ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

刀剣ワールド 城
トップページへ戻る

特別史跡!名古屋城へ行こう!

名古屋城史跡を巡る 歴史の旅へ!

戦乱の時代に天下統一を果たした徳川家康によって築城された「名古屋城」。愛知県名古屋市を代表する一大観光スポットです。文献や資料を基に再建された名古屋城のメインとなる「本丸御殿」をはじめ、豪華絢爛な「天守閣」や「金のしゃちほこ」など、江戸時代に思いを巡らせながら散策できる名古屋市が誇る城郭の見どころをバーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」公式キャラクターの桃原ふねと安賀川国光が紹介します!

2020年3月の情報をもとに制作しています。

交通アクセス

名古屋市中区の「名古屋城」へのアクセス情報をご紹介します。

名古屋城
名古屋城
施設所在地
所在地
〒460-0031愛知県名古屋市中区本丸1-1
アクセス
電車・鉄道でお越しの方
高速道路ICでお越しの方
  • 地図から周辺施設を見る
「名古屋城」への交通アクセス

全国各地から当施設への交通アクセス情報をご覧頂けます。「経路検索」では、当施設への経路・当施設からの経路を検索することが可能です。

交通アクセス情報を見る

「名古屋城」近くの生活施設を探す

「名古屋城」周辺(半径1.5km以内)の生活施設を一覧でご覧頂けます。

施設周辺の生活施設を見る

名古屋城近くの施設情報

「名古屋城」近くの観光名所

「名古屋城」近くの飲食店

「名古屋城」近くのショッピング施設

「名古屋城」近くのホテル/旅館

  • 周辺のマーケティング情報を見る
  • 周辺施設の口コミ/写真/動画を見る

施設の周辺情報(タウン情報)

「名古屋城」の周辺施設と周辺環境をご紹介します。

1.名古屋城に到着!

名古屋城

「日本100名城」にも選定され、「金鯱城」とも呼ばれた「名古屋城」。2018年(平成30年)に完成公開された「本丸御殿」など“近世城郭の完成形”と言われるほど高尚な建築物があちこちに点在します。名古屋市の歴史的文化の源流に触れられる特別史跡をじっくりと堪能してみましょう。

広大な城内をゆっくり見て回ろう!
開園時間
9:00~16:30(本丸御殿最終入場16:00)
休園日
年末年始(12月29日~
12月31日、1月1日)※イベントにより変動あり
観覧料
大人(中学生以上):500円(税込)
名古屋市内在住の65歳以上:100円(税込)
中学生以下:無料

※2020年4月10日(金)から当面の間、施設全体を閉園(2020年4月現在)

名古屋城全体案内図
名古屋城内には正門と東門の2つの入り口があります。最寄りの地下鉄名城線「市役所駅」から東門までは徒歩8分ほどなので、東門から入場するのがおすすめ。城内は主に、「西之丸」「二之丸」「本丸」「御深井丸」の4エリアに分かれており、四季折々の自然を感じながら散策を楽しめます。
名古屋城全体案内図

2.名古屋城の歴史

那古野城跡

愛知県清須市(旧清洲町)に建っていた「那古野城」(なごやじょう)から、名古屋の地に城を移転した“清洲越し”によって、現在の「名古屋城」が築かれました。1610年(慶長15年)に徳川家康の命を受けて築城。その後、尾張徳川家の居城として数々の歴史を経て、1930年(昭和5年)には城郭として国宝第1号に指定されました。1945年(昭和20年)の第二次世界大戦の空襲で多くの建造物が焼け落ちましたが、豊富な史料に基づき忠実に再建。国の特別史跡にも指定されました。

明治初期の大天守
名古屋城から取り外された金鯱は、1871年(明治4年)に
新政府に帰順する証として宮内省へ献納されました。
名古屋御城石垣絵図
提供:名古屋城総合事務所

3.名古屋城の天守閣

名古屋城外観

1612年(慶長17年)に完成した天守閣は、5層5階、地下1階で構成されています。1945年(昭和20年)の戦禍によって焼失した天守閣は、市民の寄附によって再建。鉄骨鉄筋コンクリート造りの天守閣に生まれ変わりました。屋根にそびえる「金のしゃちほこ」は、頭部は虎、体が魚の形をした架空の生き物。名古屋の街のシンボルになっています。※現在は閉館中です。

  • 明治初期の大天守
  • 名古屋御城石垣絵図

4.復元された本丸御殿

復元された本丸御殿
本丸御殿

荘厳な雰囲気を放つ「名古屋城本丸御殿」。尾張藩主の住居であり、藩の政務を行なう政庁として1615年(慶長20年)に建てられました。1945年(昭和20年)に空襲により焼失しましたが、江戸時代に残された図面や記録、実測図などをもとに2009年(平成21年)から復元工事を開始。2018年(平成30年)には完成公開され、新時代の本丸御殿に生まれ変わりました。御殿玄関車寄に美しく飾られた唐破風は、屋根内部の風や雨水の吹き込みを防ぐ破風(はふ)の一種。訪れる人を江戸の世界に誘います。

5.本丸御殿の楽しみかた

部屋ごとに異なる表情を見せる本丸御殿は、武家風書院造(ぶけふうしょいんづくり)という建築様式。武家文化が根付いていた江戸時代の様式美を肌で感じられます。天井や襖、障壁画など、現代の名工が技術の限りを尽くした煌びやかな装飾は圧巻の一言!職人たちの手によって、令和の時代に受け継がれた御殿を存分に楽しめます。

細やかな装飾がキレイ!

各部屋の見どころ

表書院(おもてしょいん)
藩主に謁見する際に使われた「表書院」。上段之間、一之間、二之間、三之間、納戸之間の5部屋で構成されています。中でも徳川義直が着座した上段之間は最も格式が高く、付書院(つけしょいん)、帳台構(ちょうだいがまえ)といった正式の座敷飾りを揃えるなど、随所にちりばめられた豪華絢爛な装飾が見どころです。
表書院(おもてしょいん)
対面所(たいめんじょ)
対面所(たいめんじょ)
4つの部屋で構成される「対面所」は、身内や家人など、親しい人が対面したり宴席を設けたりする殿舎。メインの見どころである上段之間、次之間では京都や和歌山の四季折々の情景を描いた柔らかいタッチの風俗画が、部屋を温かく彩ります。
上洛殿(じょうらくでん)
上洛殿(じょうらくでん)
1634年(寛永11年)に江戸幕府の三代将軍・徳川家光が名古屋城に宿泊するために増築された「上洛殿」。本丸御殿の中では最も艶やかな空間です。室内にあしらわれた、狩野派(かのうは)による色彩豊かな襖絵や天井板絵、彫刻欄間や飾金具などに注目!
湯殿書院(ゆどのしょいん)
将軍が湯を愉しみ英気を養ったとされる風呂場。浴室と上段之間、一之間、二之間の4つの部屋で構成されています。現在の入浴形式と違い、当時は釜で湯を沸かしたときに出る湯気を浴室内部に取り込んだ“サウナ式蒸し風呂”でくつろいだとされています。
湯殿書院(ゆどのしょいん)
黒木書院(くろきしょいん)
黒木書院(くろきしょいん)
華やかな表書院とは対照的に趣のある内観が特徴的な「黒木書院」は、清洲越しの際に徳川家康の宿舎を移転したとも伝えられている殿舎です。上質な松材を使用した落ち着いた雰囲気が荘厳な風格を見せます。

細部の様式美にも注目!

欄間
室内にある数々の欄間。鳥や桜、牡丹などの絵柄をあしらった檜材の飾りが麗しい彫刻作品が部屋を彩ります。
欄間
天井
天井
黒漆を塗った飾金具をあしらい、板の一つひとつに蒔絵を施したものなど、各部屋で仕上がりの異なる天井が豪華。
欄間
襖の引き手や長押(なげし)の釘隠しなど、部屋の至るところに華やかな飾金具がしつらえてあります。
欄間

6.名勝二之丸庭園

名勝二之丸庭園
二の丸 茶亭
二の丸 茶亭
二之丸庭園の敷地内にある「二の丸茶亭」では、名勝の二之丸庭園を目の前で眺めながら、お茶やお菓子を頂くことができます。

歴代藩主(尾張徳川家)が居住した庭園のなかでは、日本一の広さを誇る「名勝二之丸庭園」。1620年(元和6年)に活躍した初代藩主の徳川義直が整備しました。滝と石組み、石橋などを組み合わせて造られた「玉澗流」(ぎょっかんりゅう)と呼ばれる作庭が美しく、見る人を圧倒します。現在では庭園の敷地内のほとんどが、日本における文化財の種類のひとつである名勝に指定されています。

江戸の風情をたっぷりと味わえそうだな!

7.まだまだ見どころ満載!

天守閣や本丸御殿の他、広い城内には魅力がたくさん!重要文化財に指定された歴史的建造物など様々な見どころがあります。そのなかでも、おすすめの3スポットを紹介!

二の丸 茶亭
敵の攻撃を防御したり、敵情を見張ったりして使用されていた「隅櫓」は、創建当時のまま現存します。西南、東南、西北の3つの隅櫓はどれも重要文化財に指定され、内部に入ることもできます。
※館内の常時公開は「西南隅櫓」のみ。
二の丸 茶亭
二の丸 茶亭
二の丸 茶亭
名古屋城の石垣のなかで最大となる巨石。石垣づくりの名手だった加藤清正の手によって積み上げられたと言われています。
二の丸 茶亭
城内の土産店の近くには金色に光り輝く「金のしゃちほこ」のレプリカが。フォトスポットとして人気です。
二の丸 茶亭

8.食事&土産スポット

食事処や土産処など多彩なジャンルの店が立ち並ぶ「金シャチ横丁」は、新旧のなごやめしが味わえる2つのゾーンに分かれています。老舗の名古屋名物がひしめく正門エリアの「義直ゾーン」や新進気鋭の斬新なグルメがラインナップする「宗春ゾーン」など、名古屋城の散策後に立ち寄るのにぴったりな場所です。

お土産の種類も豊富だね!
義直ゾーン
金シャチ煮込みうどん

「山本屋総本家」
金シャチ煮込みうどん

1,968円(税込)

金シャチ横丁限定で食べられる、海老の天ぷらが豪快に乗せられた名古屋名物の味噌煮込みうどん。

金シャチ煮込みうどん

「cafe diner POP★OVER」
忍者アイス

550円(税込)

※テイクアウト540円(税込)

キュートな忍者がアイスになった写真映え必至の人気メニュー。食べ歩きにも丁度良いサイズです。

宗春ゾーン
なごみゃ

横丁内にある土産処「なごみゃ」。ここでしか買えないお菓子や雑貨の他、金のしゃちほこを彷彿とさせる金色のパッケージ商品を集めたコーナーも展開しています。

横丁だけでなく、城内にも食べ歩きグルメがあるからお見逃しなく!
散策後には金シャチ横丁でひと休みだな!

今回協力してくれたのは・・・

名古屋城

天下統一を果たした、徳川家康の命によって築城された「名古屋城」。1959年(昭和34年)に再建された「天守閣」や、細やかな装飾が施された「本丸御殿」、敵からの防御や物見を目的として使用された「隅櫓」など荘厳な雰囲気の近世城郭です。

所在地:
愛知県名古屋市中区本丸1-1
電話:
052-231-1700
H P:
https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/

詳しくは施設の詳細ページをご覧下さい!

  • 名古屋城
  • 名古屋城

金シャチ横丁

古き良き名古屋の文化と新時代の文化の息吹を感じる、対照的な2つのエリアに分かれた商業施設。食事処には老舗の伝統的な「なごやめし」が味わえる正門エリアの「義直ゾーン」や、独創的な創作料理がラインナップする東門エリアの「宗春ゾーン」など、ご当地グルメが盛りだくさんです。名古屋でしか買えない限定アイテムを取り揃えた土産処も必見!

所在地:
「義直ゾーン」愛知県名古屋市中区三の丸1-2-3~5
「宗春ゾーン」名古屋市中区二の丸1-2・3
電話:
052−973−9011
(日本プロパティマネジメント株式会社)
H P:
https://kinshachi-y.jp/

詳しくは施設の詳細ページをご覧下さい!

  • 宗春ゾーン
  • 義直ゾーン
この施設周辺の観光名所を探す
関連施設を検索
特別史跡名古屋城へ行こう!写真集

見ているだけで楽しくなる写真がいっぱい!

全国観光マップ・レジャーマップ

全国の観光名所・観光施設と周辺情報をマップでご紹介します