ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

日本の城用語集(ら行)



日本の城に関する情報を検索できる「城ワールド」が、日本の城に関する用語(ら行)をご紹介します。お城用語などの予備知識があれば観光の面白さも数倍に!日本の城のことがよくわかる日本の城用語集をご活用下さい!

乱積

乱積とは、日本の多くの城で設けられた防衛設備である石垣について、その積み方を表わす用語で、野石を方式なく積み上げる方法のこと。石垣の積み方は大きく2つに分けることができ、石のへこんだ部分に出っ張った部分を落としかけていく乱積(乱層積とも言う)と、横目地をまっすぐにして積み重ねていく整層積と言う方法がある。乱積は安土桃山時代以降に用いられた。他の方法と組み合わせて石垣を造ることも多かった。乱積は使用する石材などによってさらに分類できる。自然石をそのまま加工せずに使うと「野面(のづら)乱積」、石垣の表面に出る主要石について角や面を叩いて削って平たくした物を使うと「打込接(うちこみはぎ)乱積」となる。

両袖馬出

両袖馬出とは、日本の城における防衛施設のひとつである馬出(うまだし)の一種。馬出とは城内へ敵が直進する勢いを妨げたり、城のなかの様子を外から見えにくくしたりする目的で虎口の門外に設けられる、土や石製の小さな曲輪(くるわ)のことである。馬出は配置が単純な「草」と、複雑な「真」に大別できるが、両袖馬出は真の馬出に含まれる。その構成は、塁がくぼんだ合横矢と言う部分の凹みの箇所に馬出を築く物である。両袖馬出の土塁の形状は主に2種類があり、半円形なら丸馬出、土塁が四角形なら角馬出である。こうした両袖馬出を含む様々な馬出は武田信玄をはじめとする数多くの戦国武将が用いたが、現存する物や遺構は少ない。

両袖壁

両袖壁とは、現代では建築用語で、引き戸を引き込む部分の壁を意味する袖壁の分類で、袖壁が両側にあることを指す。城に関する用語としての両袖壁は、防衛施設の馬出(うまだし)に取り入れられることがある造作のことでもある。馬出とは、城のなかへ敵が一直線に進む勢いを止めたり、城のなかの様子を外から見えにくくしたりする目的で、虎口の門外に設けられる土や石製の小さな曲輪(くるわ)のこと。馬出のなかにあって、城の内側の入口付近に建て、城外の様子が外からはより見えづらくなるように設ける土塁や石垣が両袖壁である。両袖壁があることで、虎口付近の通路の屈折を増やし、敵兵の出入りする道をより複雑にすることができる。

輪郭式縄張

輪郭式縄張とは、日本の城における、曲輪(くるわ)などの配置方法を表わす名称である。曲輪とは、スペースを区切る囲い、あるいはその範囲内のことを意味する。こうした曲輪やその周りの堀や石垣、門などを構築するときに縄を張って作業したことから縄張りと呼んだ。縄張りは大きく分けると輪郭式、梯郭式、連郭式の3パターンがあり、多くの城はそれらを組み合わせて設計されている。輪郭式縄張は、中心となる本丸を囲むように、二の丸、三の丸と円形または半円形に土塁や堀などを重ねていく配置方法のことで、なかでも全体が同心円状になっている物を円郭式縄張と呼ぶ。輪郭式縄張の城としては、大阪府の大阪城、静岡県の駿府城などが知られる。

連郭式縄張

連郭式縄張とは、日本の城における、曲輪(くるわ)などの配置方法を表わす名称の一種である。曲輪とは、城郭の敷地内を区切る仕切りや囲い、あるいはその範囲内のことを意味する。当時はこうした曲輪やその周りの堀や石垣、門などを構築するために縄を張って作業しており、そうすることを縄張りと呼んだ。縄張りは大きく分けると連郭式、輪郭式、梯郭式の3パターンがあり、それらを組み合わせて設計することが多かった。連郭式縄張は、本丸と二の丸の曲輪、あるいは三の丸なども含めて並べて配置する方法のことを意味する。山の尾根など、城郭の敷地を広く取ることができないときに用いられた。連郭式縄張の城としては、茨城県の水戸城などがある。

連結式天守

連結式天守とは、日本の城の中心的な建物である天守について、平面構成に注目して分類したときの種類のひとつである。天守は初期には独立で築かれていたが、防御力を上げるため次第に複雑な構造が用いられるようになっていった。平面構造で分類すると独立式天守・複合式天守・連結式天守・複連結式天守・複合連結式天守・連立式天守に分けられる。連結式天守はメインとなる大天守と、やや小さい多重櫓である小天守を造り、その間を多聞櫓や廊下橋塀などの通路でつないで連結させた物を意味する。通常、入口は小天守のほうにある。連結式天守は愛知県の名古屋城や、熊本県の熊本城の大天守・小天守がその代表格である。

連立式天守

連立式天守とは、日本の城の中心的な建物である天守について、平面構成について注目して分類したときの種類のひとつ。天守は初期には独立で築かれていたが、防御力をより強めるために次第に複雑な平面構成の物も考案された。大きくは独立式天守・複合式天守・連結式天守・複連結式天守・複合連結式天守・連立式天守に分けられる。なかでも連立式天守は、メインとなる大天守の他に、小さい多重櫓である小天守や櫓を複数構築し、その間を渡櫓などでつないでひとつの曲輪を構成する形状のこと。天守の構成としては、防御性が比較的高い形とされている。連立式天守は、兵庫県の姫路城や愛媛県の松山城、和歌山県の和歌山城で現存する物が見られる。

投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。