ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

刀剣ワールド/城
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

安土城の特徴

滋賀県近江八幡市にその跡を残す安土城は、織田信長により築城された城として有名です。当時の木造高層建築で日本一の天主を誇っていた安土城は、権力や財力を誇示し、諸大名たちに脅威を与える威厳がありました。近代城郭では「天守」と表記されることが多いのですが、安土城の場合は「天主」と表記します。これは、織田信長の家臣である太田牛一(おおだぎゅういち)が「信長公記」(しんちょうこうき)で「天主」と表記していたのが理由です。現在、天主はありませんが、国の特別史跡にも指定されている安土城跡は、多くの歴史ファンや観光客が足を運ぶ貴重な城跡になっています。また、失われた天主の上部を原寸大で復元したものが、周辺施設の「信長の館」で見ることができるので、ぜひ安土城とセットで巡ってみてはいかがでしょうか。ここでは、安土城の歴史と魅力について詳しく紹介します。

安土城の歴史

天下統一を目指し、築城した安土城

織田信長と安土城
織田信長と安土城

安土城は、織田信長が天下統一のために岐阜から安土へ拠点を移し築いた城ですが、そこに至るまでの道のりを説明していきます。1560年(永禄3年)に「桶狭間の戦い」に勝利した織田信長は、1567年(永禄10年)に稲葉城を攻め落とし、「岐阜城」と改め美濃を平定。翌年の1568年(永禄11年)には尾張一国を統一しました。そして、足利義昭(あしかがよしあき)を立てて上洛し、いよいよ天下統一へと突き進みます。1570年(元亀元年)には、琵琶湖北部を治めていた浅井長政(あざいながまさ)に「姉川の戦い」で勝利。1573年(元亀4年)には、室町幕府を打倒し、織田信長は勢力を一気に拡大させていきました。こうして織田信長は、家督と共に岐阜城主の座を嫡男・織田信忠(おだのぶただ)に譲り、織田信長は岐阜城よりも京の都に近く、また、京都から北陸を繋ぐ街道の要所である安土に拠点を移します。そして、1576年(天正4年)、琵琶湖の東岸の安土山に築城を開始したのが安土城です。

安土城は近代城郭の原点

安土城の天主台跡
安土城の天主台跡

安土城築城の総奉行には、佐和山城の城主であった丹羽長秀(にわながひで)が任命されました。築城から約3年の1579年(天正7年)に天主が完成し、城郭全体が完成したのは1581年(天正9年)のことだとされています。しかし、1582年(天正10年)に起きた「本能寺の変」により、織田信長と息子・織田信忠が死去。その後も、しばらくは織田氏の居城として安土城は残されましたが、原因不明の火災で天主や本丸を焼失してしまいます。そして1585年(天正13年)に安土城は廃城となりました。織田信長亡き後は、天下統一を目指した豊臣秀吉により、安土城に代わる近江の国城として八幡山城を築城。居館などは安土城から八幡山城に移築し、城下町もそのまま移転しました。このように安土城は、築城から10年という短い期間で焼失してしまいますが、近代城郭の原点として、大阪城をはじめ、江戸時代に築城された城郭に大きな影響を与えています。

安土城の特徴

天主の上部を原寸大で復元した物
天主の上部を原寸大で復元した物

織田信長が建てた安土城には、それまでの城にはない様々な特徴がありましたが、代表的な特徴と言えば、天主です。日本で最初に本格的な天主を持ったのは安土城と言われています。ここでは、天主をはじめとする安土城の様々な特徴について詳しく説明していきます。

豪華絢爛な天主

安土城が、これまでの城と大きく異なるのは豪華絢爛な天主を持っている点です。天主は城の中核をなす建造物でもあるため、利用するのは有事の際のみであることが通例でしたが、織田信長は天主に住んでいたと言われています。安土城の天主は、「望楼型」(ぼうろうがた)と言われる種類。望楼型というのは、天主の上層と下層の建物の形が異なり、入母屋(いりもや)造りの建物の上に望楼と呼ばれる物見櫓(ものみやぐら)を乗せたスタイルで、のちに築かれていく近代城郭にも大きな影響を与えています。

安土城の天主は5層7階(地上6階、地下1階)で、八角形の望楼に金箔が施された瓦を使用しており、最上階となる6階は、金色の室内に狩野永徳(かのうえいとく)の金碧障壁画が飾られる豪華さでした。5階は、天井や柱がすべて朱塗りになっていて、まるで法隆寺夢殿のような世界が広がる空間です。また、5階は地下1階から吹き抜けの空間が作られ、茶座席なども設けられていました。それより下層の内部は、黒漆塗りです。また、外観について5層7階(地上6階、地下1階)という造りは、宣教師ルイス・フロイスに「ヨーロッパにもないもの」と言わしめたと伝えられています。

このように、安土城は大変豪華な装飾を施された立派な城でありましたが、1582年(天正10年)に本能寺の変が起きた後、原因不明の大火災により焼失し、再建されることはありませんでした。

安土城の縄張

安土城は、標高199mの安土山に築かれた山城です。山頂には、天主、本丸、二の丸、三の丸が配置され、自然の地形を活かした縄張になっています。安土山の麓から天主に向かって、約180mもの長さにまっすぐ伸びる幅広い大手道はすべて石段で造られており、他の城では見ることのできない壮大なスケール。そして山の中腹からは幾重にも折れ曲がっており、複雑な地形を利用した縄張となっています。安土城中枢部への入り口となる黒金門跡周辺には、安土城の中でも特に巨石が使用されました。枡形の出入口(虎口)を抜けた後は左右どちらにも道があり、侵入者をここでも防げるような構造になっています。

伝説の石工職人集団「穴太衆」

安土城の石垣
安土城の石垣

安土城は、山全体を城郭として石垣を積み上げていく総石垣造りが大きな特徴です。ここではその石垣を手掛けた職人についてご紹介。安土城の天主台の石垣は9mもの高さがあり、その上に32mもの高さの天主が築かれていました。頑丈な石垣を造るためには高度な技術力が必要です。

安土城の石垣は、穴太衆(あのうしゅう)と呼ばれる、非常に高度な技術を持った石工職人集団を中心に築かれました。穴太衆の素晴らしさは、自然石を積み上げただけで強固な石垣を造る技術を生み出したことでした。崩れない石垣を作るためには、隅にあたる角の部分が重要。穴太衆は、強度の強い角にするために「算木積み」(さんぎづみ)という技術を生み出し、安土城に取り入れたのです。算木積みは、長方形の石の長辺と短辺を交互に組み合わせて強度を高めるという技法になります。

穴太衆によって築かれる総石垣は、その後の城郭建築に大きな影響を与え、安土城は日本城郭史の新しい始まりとなったのです。穴太衆の技術は、その後、数々の城に活かされていきました。

防衛としての家臣の館

安土城の豊臣秀吉邸跡
安土城の豊臣秀吉邸跡

発掘調査によって、安土城は山麓に家臣の屋敷を抱えていたことが明らかになりました。屋敷群は大手道の両側にあり、豊臣秀吉や前田利家が住んでいたと伝えられる屋敷跡も残っています。発掘調査で、土器や陶磁器も出土したことにより、生活も営まれていたことが明らかになりました。当時は、書院造りの主殿を中心に多くの建造物が建てられていましたが、現在その姿はなく、礎石や石垣のみです。安土山の中腹には、息子の織田信忠、側近の武井夕庵(たけいせきあん)、森成利(もりなりとし)、織田信澄(おだのぶずみ)の屋敷跡の石碑がありますが、山頂の天主に居住する織田信長を護衛するため、このように家臣の屋敷を数多く建てていたと考えられています。

現在の安土城跡

織田信長公本廟
織田信長公本廟

安土城跡になっている安土山一体は、JR安土駅から徒歩25分ほどです。安土城跡は1926年(大正15年)に史跡に指定され、1928年(昭和3年)に二の丸跡が復元、1989年(平成元年)には大手門から山頂の本丸に通じる大手道が復元されるなど、様々な復旧・復元に力が注がれていきます。また、1952年(昭和27年)には国の特別史跡に指定され、1960年(昭和35年)以降は本丸周辺から黒金門にかけて石垣の修復が行なわれました。

現在、天主や屋敷などの建物は残っていません。しかし織田信長が天下統一のために築いた安土城跡には立派な石垣や石段が残り、安土城がいかに広大な城郭であったのかを感じることができます。二の丸跡には、織田信長公本廟が現存しており、太刀、烏帽子、直垂などの遺品を埋葬して豊臣秀吉が建立しました。

安土城跡にある織田信長が建立した摠見寺は、二王門と三重塔以外は焼失しており、現在は徳川家康の屋敷があったとされる跡に仮本堂が建っています。この仮本堂は織田信長公350回忌を記念し、1933年(昭和8年)に、宮内庁より京都御所の一部を賜って建てられました。不定期で特別拝観が実施されており、拝観後はお茶室でお抹茶を楽しめます。

安土城の近くにある「信長の館」では、安土城天主の5階6階部分を原寸大で復元したものが展示されており、金色と朱色で彩られた外観や内部に再現された金壁障壁画など見ごたえ十分。安土城の豪華絢爛ぶりを目の当たりにすることができます。

また、JR安土駅前にある城郭資料館では20分の1のサイズで作られた安土城模型が展示されています。こちらでは、ローマ宣教師によって献上され、織田信長が飲んだと言われるローマコーヒーを味わうこともできるので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

  • 大阪城・大阪歴史博物館・石切劔箭神社で刀剣巡りをしよう!

    古くから政治や文化の要として栄えた大阪にある「大阪城天守閣」
    「大阪歴史博物館」「石切劔箭神社」をご紹介します。

  • 大阪城の桜を見に行こう!

    春と言えばお花見!桜の名所、大阪城で春と歴史を堪能しよう!