ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

刀剣ワールド/城
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

徳島城の特徴

徳島市にその跡を残す徳島城は、豊臣秀吉が四国を平定した後の豊臣政権の拠点として建てられた戦国時代末期の城です。豊臣家の重臣である蜂須賀氏が阿波藩の藩主を代々勤め、居城としていました。明治維新で取り壊された城跡は、現在「徳島城博物館」を中心とした公園になっています。また、2006年(平成18年)には、徳島城跡が国の指定史跡となりました。様々な遺跡や史料を残した徳島城跡は、歴史ファンだけでなく、多くの観光客が訪れる場所です。ここでは徳島城の歴史を振り返るとともに、この城の持つ魅力について詳しく説明します。

徳島城の歴史

長宗我部元親
長宗我部元親

徳島城が建てられた場所には、かつて渭山城(いのやまじょう)と言う小さな城があり、1385年(至徳2年)に阿波の守護だった細川頼之(ほそかわよりゆき)が築城したと言われています。その後、城主が変わり、1585年(天正13年)に四国統一を進める土佐の長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)が家臣を入城させるも、豊臣秀吉の四国征伐で落城。

徳島城の石垣
徳島城の石垣

1585年(天正13年)、豊臣秀吉の家臣である蜂須賀家政(はちすかいえまさ)が徳島城を築城し、大きな城下町が形成されることとなりました。蜂須賀家政の父である蜂須賀小六(はちすかころく)は、豊臣秀吉の偉業を支え続けた忠臣。豊臣秀吉が四国を平定したあとに蜂須賀小六は阿波国を与えられますが、老齢であったことや豊臣秀吉の側近として仕えていたいことを理由に阿波国への入国を拒否します。そのため蜂須賀小六の息子である蜂須賀家政(はちすかいえまさ)に阿波国は継がれることとなりました。こうして、蜂須賀家政は阿波徳島藩の初代藩主となったのです。その後、1615年(元和元年)の一国一城令に伴い、蜂須賀家政は淡路国も与えられ、阿波・淡路両国を治める四国最大の大名となります。城下町には、全国から町人を集め、町づくりが行なわれました。

その後、徳島城は明治に至るまで徳島藩蜂須賀氏の居城であり続けますが、1873年(明治6年)年に公布された廃城令によって取り壊されました。徳島城の跡地は徳島公園(のちの徳島中央公園)となり、一般の人たちにも開放されることになります。そして、1941年(昭和16年)には徳島城表御殿庭園が国から名勝として指定され、2006年(平成18年)には徳島城跡が国の史跡に指定されました。また、近年の発掘調査により、縄文時代や弥生時代の貝塚・土器片などが出土し、より古い時代の歴史遺産としても注目を浴びています。

徳島城の特徴

徳島城の特徴
徳島城の特徴

徳島城は海沿いに建てられた平山城です。城の北側を流れる助任川(すけとうがわ)と、南側を流れる寺島川を天然の堀として使っていました。徳島城の大きな特徴は、本丸の周囲を囲む高石垣です。自然の石を加工することなく、そのまま積み上げていく「野面積み」(のづらづみ)という工法を使用しています。石は「阿波の青石」と呼ばれる徳島特有の素材です。

屏風折塀と舌石
屏風折塀と舌石

徳島城には、石垣から堀川側に石が突き出ている特徴的な箇所があります。これは、かつて防御力を高めるべく、塀を屏風のように折り曲げる屏風折塀(びょうぶおれべい)という構造になっていたためです。戦いに備えて、この折塀に穴を設け、そこから矢や鉄砲を撃つことができるようにしていました。この折塀を支えている支柱石は、石垣から舌のように突き出しているため「舌石」(したいし)と呼ばれており、徳島城の大きな特徴になります。

現在、城跡の旧寺島川沿いには6個の舌石が残っていますが、これらは全国的に非常に珍しい貴重な史跡です。廃城令により建造物は壊されてしまいましたが、これらの石垣は随所に残っており、国の史跡としても非常に価値の高いものとなっています。

徳島城の縄張

徳島城の縄張
徳島城の縄張

徳島城は、城山の山頂に本丸を建て、そこを中心に、東二の丸、西二の丸、西三の丸が配された城郭構造です。最も面積が広い本丸には、御座敷と御留守番所をはじめ、弓櫓や東西の馬具櫓、武具櫓、火縄櫓が設けられていました。本丸には、かつて天守がありましたが、何かの事情により取り壊されています。その後、東二の丸に三階櫓が建てられ、天守の代用として使われていました。西三の丸には材木櫓と平櫓が設けられていましたが、現在の西三の丸の跡地には、水道水の配水池が設置されています。

徳島城の見どころ

表御殿庭園
表御殿庭園

JR徳島駅から徒歩で約10分と便利な場所にある徳島城跡は、現在、徳島中央公園となっており、その中心に徳島城博物館、旧徳島城表御殿庭園(千秋閣庭園)があります。

徳島城博物館

徳島城博物館では、大名や城下町のくらしの様子や徳島藩政の変遷を表した絵図・模型をはじめ、発掘された遺跡などを常設で展示。当時の様子に触れることができます。徳島城博物館が建っている場所は、かつては山の麓で御殿があり、藩主の居間をはじめ、家臣たちと会見する広間や書院なども造られていました。明治維新の廃城令が出た際、「鷲の門」のみ残されましたが、第二次世界大戦時の空襲で焼失。かつて大手口だった場所に現在ある鷲の門は、1989年(平成元年)、市民の寄付によって復元されたもので、4本の柱で切妻破風の屋根を支える格式の高い医薬門です。

旧徳島城表御殿庭園(千秋閣庭園)

旧徳島城表御殿庭園(千秋閣庭園)は、徳島城藩主である蜂須賀家の表御殿に造られた庭園。武将茶人の上田宗箇(うえだそうこ)が庭造りを担当しました。御殿の前に広がる約5,000㎡もの広さは壮大です。水を使わず自然の造詣を表した枯山水と実際に山や池を築いて造る築山泉水底からなる庭を廻りながら、美しい造詣を愛でることができます。庭の石は阿波特産の「青石」と呼ばれる巨石を使用。長さ10mほどもある深い緑色でつややかな緑泥片岩(りょくでいへいがん)を使った橋と松とのコントラストが美しい景観を誇っています。桃山様式を表す貴重な史跡として1941年(昭和16年)に国の名勝に指定されました。