ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

土橋門(お城内部より)
刀剣ワールド/城
トップページへ戻る
観光名所/レジャー施設
■日本の城
■群馬県館林市

館林城

タテバヤシジョウ

群馬県館林市の「館林城」の施設情報や、地域の皆様からの基本情報、口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。また館林城の周辺施設情報や近くの賃貸物件情報も掲載。群馬県館林市でのお城・城跡探しにお役立て下さい。

ロード中
ロード中
ロード中
施設の基礎情報1
施設名称
館林城
所在地
〒374-0018
群馬県館林市城町
TEL
0276-72-4111
交通アクセス
館林駅」下車 徒歩15分

※直線距離で算出しておりますので、実際の所要時間と異なる場合がございます。

ホームページ情報
ホームページ
 
フリースペース
 
施設の基本情報2
【最終更新日】
2016年05月09日
営業時間

無し

休城日
    無し
    別名
    尾曳(おびき)城
    駐車場

    無し

    入場料

    無料

    団体予約
    団体割引

    無料

    • 施設の基本情報は、投稿ユーザー様からの投稿情報です。
    • 掲載された情報内容の正確性については一切保証致しません。

    掲載中の施設情報が現状と異なる場合にはご連絡下さい。

    「館林城」投稿写真

    アルバムを見る

    スライドフォトを見る

    写真集を見る

    ※この写真は「投稿ユーザー」様からの投稿写真です。

    この施設の口コミ/写真/動画を閲覧・投稿する
    • 口コミ
      17件
    • 写真
      27枚
    • 動画
      4本

    投稿方法と手順

    この施設の最新情報をGETして投稿しよう!/地域の皆さんで作る地域情報サイト

    施設への「投稿」、及び「お気に入り施設機能」を利用をするには、ログインして下さい。

    投稿ユーザーの登録がお済みでない方

    右のボタンから、「投稿ユーザー」様の登録をすることができます。

    ここから! 投稿ユーザーに登録する

    無料会員登録をして、投稿でポイントを貯めよう!

    ホームメイトリサーチに投稿ユーザー登録すると?

    館林城の所在地

    館林城
    館林城
    施設所在地
    Googleストリートビュー
    • 施設の周辺を見る
    生活施設地図 日本地図から地域情報を検索
    日本地図から都道府県、市区町村を選択して生活に役立つ地域情報を検索頂けます。
    観光マップ・レジャーマップ
    全国の観光名所と周辺情報を観光マップ・レジャーマップでご紹介します。
    line
    「館林城」への交通アクセス

    全国各地から当施設への交通アクセス情報をご覧頂けます。「経路検索」では、当施設への経路・当施設からの経路を検索することが可能です。

    交通アクセス情報を見る

    館林城の概要

    「館林城」(たてばやしじょう)は群馬県館林市にあった平城跡です。梯郭連郭複合式の曲輪を持っていたと言われています。徳川幕府五代将軍「徳川綱吉」(とくがわつなよし)が城主を務めた城として有名ですが、築城年や築城主については分かっていません。

    最古の古文書では1471年(文明3年)に古河公方「足利成氏」(あしかがしげうじ)と関東管領上杉氏との合戦で、上杉氏に攻められたという記録が残っています。このときの城主は「赤井照康」(あかいてるやす)でした。

    また、江戸時代の記述の中に狐の尾曳伝説と言われるものがあり、この記述から1530年(享禄3年)頃、「赤井照光」(あかいてるみつ)によって築城されたという説も存在。その後、「館林城」は「徳川家康」(とくがわいえやす)の関東入国に伴って「榊原康政」(さかきばらやすまさ)が城主となり、石垣や天守がある近代的な城を造り、城下町の整備などを行ないました。

    1661年(寛文元年)、「徳川家光」(とくがわいえみつ)の第四子にあたる綱吉が居城。しかし綱吉の嫡男の「徳川徳松」(とくがわとくまつ)の急死によって、一旦廃城となりましたが、1707年(宝永4年)六代将軍「徳川家宣」(とくがわいえのぶ)の弟「松平清武」(まつだいらきよたけ)が入城したときに再建されました。その後は太田氏、松平氏、井上氏、秋元氏が城主となり、時代は明治維新へ。1874年(明治7年)、火災で城のほぼ半分を焼失したため場内の建物が取り壊されましたが、土橋門と城壁は復元されています。

    館林城の見どころ

    「館林城」は前述の通り、五代将軍「徳川綱吉」が将軍になる前に城主であり、その嫡子「徳川徳松」も短い期間でしたが城主となりました。

    その後、六代将軍「徳川家宣」の弟「松平清武」が徳松のご天領となっていた館林藩に入封し城主となるなど将軍家とのゆかりが深く、城主も「松平乗寿」や「井上正春」、「太田資晴」(おおたすけはる)といった老中や大坂城代経験者などの、徳川幕府の重臣が多く居城。そのため、特に綱吉とその子徳松の時代には総構えを持つ「館林城」があったと言われています。

    しかし1874年(明治7年)に大名小路から出火した火災により、ほぼ半分が焼失。残った建物は取り壊され、部材は公共施設の建設などに使われました。模擬天守の建設なども行なわれなかったため、城の遺構としては本丸、三の丸、稲荷郭、城下町などの一部の土塁が残るのみとなっています。

    一方で1983年(昭和58年)、城下町館林のシンボルとして、城壁と土橋門が再建。この土橋門は三の丸に設けられたもので、通用門として使われていました。それに対し、武士の正門とされていた千貫門、侍屋敷と城下町を隔てていた大手門などは、いずれもそれらがあった跡を示す碑などが残されているのみ。城の跡地は市役所や図書館などになっています。

    館林城の歴史

    「館林城」が建てられたあと、1585年(天正13年)には後北条氏が居城。北条氏滅亡後は「徳川家康」が関東に入り、重臣で徳川四天王のひとりである「榊原康政」が城主となりました。

    「館林城」は利根川を押さえる東北方面の要所として重視されたと言われます。榊原家が転封になったあと一時天領となり、その後に老中の「松平乗寿」(まつだいらのりなが)が転封。この大給松平家が2代続いたあと、城主となったのが「徳川綱吉」でした。綱吉が四代将軍家綱の弟であったことから、「館林城」は将軍の威光を示すために城郭の修築整備がされ、黄金期を迎えます。

    この時期、本丸には三層の天守と二重櫓、御厩曲輪にも二重櫓が二基あったと言われています。「綱吉」は1680年(延宝8年)に五代将軍となり、嫡男である「徳川徳松」が「館林城」の城主に。しかし徳松は1683年(天和3年)に早世したため、廃城となり、再び天領とされました。

    その後の1707年(宝永4年)、六代将軍「徳川家宣」の弟で越智松平家の「松平清武」が城主となったことから、「館林城」は規模を縮小して再建。この際に本丸には天守の代わりの二重櫓を、南曲輪と三の丸にも二重櫓が置かれました。
    その後は将軍を輩出した地として重視され、大坂城代となった太田氏、老中を務めた「井上正春」(いのうえまさはる)など、江戸幕府の重臣の居城となり、明治を迎えます。

    館林城の施設情報

    地域の皆さんで作る生活情報/基本情報/口コミ/写真/動画の投稿募集中!

    写真/動画投稿は「投稿ユーザー様」「施設関係者様」いずれからも投稿できます。

    口コミ/写真/動画を投稿して商品ポイントゲット!

    ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。

    詳しくはこちら

    口コミ 投稿ユーザー様からの口コミ投稿

    日本の城のアクセスランキングは、「①アクセス数」「②動画」「③写真」「④コメント」のアクセス数・投稿数が多い順に掲載しています。

    ・口コミ/写真/動画の投稿で商品ポイントをゲット!

    館林城口コミ投稿(17件)

    館林城
    評価:3

    館林城は、群馬県館林市にあります。15世紀に築城されましたが、正確な築城主は分かっていません。安土桃山時代徳川家康の関東移封で徳川四天王の1人榊原康政が城主となり、近代的な城郭にしました。明治初期に失火により建物の大半が消失しましたが、曲輪や土塁などの遺構と復元された土橋門があります・・・

    投稿者
    G6707さん
    最終更新日
    2021年1月24日
    館林城
    評価:3

    館林城は、群馬県館林市にあるお城です。 戦国時代は、北条氏、上杉氏、武田氏による三つ巴の抗争の地となったお城ですが、最終的には北条氏によって治められました。 小田原征伐後は、徳川家康の家臣であった榊原康政によって改修され、石垣や天守を持つ近代的な城に造り変えられました。

    投稿者
    スラッシーさん
    最終更新日
    2020年8月3日
    群馬県のお城 館林城
    評価:3

    東武伊勢崎線、館林駅より徒歩18分のところに立地する館林城跡ですが、周辺に市役所だったりつつじが丘公園などがあります。東北自動車道館林ICから車で焼く12分くらいです。特に時間制限はありませんので近くに行った時はぜひよってみて・・・  見所は1983年に復元された土橋門です。 こ・・・

    館林城!
    評価:3

    館林市役所近くにある城跡です。石垣や城がある訳ではないのですが、漆黒の門が建っています。とても尊厳があり、館林にお城があったことを伝えてくれます。桜が咲く春はとても綺麗なので、おススメです!

    投稿者
    J2542さん
    最終更新日
    2019年2月18日

    写真 投稿ユーザー様からの写真投稿

    館林城投稿写真(27枚)

    動画 投稿ユーザー様からの動画投稿

    館林城投稿動画(4本)

    [投稿] Y0775さん
    [投稿] Y0775さん
    [投稿] Y0775さん

    ランキング

    館林城

    群馬県 /8施設
    全国 103/259施設
    投稿ユーザー様募集中 施設の基本情報・口コミ・写真・動画を投稿して商品ポイントをGET!!
    施設の基本情報や口コミ、写真、動画の投稿をお待ちしています!

    口コミ・写真・動画の撮影・編集・投稿に便利な
    「施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ」の公式アプリをご紹介します!

    無料 ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
    日本の城めぐり【シロサンポ】
    「シロサンポ」は、国宝5城や日本の城めぐりに関する情報を紹介するブログです。
    ホームメイト・リサーチアプリ

    アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

    ホテル多度温泉
    東建多度カントリークラブ・名古屋
    イメージアニメギャラリー

    口コミ/写真/動画を投稿して
    商品ポイントゲット!

    ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
    商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

    新規投稿ユーザー登録

    ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。

    施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。

    施設リサーチ/ホームメイト・リサーチ