に起きた地震によって麦島城は倒壊。その後、再建はされますが「八代城」(やつしろじょう)と改名されました。
明治時代に廃城となった八代城ですが、現在、その城跡は公園となっています。園内に残された堀には水が張ってあり、「堀の船巡り」が観光客に人気です。

宇土城(うとじょう):熊本県宇土市

関ヶ原の戦いの同日に起きた九州の戦いで、宇土城は加藤清正と西軍武将である小西行景が激突した舞台となっています。

加藤清正は、宇土城の南側にある山に本陣を置き、城の西側に回りこみながら攻めました。宇土城に籠城する小西行景をはじめとした兵たちは、数で劣りながらも奮闘します。城の北側にある運河から攻めてきた加藤勢の水軍を、城内からの砲撃で沈めたのです。
しかし開戦から1ヵ月後、関ヶ原の戦いで西軍が敗れた知らせを受けた小西行景は降伏を決断。宇土城を開城し、切腹しました。
その後、加藤清正のものとなった宇土城ですが、加藤清正没後は江戸幕府により取り壊されることになったのです。
現在、宇土城の本丸のあった場所は公園となっており、園内には宇土城を築いた武将である小西行長の銅像が立っています。

江戸城(えどじょう):東京都千代田区

加藤清正が「天下普請」(てんかぶしん)により、諸大名たちと協力して改修工事をしたのが江戸城です。
天下統一を果たし、江戸幕府を開いた徳川家康の居城ですが、もともとは室町時代に築かれた小さな城を、徳川家康が増築を重ねていきました。

加藤清正は、石垣づくりを担当。当時は自分の手がけた石垣に名前を刻むことが一般的であったため、江戸城の石垣からは「加藤肥後守内」という加藤清正の銘が見つかっています。改修工事を経て日本最大級の大きさとなった江戸城は、天下人である城主の徳川家康にふさわしい城となりました。
現在、江戸城は皇居となり、日本を象徴する建築物となっています。

名古屋城(なごやじょう):愛知県名古屋市

名古屋城
名古屋城

江戸城と同じく、天下普請により駆り出された諸大名が改修工事をしたのが名古屋城です。
かつて織田家の居城だった「那古野城」(なごやじょう)を改築して完成しました。
改修工事で、加藤清正は江戸城に続いて、石垣づくりを受け持ちました。石垣を形成する石のなかには、加藤清正の名前が刻まれた「清正石」という巨石があります。

加藤清正は、石垣づくりでリーダーシップを発揮しました。材料となる巨石を運ぶ部下たちの前で音頭を取り、彼らの士気を高めたのです。名古屋城内にはそのときの様子を表した「清正公石曳きの像」があります。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介!

  • 戦国の世を生き抜いた武将の合戦戦略について解説します。

刀剣特集

日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。

刀剣ワールド刀剣ワールド
刀剣ワールドでは、刀剣にまつわる各種コンテンツを公開しております!
刀剣ワールドお出かけ特集刀剣ワールドお出かけ特集
博物館や神社、日本のお城など日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関連する施設の情報をお届けします。
刀剣ワールド 刀剣ゲームアプリ刀剣ワールド 刀剣ゲームアプリ
日本刀をテーマにした簡単操作で楽しく遊べるゲームが盛りだくさん。アプリゲームはすべて無料です。
  • 戦国武将

    歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 戦国武将の合戦戦略

    戦国の世を生き抜いた戦国武将の合戦戦略について解説します。

  • 武将・歴史人の日本刀

    武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介!

  • 合戦・歴史年表

    戦国武将の中でも「戦国三英傑」と呼ばれる織田信長、豊臣秀吉、徳川家康についてご紹介します。

  • 合戦・歴史年表

    日本刀が大活躍した時代にあった主な合戦をご紹介します。

  • 古戦場紹介

    全国各地の古戦場を地域ごとにご紹介致します。

  • 戦国武将ランキング

    刀剣ワールドで紹介している人気の戦国武将をイラストと合わせて、ランキング形式でご覧頂けます。

  • 名家・著名人の日本刀(刀剣ワールドの所歳刀)

    歴史上の人物と日本刀にまつわるエピソードをまとめました。

お役立ちコンテンツ

日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。

  • 【刀剣ワールド/城】2020年全国の行ってみたい日本の城ランキングTOP20

    日本の城を訪れた皆さんの声を元に刀剣ワールド/城が選ぶ行って良かった日本の城をランキング形式でご紹介!皆さんからの口コミ情報も掲載中です!

  • 城郭カメラマン 岡泰行氏撮影 日本の名城50選

    城郭カメラマン・岡泰行氏によって撮影された魅力あるお城の写真をご覧頂けます。

  • 日本地図からお城検索 全国のお城情報が満載!!

    日本の城、城郭、城跡を日本地図から検索できます。基本情報や口コミ、写真、動画が満載で知りたい情報が見つかります!

  • 日本の城(城郭) アクセスランキング

    全国のランキングはもちろん、都道府県や市区町村ごとのランキングをご紹介!

  • 日本の城(城郭)

    日本全国にある多くの城と、城に縁のある武将をご紹介!

  • 列島横断 城クイズ! クイズに挑戦!!

    歴史と城を旅する気分で列島縦断クイズに挑戦!

特集コンテンツ

日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。

  • 大阪城・大阪歴史博物館・石切劔箭神社で刀剣巡りをしよう!

    古くから政治や文化の要として栄えた大阪にある「大阪城天守閣」「大阪歴史博物館」「石切劔箭神社」をご紹介します。

  • 徳川家康生誕の地 岡崎城へ行こう! In岡崎城(愛知県岡崎市)

    徳川家康生誕の地「岡崎城」や岡崎公園内にある家康ゆかりのスポットをご紹介。

  • 大阪城の桜を見に行こう!(大阪市中央区)

    春と言えばお花見!桜の名所、大阪城で春と歴史を堪能しよう!

  • 武家文化を象徴する日本の城「姫路城」(姫路市)

    「白鷺城」の愛称で親しまれる姫路城を検太郎が訪ねます!

  • 観光・レジャーおでかけ特集

    春夏秋冬、それぞれの季節を感じるおでかけスポットをご紹介!

  • 検太郎のイチオシ施設情報

    歌舞伎パンダ「検太郎」がイチオシ施設の見どころをご紹介!

ページ
トップへ
ページトップへ