ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

刀剣ワールド/城
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

和歌山城の特徴

和歌山市にある和歌山城は史跡として、また名勝として国に指定されており、季節を問わず、多くの人が足を運ぶ名城です。
豊臣秀吉が弟の豊臣秀長に命じて築城させ、浅野幸長(あさのよしなが)が改築。1619年(元和5年)に徳川家康の10男・徳川頼宣(とくがわよりのぶ)が入城して以来、紀州徳川家の居城として、長い歴史を刻んできました。
天守閣は和歌山大空襲で焼失しましたが、市民の熱い要望で1958年(昭和33年)に、鉄筋コンクリートで再建。そんな和歌山中心部にそびえる天守閣からは、和歌山市街が一望できます。
また、南東に位置する岡口門は、1957年(昭和32年)に重要文化財に指定されました。
和歌山城の歴史を探るとともに、和歌山城のもつ魅力についてご紹介します。

和歌山城の歴史

和歌山城の歴史

和歌山城は豊臣秀吉が紀州を統一し、1585年(天正13年)、弟の豊臣秀長に築城させた城です。
1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」後、37万6千石で浅野幸長が入国。和歌山城主となり、連立式天守を建て、本丸・二の丸・西の丸に屋敷を造ります。その後、浅野幸長の娘、春姫が名古屋城初代藩主・徳川義直の正室となり、徳川家との関係も磐石となりました。

和歌山城が大改築されたのは、1619年(元和5年)、徳川家康の10男である徳川頼宣が城主となったときです。徳川頼宣は、二の丸を西に広げ、さらに砂の丸、南の丸を新たに造ります。これと同時に徳川御三家である紀州徳川家が成立しました。その後、8代将軍徳川吉宗、14代将軍徳川家茂などがこの城で誕生。紀州徳川家はおよそ250年にわたりこの和歌山城を居城としました。

ところが、1846年(弘化3年)に天守に雷が落ち、火災により大天守、小天守などが焼失します。1850年(嘉永3年)には天守が再建されましたが、当時、武家諸法度では城の修理、拡張工事などを禁じていたので、天守の再建が許されるのは当時の幕府において特例でした。
明治に入ると和歌山城は廃城となりますが、1901年(明治34年)に和歌山城公園として一般開放されます。そして1931年(昭和6年)には国の史跡に、1935年(昭和10年)には天守や櫓などの建造物が当時の国宝に指定されました。
しかしこれらの建造物は、1945年(昭和20年)の和歌山大空襲により焼失。市民の熱い要望もあり、1958年(昭和33年)に天守閣が鉄筋コンクリートで再建されました。

和歌山城の特徴

和歌山城
和歌山城

和歌山城は、紀ノ川沿いの虎伏山(とらふすやま)山頂に築かれた白亜の天守閣がそびえる美しい名城です。築城の名手である藤堂高虎が普請奉行(ふしんぶぎょう:老中の下で土木工事・武家屋敷の管理などを務める職名)を担当し、初めて手がけた近世城郭と言われています。
西の丸に再建された三重三階の大天守に小天守と櫓、二の門と多聞櫓が連立式で結ばれているのが特徴です。
城郭は、虎伏山の地形を巧みに活かした平山城で、二つの峰のある山頂の西に天守曲輪、東に本丸が築かれました。北麓には二の丸、西に西の丸と砂の丸、南に南の丸が配置され、これらを囲むように石垣や堀が巡らされています。北には紀ノ川が天然の堀として、防御の役目を果たしていました。その壮大な城造りは、紀州徳川家の権力と財力を知らしめた建造物と言えます。
江戸初期以降になると藩政と生活の拠点は、二の丸に移されました。西の丸は、内堀を池に見立てた庭園や能舞台、茶室を造るなど、殿様が風雅を楽しむ場所として使用。また、往時のままの状態で残されている石垣からは、用いられた石材により、それぞれ築かれた年代を知ることができ、長きにわたる和歌山城の歴史を辿ることのできる貴重な文化史跡となっています。

天守

天守
天守

美しい白亜の大天守と小天守が櫓で結ばれる連立式で、姫路城松山城と並ぶ三大連立天守と言われています。
各層の屋根には、唐破風(からはふ)や千鳥破風(ちどりはふ)と呼ばれる象徴的な形状の装飾がほどこされ、上層階には監視のための窓が造られました。防備を兼ね備えた豪壮で雄大な城としての格調を誇っています。

乾櫓

乾櫓
乾櫓

大天守の対角に位置する乾櫓は、二の門櫓と楠門に連なり、千鳥破風の屋根が重厚感をかもし出しています。
築城の名手と言われた藤堂高虎が担当し、紀州産の緑泥片岩を使用。自然のまま積みあげた「野面積み」と呼ばれる石垣は、荒々しく見事な美しさです。

岡口門

岡口門
岡口門

築城時は表門である大手門として存在していましたが、浅野期途中から搦手門(裏門)として利用。二階建てとなっており、物見の窓も造られました。
1957年(昭和32年)に国の重要文化財に指定されています。

大手門(表門)

大手門(表門)
大手門(表門)

城郭の正門とされる大手門は、創建当初は市之橋御門と呼ばれていました。浅野期の時代、1796年(寛政8年)に大手門及び一の橋とされるようになります。
1909年(明治42年)に倒壊しますが、1982年(昭和57年)に再建されました。

追廻門

追廻門
追廻門

追廻門は、1629年(寛永6年)に建てられた格式のある高麗門。柱に本瓦葺の屋根をのせた門で、櫓がないのが特徴です。近くに馬術の稽古場があったため、追廻門の名前が付けられました。
朱塗りの赤門は通常、御殿に使われるものですが、裏鬼門に当たるため、魔除けとして赤く塗られたのではないかと言われています。

御橋廊下

御橋廊下
御橋廊下

西の丸と二の丸大奥をつなぐ廊下橋。殿様やお付の人が行き来するのを外から中が見えないように屋根と壁が設けられました。両岸の高さが違うことから斜めになっているのも珍しい橋となっています。
江戸時代の図面をもとに、2006年(平成18年)に復元されました。

和歌山城の見どころ

壮大な天守閣を持つ和歌山城ですが、広大な敷地の中には、天守閣以外にも見所が豊富です。特筆すべき見事な大名庭園や、築城期ごとの違いが楽しめる石垣などの名所をご紹介します。

名勝 西の丸庭園

名勝 西の丸庭園
名勝 西の丸庭園

ひなびた茅門をくぐると、見事な大名庭園が広がります。西の丸庭園は、徳川頼宣が西の丸御殿に築きました。園内には池が造られ、石橋や土橋がいくつも架かり、風光明媚な世界に誘われます。
数寄屋造りの茶室「紅松庵」は、渓流流れる庭園で美しい花々を眺めながら、お茶を楽しめるおすすめの場所です。

和歌山城の石垣

和歌山城の石垣
和歌山城の石垣

和歌山城は随所に壮大な石垣が残っていますが、時代によって積み方が違います。豊臣・桑山期に多く造られた、自然石を切り出して積み上げた「野面積み」や、浅野・徳川期に造られた石の表面を加工し接ぎ(はぎ)合わせて積んだ「打ち込み接ぎ」と言われる石垣などです。
豊臣期に造られ石垣には、紀州の青石と呼ばれる「緑泥片岩」が多く使用され、全体に青みがかっているのが特徴です。また、徳川期に造られた石材を精密に加工して積み上げた「切り込み接ぎ」は、近世城郭の集大成と言われるように美しい景観を誇っています。

わかやま歴史館

わかやま歴史館
わかやま歴史館

和歌山城の一角に2015年(平成27年)にオープンした歴史資料館です。
最新の技術を駆使し、VRで楽しむ和歌山城の映像を始め、紀州藩の成立や絵図、出土遺物の展示、茶室を再現するなど、和歌山城に関する資料を様々な角度から楽しむことができます。