ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

吉田城①
刀剣ワールド/城
トップページへ戻る
観光名所/レジャー施設
■日本の城
■愛知県豊橋市

吉田城

ヨシダジョウ

愛知県豊橋市の「吉田城」の施設情報や、地域の皆様からの基本情報、口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。また吉田城の周辺施設情報や近くの賃貸物件情報も掲載。愛知県豊橋市でのお城・城跡探しにお役立て下さい。

ロード中
ロード中
ロード中
施設の基礎情報1
施設名称
吉田城
所在地
〒440-0801
愛知県豊橋市今橋町
TEL
0532-51-2430
交通アクセス
市役所前駅」下車 徒歩4分

※直線距離で算出しておりますので、実際の所要時間と異なる場合がございます。

ホームページ情報
ホームページ
 
フリースペース
 
施設の基本情報2
【最終更新日】
2016年05月09日
営業時間

開場時間:10:00

閉城時間:15:00

鉄櫓の内部公開は毎週日曜・祝日(振替休日除く)のみ

休城日
    鉄櫓は毎週日曜・祝日(振替休日除く)のみ内部公開
    別名
    松尾城
    駐車場

    有り

    入場料

    無料

    団体予約
    団体割引

    無し

    • 施設の基本情報は、投稿ユーザー様からの投稿情報です。
    • 掲載された情報内容の正確性については一切保証致しません。

    掲載中の施設情報が現状と異なる場合にはご連絡下さい。

    「吉田城」投稿写真

    アルバムを見る

    スライドフォトを見る

    写真集を見る

    ※この写真は「投稿ユーザー」様からの投稿写真です。

    この施設の口コミ/写真/動画を閲覧・投稿する
    • 口コミ
      49件
    • 写真
      95枚
    • 動画
      11本

    投稿方法と手順

    この施設の最新情報をGETして投稿しよう!/地域の皆さんで作る地域情報サイト

    施設への「投稿」、及び「お気に入り施設機能」を利用をするには、ログインして下さい。

    投稿ユーザーの登録がお済みでない方

    右のボタンから、「投稿ユーザー」様の登録をすることができます。

    ここから! 投稿ユーザーに登録する

    無料会員登録をして、投稿でポイントを貯めよう!

    ホームメイトリサーチに投稿ユーザー登録すると?

    吉田城の所在地

    吉田城
    吉田城
    施設所在地
    Googleストリートビュー
    • 施設の周辺を見る
    生活施設地図 日本地図から地域情報を検索
    日本地図から都道府県、市区町村を選択して生活に役立つ地域情報を検索頂けます。
    観光マップ・レジャーマップ
    全国の観光名所と周辺情報を観光マップ・レジャーマップでご紹介します。
    line
    「吉田城」への交通アクセス

    全国各地から当施設への交通アクセス情報をご覧頂けます。「経路検索」では、当施設への経路・当施設からの経路を検索することが可能です。

    交通アクセス情報を見る

    吉田城の概要

    「吉田城」(よしだじょう)が築城されていた場所は、ちょうど豊橋市今橋町にある豊橋公園内にあたる場所。お城の前身は、16世紀初めに築かれ、その後16世紀末に「徳川家康」(とくがわいえやす)が攻略し、拡張を行なうなどの大改革が実施されました。

    戦国時代初期には、三河支配の重要拠点であった「吉田城」を巡り、松平氏と今川氏の間で争奪戦が繰り広げられました。1564年(永禄7年)には、松平時代の家康公が「吉田城」の攻略を果たし、「酒井忠次」(さかいただつぐ)が城主に。忠次は「吉田城」を改築し、堀を新たに掘ったことが発掘調査において確認されています。その後、羽柴秀吉配下の「池田輝政」(いけだてるまさ)が城主となり、大城郭を改造しました。

    「池田輝政」は世界遺産に指定されている「姫路城」の5層天守を大改修したことでも有名です。「吉田城」の城主となったのちに、「姫路城」の城主となりました。「吉田城」の鉄櫓(くろがねやぐら)下にある石垣も「池田輝政」が築いたもので、これは遺構として残存。石垣は当時にしては、最新の技術で積まれたと言われています。

    築城当初の呼び名は「今橋城」、明治維新後には「豊橋城」と呼ばれるようになり、のちに改称されて「吉田城」という名で呼ばれています。市民に親しまれている豊橋公園の中に、復興された鉄櫓が美術博物館などとともにある吉田城跡。城全体の敷地としては、公園全体、及び隣に位置する市役所の敷地を合わせた面積21.6haが旧吉田城跡となり、これは敷地面積が3.7haの「名古屋城」よりも広い敷地です。旧日本軍の部隊が置かれたこともあり、その名残も一部残っています。

    吉田城の見どころ

    戦国期の「吉田城」の構造は土盛りと素掘りによる簡素なものだったと考えられています。「池田輝政」が行なった改築により、本丸は北側に川を背にしており、二の丸と三の丸、そして侍屋敷が本丸を囲むという半円郭式の平城でした。本丸は石垣が組まれており、南側は石垣と隅櫓で囲むように構築され、その外側は空堀となっていました。天守はなく、鉄櫓が天守の代わりとなっていたと考えられています。

    大規模に改造された「吉田城」ですが、本丸とその他の数ヵ所に石垣があるだけで、他は土塁でした。本丸石垣の壁面数は内側と外側を合わせ50面程です。砕いた自然石を積んでいく野面積みである鉄櫓の石垣は「池田輝政」が積んだもの。さらに、石垣の石に様々な印が刻まれていますが、これは石垣刻印と呼ばれています。「大阪城」や「名古屋城」にも見られる刻印とは、築城工事の際に動員された大名や家臣の印。50以上の印が確認されており、その中の土佐藩の印は「名古屋城」を築城した際に余った石垣を「吉田城」に転用したことが分かる貴重なものです。

    土塁で囲まれている二の丸には、二の丸御殿や弾薬庫など、また細長い形状の金柑丸が二の丸の北と本丸の東側にありました。「牧野古白」(まきのこはく)による築城時の本丸がこのあたりであったと言われています。三の丸も同様に土塁で囲まれ、土蔵や米蔵、長屋などがあり、その外側は侍屋敷が広がっていて、場外とは総堀で囲われていました。

    吉田城の歴史

    1505年(永正2年)に「牧野古白」(まきのこはく)により築かれた「今橋城」の城名を「吉田城」に改めたのは1522年。その後、松平氏と戸田氏の間で争奪戦が続き、1546年(天文15年)には「今川義元」(いまがわよしもと)が攻略し、城代を置きました。1560年(永禄3年)には桶狭間の戦いがあり、「今川義元」が「織田信長」(おだのぶなが)により討たれます。

    1564年(永禄7年)に「徳川家康」が「吉田城」を攻略し、城主に「酒井忠次」を置きました。1590年(天正18年)には、家康が関東へ移封し、代わって「池田輝政」が入城し、十五万二千石の城にふさわしい城下町へと整備。しかし、輝政は在城10年の後に播磨姫路に移封となり、城の拡張工事に着手していたものの完成には至りませんでした。

    江戸時代に入ると、三河吉田藩の藩庁が幕藩体制の下で「吉田城」に置かれました。東海道の重要な防衛拠点であったため、幕府の老中や大坂城代など有能な譜代大名が城主として選ばれたため、出世城とも呼ばれています。

    竹谷松平家や深溝松平家をはじめ、水野氏や小笠原氏といった譜代大名のみに「吉田城」は託されますが、国替えが頻繁で宗派も違うため、この城に菩提寺を置くのは困難でした。そのため、藩主の多くは「吉田城」に菩提寺を造っていません。唯一藩主の菩提寺を造ったのは小笠原家が代々祀られている臨済寺のみ。1749年(寛延2年)には、遠江浜松より松平(大河内)信復が7万石で入封し、以来、松平氏が代々「吉田城」を領しました。

    吉田城の施設情報

    地域の皆さんで作る生活情報/基本情報/口コミ/写真/動画の投稿募集中!

    写真/動画投稿は「投稿ユーザー様」「施設関係者様」いずれからも投稿できます。

    口コミ/写真/動画を投稿して商品ポイントゲット!

    ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。

    詳しくはこちら

    口コミ 投稿ユーザー様からの口コミ投稿

    日本の城のアクセスランキングは、「①アクセス数」「②動画」「③写真」「④コメント」のアクセス数・投稿数が多い順に掲載しています。

    ・口コミ/写真/動画の投稿で商品ポイントをゲット!

    吉田城口コミ投稿(49件)

    石垣は当時のまま。お城の中は展示場。
    評価:3

    お城の敷地内に美術館などがあり、跡地の碑が立っています。本丸近辺の石垣は豪雨で一部崩れ近くまで行けないけど、復元された城の石垣は大丈夫。お城は展示場になっていて最上階に登っても外には出られません。窓から遠くがのぞめます。

    投稿者
    レアンさん
    最終更新日
    2020年11月10日

    この施設への投稿写真 5 枚

    投稿情報をもっと見る
    吉田城
    評価:3

    吉田城は、愛知県豊橋市にあったお城です。 戦国時代は、今川義元方のお城でしたが、桶狭間の合戦以後は、徳川家康の家臣である徳川四天王の一人、酒井忠次に統治させていました。

    投稿者
    スラッシーさん
    最終更新日
    2020年3月13日
    吉田城
    評価:3

    吉田城は豊橋市今橋にあります。牧野古白が1505年に築城し、その後は今川氏と徳川氏で争奪戦が行われた激戦地です。当時の石垣が残っていて、往時を偲ぶことができました。

    投稿者
    G6707さん
    最終更新日
    2019年5月2日

    この施設への投稿写真 8 枚

    投稿情報をもっと見る
    石垣は戦国当時の雰囲気
    評価:4

    吉田城は、愛知県豊橋市今橋町の豊橋公園内に有り、電車なら豊鉄市内電車で、「豊橋公園前」か「市役所前」下車で、どちらも徒歩約5分ぐらいの所にあり行き易い所です。JR豊橋駅からでも徒歩で20分ぐらいなので、ぶらぶら町並みを見ながら行くのに丁度いい感じです。もちろん、車でも、東名高速道路の・・・

    写真 投稿ユーザー様からの写真投稿

    吉田城投稿写真(95枚)

    動画 投稿ユーザー様からの動画投稿

    吉田城投稿動画(11本)

    [投稿] castle fanさん
    [投稿] kINさん
    [投稿] H2170さん

    ランキング

    吉田城

    愛知県 /12施設
    全国 61/259施設
    投稿ユーザー様募集中 施設の基本情報・口コミ・写真・動画を投稿して商品ポイントをGET!!
    施設の基本情報や口コミ、写真、動画の投稿をお待ちしています!

    口コミ・写真・動画の撮影・編集・投稿に便利な
    「施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ」の公式アプリをご紹介します!

    無料 ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
    日本の城めぐり【シロサンポ】
    「シロサンポ」は、国宝5城や日本の城めぐりに関する情報を紹介するブログです。
    ホームメイト・リサーチアプリ

    アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

    東通トラベル
    ホテル多度温泉
    東建多度カントリークラブ・名古屋
    栄タワーヒルズ
    千種タワーヒルズ
    リバパレス鶴舞
    イメージアニメギャラリー

    口コミ/写真/動画を投稿して
    商品ポイントゲット!

    ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
    商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

    新規投稿ユーザー登録

    ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。

    施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。

    施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ