ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

忍具



特殊技術である忍術を用い任務を遂行する忍者にとって、欠かせない物が忍具と呼ばれる様々な道具です。手裏剣などが有名ですが、それにも多くの種類があり、また知られていない物も多数あります。忍具には当時の最先端の技術が用いられています。ここでは代表的な忍具について紹介していきます。

手裏剣(しゅりけん)

手裏剣(しゅりけん)

忍具の中でも、もっとも代表的な物である手裏剣ですが、形状や打法によりその種類も様々です。マンガや映画では相手を攻撃する際に用いられますが、実際は窮地から逃れるための防御の役割を担うものだと言われています。棒状の棒手裏剣や、突起の数により名前の異なる四方手裏剣、六方手裏剣、八方手裏剣、十方手裏剣などが確認されています。

クナイ

手裏剣としても用いられることのあったクナイは、相手を苦しみのないうちに死に至らしめるという意味で、「苦無」や「苦内」などと表記されます。クナイは、攻撃に用いる以外に、建物内に侵入するときの施錠を壊すための工具、壁に突き立ててそこに足をかけて登るための道具としても用いられました。

撒菱(まきびし)

忍具としては有名な物ですが、鉄製ではなく、多くは桑の実などを三角形にした物が用いられていました。これを撒くことで相手の追撃を防ぎ、また攻撃用にも用いられました。

鎖鎌(くさりがま)

鎌の先に鎖を付け、その先端に分銅を結び付けた武器が鎖鎌です。分銅を投げつけることで相手の動きを封じ、そこに接近し鎌で仕留めると言う使われ方をしていました。様々な形状が確認されていますが、どれも実践で用いるには相当の訓練を要する忍具です。

鉄砲(てっぽう)

諜報部隊である忍者は、その情報網を生かし当時の最先端の技術を用いた忍具を用いました。中でも火器はその知識を生かした物ですが、忍者は忍び短筒と呼ばれる小型の短銃を携帯していました。また、百雷銃(ひゃくらいじゅう)は、火薬の入った筒を数個結び付け、それを連続して爆破させることで敵の目をくらましたり攻撃を加えたりしました。これを応用し、オオカミの糞と火薬を混ぜて火を起こし、そこから発する煙で意思の伝達を図る狼煙筒(のろしづつ)もありました。

鳥の子(とりのこ)

鳥の子紙と言う和紙で火薬を包み、そこに火縄を取り付けた忍具です。火縄に火をつけ相手に投げつけることで、手りゅう弾のような役割を果たしました。

鉤縄(かぎなわ)

鉤に長い縄を付け、縄の途中にいくつかの竹筒を通して作られた忍具です。普段は折りたたんで持ち運ぶことができますが、使用時には鉤を高所に引っ掛けることでそこを登るための道具となりました。似たような物で梯子状になっている物もあり、このような忍具を総称して登器と呼びます。