ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

刀剣ワールド/城

日本の城と戦国武将
上杉景勝

日本の城と戦国武将

上杉景勝と城

「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)は、1556年(弘治2年)から1623年(元和9年)までを生きた戦国武将です。

上杉景勝

文字サイズ

「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)は、1556年(弘治2年)から1623年(元和9年)までを生きた戦国武将です。「上杉謙信」の甥ですが、のちに養子となり、「春日山城」(新潟県上越市)で起こった家督争いの末、上杉家を継ぎました。

また、「豊臣秀吉」に仕えて朝鮮出兵に駆り出されたり「五大老」として活躍したりするなど、上杉家を語る上で欠かせない中心的な人物。そんな上杉景勝は、家臣の前では決して笑うことがなく、寡黙で厳格な人物だったと言われています。一代で会津120万石へ加増されたかと思えば、「徳川家康」に敗戦して米沢30万石に減封。ここでは、波乱万丈な人生を送った上杉景勝の生涯と、ゆかりのある城についてご紹介します。

上杉景勝の生涯

上杉謙信
上杉謙信

上杉景勝は、守護大名・長尾家の分家である上田長尾家の出身です。1556年(弘治2年)に、「越後国」(現在の新潟県)魚沼郡上田庄で上田長尾家の当主「長尾政景」(ながおまさかげ)の次男として誕生しました。幼名は「長尾卯松」(ながおうのまつ)、初名は「長尾顕景」(ながおあきかげ)。生母は上杉謙信の実姉である「仙洞院」(せんとういん)です。なお、上杉景勝は次男でしたが、長兄が早世したことで跡継ぎとなりました。

1564年(永禄7年)に父・長尾政景の死を受けて春日山城へ入城、叔父である上杉謙信の養子となります。1566年(永禄9年)に上杉謙信が関東出兵したときが上杉景勝にとっての初陣だったと言われており、以降は上田衆を率いて上杉謙信の下で重要な役割を果たしていきました。1575年(天正3年)、長尾顕景から上杉景勝に改名。同時に、上杉謙信から弾正少弼の官途名(かんどな:官吏の職務や地位の名称)を譲られます。

上杉景勝にとって大きな転機となったのが、1578年(天正6年)に起きた「御館の乱」(おたてのらん)。上杉謙信の死後、同じく養子の「上杉景虎」と戦った後継者争いです。上杉景勝は、この戦いの中で「武田勝頼」の後ろ盾を得て、上杉景虎に勝利。しかし、御館の乱による混乱が続いていた1581年(天正9年)、上杉景勝を支持し、大いに活躍したにもかかわらず、恩賞の問題で対立していた北越後の「新発田重家」(しばたしげいえ)が「織田信長」と通じて造反。「柴田勝家」率いる4万の織田軍によって、「越中国」(現在の富山県)まで侵略されます。さらに、翌1582年(天正10年)には出陣を約束していた武田氏が滅亡。上杉景勝は強力な後ろ盾を失ってしまいます。同年、「魚津城の戦い」にて、織田軍は5万の軍勢を率いて越中国をほぼ制圧。「天神山城」に入城して織田軍に備えていた上杉景勝は窮地に立たされます。その後、「魚津城」(富山県魚津市)が落城。城を守っていた武将達は討ち死にして最期を遂げました。しかし、同年6月2日に「本能寺の変」が勃発し、織田信長が本能寺にて自害。主君の死に動揺した織田軍が領国へ引き上げた隙に、「須田満親」(すだみつちか)を中心とする上杉勢が魚津城を奪還します。

上杉景勝は織田信長の下で力を付けていた「羽柴秀吉」にいち早く臣従。1583年(天正11年)の「賤ヶ岳の戦い」、1584年(天正12年)の「小牧・長久手の戦い」、1585年(天正13年)の「富山の役」などで戦功を上げていきました。1587年(天正15年)、豊臣秀吉という後ろ盾を得た上杉景勝は、長年にわたり抗争を続けていた新発田重家を討ち取りました。

翌1588年(天正16年)、上杉景勝は豊臣姓と羽柴の名字を下賜され、従三位(じゅうさんみ:上級官位のひとつ)・参議(さんぎ:大・中納言に次ぐ要職)に昇叙されています。その後も、朝鮮出兵で豊臣秀吉の名代として朝鮮へ渡り、最前線基地として「倭城」(わじょう)を築城。さらに越後・佐渡の金銀山の支配を任されるなど、豊臣秀吉からの信頼は厚くなります。豊臣家の大老に命ぜられ、豊臣家五大老のひとりとなりました。

1598年(慶長3年)、上杉景勝は豊臣秀吉の命により会津120万石に加増移封。会津地方は山地で隔絶されている上、北側の「最上義光」(もがみよしあき)、「伊達政宗」らと衝突する危険性があり、東北諸大名と徳川家康の監視や牽制という重大な使命が課されていました。しかし、1598年(慶長3年)8月に豊臣秀吉が死去すると、上杉景勝の家老「直江兼続」が懇意だった五奉行(ごぶぎょう:豊臣政権下において実務を担った5人)のひとり「石田三成」とともに、徳川家康と対立するようになっていきます。そして1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」。上杉景勝も出兵し、東軍に与した伊達政宗や最上義光と「慶長出羽合戦」(けいちょうでわかっせん)で戦います。しかし、本戦で石田三成ら西軍が破れたため、徳川家康に降伏することを余儀なくされました。

上杉景勝と直江兼続は、ともに上洛して徳川家康に謝罪。上杉家の存続は許されたものの、会津120万石から、「出羽国」(現在の山形県秋田県)米沢30万石に減移封されます。移封後の上杉景勝は、米沢藩の藩政確立に尽力。1623年(元和9年)に「米沢城」で生涯を閉じました。

上杉景勝の御館の乱における逸話

御館公園
御館公園

御館の乱は、上杉謙信亡きあとに上杉景勝と上杉景虎が起こした家督争い。

上杉謙信には実子がいなかったため、甥である上杉景勝と、北条家から人質として預かっていた「北条三郎」(ほうじょうさぶろう:のちの上杉景虎)の2名を養子にしていました。

上杉景虎は、上杉謙信の養子となる際に、上杉謙信の姪「清円院」(せいえんいん)を正室に迎えています。しかも、上杉謙信の初名である景虎の名を授かっていたのです。北条家からすれば、上杉景勝の義理の兄という立場であり、初名までもらうほど気に入られていた、上杉景虎が跡目だと考えても不思議ではありません。一方、上杉景勝は上杉家の血筋であることから上杉家を継ぐのにふさわしく、上杉謙信から弾正少弼の官位を譲られていることもあり、家臣としては跡目として推したい存在。双方ともに跡目として遜色がないため、それぞれの派閥ができやすい状況でした。

なお、ドラマなどでは多くの場合、上杉謙信が春日山城の厠で倒れて昏睡状態となり、後継者をはっきりと決めないまま急死して家督争いが勃発したというストーリーになっています。しかし、「四十九年一睡夢 一期栄華一盃酒」(49年の人生など一眠りの間に見た夢のように短くはかないものだった。生涯の栄華など盃一杯の酒のようなものに過ぎなかった)という辞世の句も残されていることから、遺言を残さないまま亡くなったと考えるのは不自然なこと。また、上杉家に残されている記録「上杉家御年譜」には、上杉謙信の棺の左右に上杉景勝と上杉景虎が立ち、しめやかに葬儀が執り行われたとあります。つまり、実際には遺言が残されており、上杉景虎や家臣が認めた形で上杉景勝が跡目となり、しばらくの間は深刻な抗争が存在していなかったと考える説もあるのです。では、なぜ御館の乱が起こったのでしょうか。

戦いのきっかけとなったのは、会津の戦国大名「蘆名止々斎」(あしなししさい)の存在。上杉謙信が亡くなり、蘆名止々斎は弔問のための使者を送りながら、背後では代替わりの隙を突いて越後侵略の準備を進めていました。それにいち早く気づいた上杉家の家臣「神余親綱」(かなまりちかつな)は、主君に相談することなく独断で対応。そのことを上杉景勝が叱責したのです。神余親綱にしてみれば、国益のために動いたにもかかわらず、あらぬ嫌疑をかけられて納得がいきません。そのようななか、蘆名軍が本当に越後の侵略を開始。すぐさま蘆名軍は撃退されたものの、この一連の流れで上杉景勝は家中の信頼を一気に失うこととなりました。もちろん、上杉景虎も上杉景勝の振る舞いに不信感を抱きます。その結果、上杉景虎を担ぐ派閥が形成され、御館の乱が起きることになったという説です。

上杉景勝と家臣 直江兼続の関係性

直江兼続
直江兼続

直江兼続と言えば、上杉景勝の有能な家臣として有名。「長(たけ)高く容儀骨がら双(ならび)なく、弁舌明らかに殊更大胆なる人」と評されており、主君である上杉景勝とは対象的なタイプであったとされています。幼い頃から小姓として出仕。上杉景勝を生涯支え続けました。直江兼続の父も上杉景勝の父である長尾政景に仕えており、親子2代で主従関係だったのです。

直江兼続は、初名を「樋口兼続」(ひぐちかねつぐ)と言い、直江の姓に変わったのは御館の乱が収束した1581年(天正9年)のこと。上杉景勝の側近である与板城主「直江信綱」(なおえのぶつな)が、御館の乱の恩賞に不満を抱いていた「毛利秀広」(もうりひでひろ)に殺害される事件が発生します。上杉景勝は名家である直江家を存続させたいと考え、直江信綱の未亡人である「お船の方」(おせんのかた)と樋口兼続を結婚させました。その結果、直江兼続は直江家当主となり、直江家の家臣を配下に従え、上杉家で内政だけでなく外交面でも執政を取ったのです。

上杉景勝に関連する城

五大老として豊臣秀吉に仕えていた上杉景勝には、越後国の春日山城、会津の「会津若松城」(福島県会津若松市)など、ゆかりのある城が豊富に存在。ここでは、上杉景勝にかかわる6つの城をご紹介します。

春日山城(かすがやまじょう):新潟県上越市

春日山城
春日山城

春日山城は越後国にあった山城。南に頸城平野(くびきへいや)を一望できる八ヶ峰に築かれています。山全体に曲輪が配置され、約2km四方に広がる広大な城です。主に上杉家に仕えた長尾氏が居城とし、城主として最も有名な人物は戦国武将である上杉謙信。上杉景勝は、上杉謙信の養子となった際に春日山城に入城しました。なお、上杉謙信の後継者争い「御館の乱」が起こったのも春日山城です。

魚津城(うおづじょう):富山県魚津市

魚津城は、別名「小津城」、「小戸城」とも呼ばれており、上杉家に仕えていた椎名家の本城である「松倉城」の支城のひとつ。旧北陸道に面し、交通の要衝に築かれた平城です。織田軍と上杉軍がぶつかった1582年(天正10年)の魚津城の戦いは、上杉家の悲劇とも呼ばれており、上杉家の家臣12将が80日間にわたり籠城して最後まで戦い抜き、討ち死に・切腹などで最期を遂げています。

会津若松城(あいづわかまつじょう):福島県会津若松市

会津若松城
会津若松城

会津若松城は、別名「鶴ヶ城」(つるがじょう)と呼ばれており、伊達政宗や上杉景勝が城主を務めた城。赤瓦の5層の天守閣が美しい日本の名城のひとつであり、1868年(明治元年)の「戊辰戦争(会津戦争)」で新政府軍の猛攻に耐えた「難攻不落の名城」としても有名です。

神指城(こうざしじょう):福島県会津市

神指城跡
神指城跡

1600年(慶長5年)、会津領主であった上杉景勝は鶴ヶ城の立地が山に近いことを危惧。周囲が開けていて大川が近い神指原(こうざしはら)の地に城を築きはじめました。しかし、徳川家康はこの築城を口実に上杉討伐に乗り出します。会津征伐がはじまったことで、神指城の工事は中断。完成すれば奥州を代表する巨大城郭となる予定でしたが、残念ながら幻の城となってしまいました。

名護屋城(なごやじょう):佐賀県唐津市

名護屋城
名護屋城

豊臣秀吉が朝鮮出兵「文禄の役」「慶長の役」のため、「加藤清正」らに築かせた城。巨大な軍事基地であり、駐屯する陣の数は130以上にのぼりました。上杉景勝をはじめとする五大老だけではなく、石田三成や伊達政宗の陣もありましたが、なかでも上杉景勝陣跡は国の特別史跡に指定されています。

米沢城(よねざわじょう):山形県米沢市

米沢城趾
米沢城趾

米沢城は盆地にある平城で、伊達政宗が生まれた城として有名。豊臣秀吉に召し上げられるまでの約200年間は伊達家の居城でした。1598年(慶長3年)に上杉景勝が会津に転封した際に直江兼続が城主を務め、「舞鶴城」(まいづるじょう)と改名。なお、関ヶ原の戦いで破れた上杉景勝と直江兼続は、ともに上洛して徳川家康に謝罪しました。上杉家の存続は許されたものの、会津120万石から、「出羽国」(現在の山形県・秋田県)米沢30万石に減移封。その後、少しずつ小規模な城へと改良されながら13代上杉家の居城として明治を迎えています。

  • 「名将言行録」や「上杉家御年譜」、「上杉家文書」などの歴史的資料をもとに、上杉景勝の誕生から米沢城で死を迎えるまでを解説。数少ない名言や逸話についても順に紹介し、人となりに迫ります。

刀剣特集

日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。

刀剣ワールド刀剣ワールド
刀剣ワールドでは、刀剣にまつわる各種コンテンツを公開しております!
名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク) 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)
名古屋刀剣ワールドでは、重要文化財などの貴重な日本刀をご覧頂けます。
刀剣ワールドお出かけ特集刀剣ワールドお出かけ特集
博物館や神社、日本のお城など日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関連する施設の情報をお届けします。
刀剣ワールド 刀剣ゲームアプリ刀剣ワールド 刀剣ゲームアプリ
日本刀をテーマにした簡単操作で楽しく遊べるゲームが盛りだくさん。アプリゲームはすべて無料です。
  • 戦国武将

    歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 戦国武将の合戦戦略

    戦国の世を生き抜いた戦国武将の合戦戦略について
    解説します。

  • 武将・歴史人の日本刀

    武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介!

  • 合戦・歴史年表

    戦国武将の中でも「戦国三英傑」と呼ばれる織田信長、豊臣秀吉、徳川家康についてご紹介します。

  • 合戦・歴史年表

    日本刀が大活躍した時代にあった主な合戦をご紹介します。

  • 古戦場紹介

    全国各地の古戦場を地域ごとにご紹介致します。

  • 戦国武将ランキング

    刀剣ワールドで紹介している人気の戦国武将をイラストと合わせて、ランキング形式でご覧頂けます。

  • 名家・著名人の日本刀(刀剣ワールドの所歳刀)

    歴史上の人物と日本刀にまつわるエピソードをまとめました。

お役立ちコンテンツ

日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。

  • 行ってよかった日本の城ランキングTOP20 2020年 上半期

    日本の城を訪れた皆さんの声を元に刀剣ワールド/城が選ぶ行って良かった日本の城をランキング形式でご紹介!皆さんからの口コミ情報も掲載中です!

  • 城郭カメラマン 岡泰行氏撮影 日本の名城50選

    城郭カメラマン・岡泰行氏によって撮影された魅力あるお城の写真をご覧頂けます。

  • 日本地図からお城検索 全国のお城情報が満載!!

    日本の城、城郭、城跡を日本地図から検索できます。基本情報や口コミ、写真、動画が満載で知りたい情報が見つかります!

  • 日本の城(城郭) アクセスランキング

    全国のランキングはもちろん、都道府県や市区町村ごとのランキングをご紹介!

  • 日本の城(城郭)

    日本全国にある多くの城と、城に縁のある武将をご紹介!

  • 列島横断 城クイズ! クイズに挑戦!!

    歴史と城を旅する気分で列島縦断クイズに挑戦!

特集コンテンツ

日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。

  • 大阪城・大阪歴史博物館・石切劔箭神社で刀剣巡りをしよう!

    古くから政治や文化の要として栄えた大阪にある「大阪城天守閣」「大阪歴史博物館」「石切劔箭神社」をご紹介します。

  • 徳川家康生誕の地 岡崎城へ行こう! In岡崎城(愛知県岡崎市)

    徳川家康生誕の地「岡崎城」や岡崎公園内にある家康ゆかりのスポットをご紹介。

  • 特別史跡!名古屋城へ行こう!

    戦乱の時代に天下統一を果たした徳川家康によって築城された「名古屋城」の見どころをご紹介します。

  • 大阪城の桜を見に行こう!(大阪市中央区)

    春と言えばお花見!桜の名所、大阪城で春と歴史を
    堪能しよう!

  • 武家文化を象徴する日本の城「姫路城」(姫路市)

    「白鷺城」の愛称で親しまれる姫路城を検太郎が訪ねます!

  • 観光・レジャーおでかけ特集

    春夏秋冬、それぞれの季節を感じるおでかけスポットを
    ご紹介!

  • 検太郎のイチオシ施設情報

    歌舞伎パンダ「検太郎」がイチオシ施設の見どころをご紹介!

ページ
トップへ
ページトップへ