ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

小峰城
刀剣ワールド/城
トップページへ戻る
■ 福島県白河市
観光名所/レジャー施設
■ 日本の城

小峰城
投稿口コミ

施設検索/福島県白河市の「小峰城」へのコメントをご覧頂けます。

人気度評価/お気に入りコメント

白川小峰城

評価:5

東北自動車道の白川インターを降りて、くねくねと左折、右折を繰り返す。決して分かりいい道順ではないかもしれないが、目標となる建物を見つけていけば迷うこともないだろう。こじんまりとした住宅街に迷い込んだかと思えば突然縦長に広がる駐車場に出る。駐車スペースは充分だ。
城壁が眼前を覆い隠してその向こうは見えない。何が待っているのかドキドキさせられ、期待感を上げさせてくれる城壁だ。その城壁の間を抜けて向こうの世界へ飛び込むと、そこには一面に芝生の広がる見事な広場だ。緑が鮮やかで美しい。芝生は小さな丘になって丸みを帯びているから余計に見事だ。平坦であるよりも目を楽しませてくれる。
芝生の向こうには横一文字に石垣があって、その石垣の遠く向こうに白川小峰城が見える。二段構造の上に鎮座しているかっこうだ。お城はそれほど大きなものではなく、名前の小峰城らしく小さくまとまっている。が、それだけに可愛らしくもあり美しくもある。
この城は南北朝時代に築城されてから蒲生氏や上杉氏、丹羽氏そして阿部氏などが治めてきたが、歴史上で最もその名を有名にさせたのは白河口の戦いだろう。
時は幕末、薩長を中心とする西国雄藩が錦の御旗をかざして幕府のお膝元江戸へ進軍する。しかしすでに大政奉還をした徳川家は恭順の意思を示し、西郷隆盛と勝海舟との会談によって江戸城は無血開城となった。それでことが終わればいいが、血気盛んな薩長軍は振り上げたこぶしの落としどころがなくなり、そのはけ口として幕府側の中心的存在であった会津藩に焦点を絞った。会津藩は主家の徳川家が戦争放棄をしているのに無理やり戦わざるを得なくなったのだ。一体何のための誰のための戦いなのか。これが戊辰戦争の内実だ。
薩長軍は外国との貿易によって最新兵器を供えていた。対して旧幕府軍は火縄銃と剣だ。勝てる見込みなどなかったし、勝ったところでその先に何があったのか。
会津若松城は落城、そしてこの小峰城も白河口の戦いで粉砕された。未だに福島県と山口県は犬猿の仲だ。

最終更新日
2021年3月20日
投稿者
いちにさん

この内容に誤りがある場合、こちらよりご連絡下さい。

この投稿を連絡する

この施設への投稿写真 8 枚

一覧へ戻る
日本の城めぐり【シロサンポ】
「シロサンポ」は、国宝5城や日本の城めぐりに関する情報を紹介するブログです。
ホテル多度温泉
東建多度カントリークラブ・名古屋
ホームメイト・リサーチアプリ

アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

イメージ画像

ゲストさん

現在の商品ポイント pt

※会員登録するとポイントがご利用頂けます

ゲストさんの投稿数

今月の投稿数 施設

累計投稿数

基本情報

口コミ

写真

動画

口コミ/写真/動画を投稿して
商品ポイントゲットしよう!

ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

月間で300,000pt以上
獲得する人も!

(1ポイント1円でご利用頂けます。)

新規投稿ユーザー登録

ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。
※すべて商品ポイントが付与されます。

施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。
※商品ポイントは付与されません。