ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

刀剣ワールド/城

全国の城[か行/こ]

日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

全国[か行/こ] の日本の城 (1~24施設)

日本の城のなかには、日本刀と同様に有名な武将にゆかりのある城郭が存在しています。攻め方を考えたり、歴史の舞台となったスポットを訪れたりすることができるのも、城の魅力のひとつです。
多くの人が観光で訪れる日本の城ですが、日本刀が登場するゲームや、剣が魅力的なアニメなどの影響で、刀剣も幅広い世代に人気です。天守内や敷地内の施設で、その城ゆかりの剣やアニメとコラボレーションした刀などを展示している城では、城好きだけでなく、刀剣ファンや武将ファンにもおすすめ。歴史ある城の敷地内で刀を眺めれば、よりロマンが感じられます。
こちらでは、全国にある「日本の城」を、アクセス数や投稿写真・動画数を参考にランキング形式の一覧でまとめました。各城郭の詳細ページには、交通アクセスや入場料、駐車場情報などを掲載。さらに口コミと投稿写真・動画もご覧頂けるので、季節ごとに見せる城郭の様子や雰囲気を味わうことができます。全国の城郭のことを調べたいときは「刀剣ワールド/城」の日本の城検索で!

全国の日本の城
24施設
アクセスランキング順
  • 高知城

    高知城

    〒780-0850 高知県高知市丸ノ内1丁目2-1

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    高知城はJR高知駅から徒歩で約20分。ショッピング・グルメを楽しめる帯屋町(おびやまち)アーケードや追手筋の日曜市などで賑わう、高知市中心街にあります。 明治時代に発布された廃城令や太平洋戦争、南海地震など、様々な危機を乗り越えたうえに、15棟もの建造物が現存している貴重なお城であることから、日本100名城に選定されています。 また、追手門と天守を1枚の写真に納めることのできる、全国でも珍しいお城としても有名です。
  • 小倉城

    小倉城

    〒803-0813 福岡県北九州市小倉北区城内2-1

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    関ヶ原合戦の功労で入国した小倉藩主・細川忠興(ほそかわただおき)が、慶長7年(1602)に築城した「小倉城」。この城の天守閣には、全国でも珍しい「唐造り」と呼ばれる建築様式が用いられ、4階と5階の間に屋根のひさしがなく、5階が4階よりも大きく膨らんでいる。ななめ下から見上げると、その様子がよく分かる。小倉城の本丸は、天保8年(1837)に城内から発生した火災で全焼し、2年後に再建されたが、その時に天守閣は造られなかった。その後、幕末期の慶応2年(1866)には第二次長州征討の第一線基地となり、戦線後退の折に小倉藩が自ら火を放って城は焼失した。現在の小倉城は、昭和34年(1959)に再建されて、在りし日の姿を蘇らせたものだ。建物は焼失したものの、城の石垣は現在も築城当時の姿そのままで、切石を使わずに自然の石を積み上げる「野面積み(のづらづみ)」という技法によるもの。使われている石のほとんどは、同じ北九州市内にある足立山から運んできたものといわれる。
  • 小牧城跡

    小牧城跡

    〒485-0046 愛知県小牧市堀の内1丁目1

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    小牧城は小牧市の市街地の中にあり、織田信長が清洲から小牧に居城を移し、山全体を城として築いたと言われています。小高い山を登っていくと山頂に城郭が現れます。道中は森林の中なのでとても癒され、ほどよい運動量なので、健康維持にもとても良いと思います。
  • 五稜郭跡

    五稜郭跡

    〒040-0001 北海道函館市五稜郭町44

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    人工衛星から見てもはっきりと星型の形が確認出来るそうです。小さい頃は桜の名所できれいな公園に行ったと言う事しか覚えていませんが、大人になって色々調べると幕末の歴史がぎっしりと詰まった由緒ある城郭址である事がわかってきました。造られたのは江戸時代末期でフランスの指導を受けて造られた要塞でした。江戸末期に日米和親条約によって箱館開港が決まり、諸外国からの防御のため、五稜郭内に箱館奉行所が造られました。しかし大政奉還後、明治新政府により箱館府となりましたが、榎本武揚率いる旧幕府軍により占領されました。これが歴史上有名な箱館戦争の始まりになります。土塁を修復し砲台を設置して本来の要塞として機能する事になりました。この時に榎本武揚らと一緒に戦ったのが、新選組副長の土方歳三でした。箱館戦争では当初は旧幕府軍が勢力を維持していましたが、新政府軍の総攻撃により次第に勢力が薄れ、土方歳三もこの地で戦死を遂げています。その後旧幕府軍は降参して五稜郭は新政府軍の所轄となりました。明治以降陸軍の所管となり練兵場として使用されていました。市民に一般開放されたのは大正時代になってからで、その後五稜郭公園として桜の植樹等が施され今日の桜の名所が生まれました。大正時代末期に史跡に指定され、戦後には文化財保護法による特別史跡に指定されています。その後函館博物館の分館となり、箱館戦争関連の品々が展示されていました。昭和39年に五稜郭築城100年を記念して高さ60Mの五稜郭タワーが建てられ、一躍函館観光のスポットとして人気を集めました。冬季間には五稜郭のライトアップが行われ、夏冬関係なく観光客で混みあっています。平成16年には五稜郭タワーが改築され、高さ107Mの現在のタワーが完成しました。昭和の終わり頃から五稜郭の復元整備を目的として発掘調査等も行われ、平成22年には箱館奉行所も復元されました。今の箱館タワーの展望台には土方歳三の銅像もあります。復元された箱館奉行所には数々の歴史資料も展示されており、特に土方歳三の品々は幕末の歴史ロマンが漂っています。
  • 小峰城

    小峰城

    〒961-0074 福島県白河市郭内1

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    東北自動車道の白川インターを降りて、くねくねと左折、右折を繰り返す。決して分かりいい道順ではないかもしれないが、目標となる建物を見つけていけば迷うこともないだろう。こじんまりとした住宅街に迷い込んだかと思えば突然縦長に広がる駐車場に出る。駐車スペースは充分だ。 城壁が眼前を覆い隠してその向こうは見えない。何が待っているのかドキドキさせられ、期待感を上げさせてくれる城壁だ。その城壁の間を抜けて向こうの世界へ飛び込むと、そこには一面に芝生の広がる見事な広場だ。緑が鮮やかで美しい。芝生は小さな丘になって丸みを帯びているから余計に見事だ。平坦であるよりも目を楽しませてくれる。 芝生の向こうには横一文字に石垣があって、その石垣の遠く向こうに白川小峰城が見える。二段構造の上に鎮座しているかっこうだ。お城はそれほど大きなものではなく、名前の小峰城らしく小さくまとまっている。が、それだけに可愛らしくもあり美しくもある。 この城は南北朝時代に築城されてから蒲生氏や上杉氏、丹羽氏そして阿部氏などが治めてきたが、歴史上で最もその名を有名にさせたのは白河口の戦いだろう。 時は幕末、薩長を中心とする西国雄藩が錦の御旗をかざして幕府のお膝元江戸へ進軍する。しかしすでに大政奉還をした徳川家は恭順の意思を示し、西郷隆盛と勝海舟との会談によって江戸城は無血開城となった。それでことが終わればいいが、血気盛んな薩長軍は振り上げたこぶしの落としどころがなくなり、そのはけ口として幕府側の中心的存在であった会津藩に焦点を絞った。会津藩は主家の徳川家が戦争放棄をしているのに無理やり戦わざるを得なくなったのだ。一体何のための誰のための戦いなのか。これが戊辰戦争の内実だ。 薩長軍は外国との貿易によって最新兵器を供えていた。対して旧幕府軍は火縄銃と剣だ。勝てる見込みなどなかったし、勝ったところでその先に何があったのか。 会津若松城は落城、そしてこの小峰城も白河口の戦いで粉砕された。未だに福島県と山口県は犬猿の仲だ。
  • 甲府城跡(舞鶴城公園)

    甲府城跡(舞鶴城公園)

    〒400-0031 山梨県甲府市丸の内1-5

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    お城訪問シリーズ。今回は山梨県の甲府城跡へいってきました。名前の通り城跡です。別名舞鶴城とも呼ばれているため現在は名前をとって舞鶴城公園とも呼ばれています。歴代城主には武田信玄をはじめとした武田家・豊臣家・徳川家などそうそうたる武将がなっています。場所柄、東西の要所になっておりました。100名城にも選ばれているのでお近くに立ち寄りの際は是非訪問してください!
  • 郡山城跡

    郡山城跡

    〒639-1011 奈良県大和郡山市城内町255

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    郡山城は、奈良県大和郡山市にあったお城です。 戦国時代に筒井順慶によって築城されました。 その後、豊臣秀吉の実弟であった羽柴秀長の居城とされ、大和、紀伊、和泉一帯の中心にありました。
  • 郡山城跡

    郡山城跡

    〒731-0501 広島県安芸高田市吉田町吉田郡山

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    吉田郡山城は、広島県安芸高田市吉田町吉田にあったお城で、城跡は国の史跡に指定されています。 安芸国の戦国大名毛利氏の居城で、ここから中国地方に覇を唱えることになります。
  • 国府台城跡

    国府台城跡

    〒272-0827 千葉県市川市国府台

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    国府台城跡は里見公園内、江戸川の河岸段丘上に残る城跡です。 国府台城は太田道灌の弟、太田資忠によって1479年に築城された平山城です。この地は当時下総国府が置かれ、下総国の政治や文化の中心だったそうです。 今は公園として整備され堀切や空堀、土塁跡、櫓台の跡を観る事ができますよ。よく観察すると江戸川に向かってコの字型に土塁がきづかれていた様子を見る事ができます。
  • 興国寺城跡

    興国寺城跡

    〒410-0309 静岡県沼津市根古屋428

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    興国寺城跡は、静岡県沼津市にあります。戦国時代中期に北条早雲が築城。この城を拠点に伊豆を平定、北条氏4代が関東一円を支配する礎になりました。現在では建物は残っていませんが、巨大な堀や土塁があり、守りの固さが伺えました。
  • 高嶺城跡

    高嶺城跡

    〒753-0091 山口県山口市大字上宇野令字高嶺

    周辺の生活施設
    投稿ユーザーからの口コミ
    高嶺城は、山口県山口市上宇野令字高嶺にあったお城で、国の史跡に指定されています。 高嶺城を築城したのは、戦国時代、毛利氏支配の前に周防国・長門国を支配していた大内義長です。
  • 古河城跡

    古河城跡

    〒306-0033 茨城県古河市中央町3丁目

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    古河城は、茨城県古河市にあったお城です。 古河公方の本拠となった時期は、古河御所とも呼ばれていました。 江戸時代、城主は幕府の要職を務めることが多く、大老の土井利勝、堀田正俊の他にもたくさんの老中がいました。
  • 上月城跡

    上月城跡

    〒679-5524 兵庫県佐用郡佐用町寄延

    周辺の生活施設
    投稿ユーザーからの口コミ
    上月城は、兵庫県佐用郡佐用町にあったお城です。 赤松氏の配下であった上月氏によって築城されました。 戦国時代は、織田信長方の尼子氏が入城しました。 その後、毛利輝元率いる大軍に囲まれ、救援に来た羽柴秀吉も三木城攻略に撤退した為、毛利氏に降服しました。
  • 小松城跡

    小松城跡

    〒923-0903 石川県小松市丸の内町

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    小松城は、石川県小松市丸の内町にあったお城で小松市指定の史跡になっています。 小松城は、加賀一向一揆方によって築かれたといわれています。 その後、織田信長方の武将柴田勝家により攻められ、江戸時代になると加賀藩領となるが、一国一城令で廃城となりました。
  • 小机城跡

    〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町789

    投稿ユーザーからの口コミ
    こちらはJR横浜線から徒歩15分ほどのところにあります。1590年に上杉氏によって建てられた歴史ある建物です。山城好きには必見で百名城の一つに選ばれるほどの人気を誇ります。
  • 小泉城跡

    〒370-0518 群馬県邑楽郡大泉町城之内公園内

    投稿ユーザーからの口コミ
    群馬県大泉町にある、小泉城の跡地です。 今では公園もあり、地域の人にとっても憩いの場所になっています。 水堀などの遺構が綺麗に残っておりふと時代を感じる場所ですよ。
  • 国分城

    〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央二丁目5-1

    周辺の生活施設 周辺の賃貸物件
    投稿ユーザーからの口コミ
    国分城(こくぶじょう)は鹿児島県霧島市国分中央にあったお城で、別名を国分新城、国分御屋形、舞鶴城といいます。城主は島津義久で、慶長9年頃に築城されたそうです。現在はお城は無く、お城の跡地には霧島市立国分小学校が建てられ、周囲に石垣と堀が残っています。春になると桜が咲き乱れ、情緒溢れる場所です。
  • 挙母城跡(七州城跡)

    〒471-0034 愛知県豊田市小坂本町7丁目90

    • ポイント2倍
      0件
    • ポイント2倍
      0枚
    • ポイント2倍
      0本
  • 小丸山城跡

    〒926-0818 石川県七尾市馬出町子部

    • ポイント2倍
      0件
    • ポイント2倍
      0枚
    • ポイント2倍
      0本
  • 小泉城跡

    〒639-1042 奈良県大和郡山市小泉町

    • ポイント2倍
      0件
    • ポイント2倍
      0枚
    • ポイント2倍
      0本
  • 国府尾城跡

    〒685-0017 島根県隠岐郡隠岐の島町下西

    周辺の生活施設
    • ポイント2倍
      0件
    • ポイント2倍
      0枚
    • ポイント2倍
      0本
  • 駒ヶ嶺城跡

    〒979-2611 福島県相馬郡新地町駒ケ嶺舘

    • ポイント2倍
      0件
    • ポイント2倍
      0枚
    • ポイント2倍
      0本
  • 小諸城跡

    〒384-0804 長野県小諸市丁311

    • ポイント2倍
      0件
    • ポイント2倍
      0枚
    • ポイント2倍
      0本
  • 小山城跡

    〒421-0303 静岡県榛原郡吉田町片岡

    • ポイント2倍
      0件
    • ポイント2倍
      0枚
    • ポイント2倍
      0本
日本の城めぐり【シロサンポ】
「シロサンポ」は、国宝5城や日本の城めぐりに関する情報を紹介するブログです。
ホテル多度温泉
東建多度カントリークラブ・名古屋
ホームメイト・リサーチアプリ

アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

イメージ画像

ゲストさん

現在の商品ポイント pt

※会員登録するとポイントがご利用頂けます

ゲストさんの投稿数

今月の投稿数 施設

累計投稿数

基本情報

口コミ

写真

動画

口コミ/写真/動画を投稿して
商品ポイントゲットしよう!

ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

月間で300,000pt以上
獲得する人も!

(1ポイント1円でご利用頂けます。)

新規投稿ユーザー登録

ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。
※すべて商品ポイントが付与されます。

施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。
※商品ポイントは付与されません。