ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

刀剣ワールド/城

大洲市の

日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大洲市 の日本の城 (1~1施設)

大洲市にある「日本の城」を、アクセス数や投稿写真・動画数を参考にランキング形式の一覧でまとめました。日本の城の魅力は、天守や櫓といった構造物だけではありません。有名武将のゆかりの品を観覧したり、歴史舞台となったスポットを訪れたりすることができるのも魅力のひとつです。各城郭の詳細ページには、交通アクセスや入場料、駐車場情報などを掲載。さらに口コミと投稿写真・動画もご覧頂けるので、季節ごとに見せる城郭の様子や雰囲気を味わうことができます。大洲市の城郭のことを調べたいときは「刀剣ワールド/城」の日本の城検索で!

アクセスランキング順
  • 大洲城

    大洲城

    〒795-0012 愛媛県大洲市大洲903

    周辺の生活施設
    投稿ユーザーからの口コミ
    大洲城と記して「おおずじょう」と訓じます。愛媛県大洲市大洲に位置し、アクセスはJR予讃線の伊予大洲駅から徒歩約20分程度です。 同地の旧称は伊予国喜多郡大洲で、大津と表記されたこともあり、同城もそれに倣い大津城と記されたことがあるそうです。 そのほか、地蔵ヶ嶽城、比志城などの別名でも知られます。 天守は現存ではなく明治21年(1888年)に解体され平成16年(2004年)に復元されたものですが、戦後の天守復元ラッシュの頃のものの代表的構造である鉄筋コンクリート造を採用せず、木造の伝統工法で復元されており、あたかも築城当初にタイムスリップしたかのような新鮮さがあります。 明治時代に撮影された外観写真や、大洲藩作事棟梁の家に天守の木組み模型が伝え残されていたなど、国内でも例のないほどに内部構造を知ることができる史料が遺されていたため、築造当時の姿を奇跡的にほぼ正確に復元することができたそうです。 櫓などは地元住民などの保護により古いものが台所櫓、高欄櫓、苧綿櫓、三の丸の南隅櫓が国の重要文化財に指定されるなど、歴史的に貴重な城郭でもあります。 沿革は古く、伊予宇都宮氏の宇都宮豊房が鎌倉時代末の元弘元年(1331年)に、守護として入国した際に発します。その後は軍事的意味合いの強い拠点として存続しますが、安土桃山時代、秀吉の時代の文禄4年(1595年)に藤堂高虎が入城を期に当時の設計思想をもって近世城郭として整備がはじまり、代をまたぎ江戸初期の慶長14年(1609年)には淡路から転封してきた脇坂安治がそれを引き継いで天守やその他の主要建造物が構築されました。 その後、元和3年(1617年)に加藤貞泰が入城したあとは加藤氏が大洲藩の首府として明治維新まで12代にわたって治めます。 その頃から大洲の地を長く見守ってきた同城は、今になってなお人々に愛されていることがその保護の厚さや整備の行き届いた様から知ることができます。 今治、道後、松山城など伊予観光の際にはこの大洲城までもぜひ足を伸ばすことをお勧めします。
日本の城めぐり【シロサンポ】
「シロサンポ」は、国宝5城や日本の城めぐりに関する情報を紹介するブログです。
ホームメイト・リサーチアプリ

アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

ホテル多度温泉
東建多度カントリークラブ・名古屋

口コミ/写真/動画を投稿して
商品ポイントゲット!

ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

新規投稿ユーザー登録

ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。

施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。