施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

ホームメイト日本の城リサーチ

城情報

服部半蔵伝説



その全容が知られていない忍者ですが、中には後世に名を残した人物もいます。ここで紹介する服部半蔵もそのひとりです。のちの小説や漫画、ドラマなどにも数多く登場し、忍者の代名詞的存在とも言える服部半蔵のその生涯について詳しく見ていきます。

服部半蔵の生涯

服部半蔵の生涯

服部半蔵の波乱に満ちた生涯を紹介します。

家康の家臣となるまで

服部半蔵は1542(天文11)年に三河国に生まれました。本名は正成(まさなり)で、半蔵は父の代から継承されることとなった通称です。生家は伊賀国の有力土豪でしたが、父の代で三河へと移住し松平家に仕えることになります。記録によると、16歳のときに伊賀の忍者を率いて、宇土(うど)城を夜襲したとされていますが、事実かどうかははっきりとしていません。父である保長(やすなが)は伊賀忍者だったそうですが、半蔵はむしろ槍を得意とする武士でした。松平家はのちに徳川家となり、当主である徳川家康に半蔵は仕えることになります。姉川の戦い、三方ヶ原(みかたがはら)の戦いなどで戦功を立て、次第に家康の信頼を得ていくようになりました。「徳川十六神」の中にも数えられる武将となる半蔵は、伊賀衆を束ねる役にも任命されることとなります。

伊賀越え

1582(天正10)年の本能寺の変に際し、織田信長と同盟を組んでいた家康は、自らの命も失う窮地に陥ります。しかし家臣の説得により三河まで戻ることとなりました。伊賀超えとも呼ばれる、この決死の逃避行を先導したのが半蔵でした。この功績により半蔵を組頭として200人の伊賀衆が同心として召し抱えられることとなりました。

江戸と半蔵

信長の死後、豊臣秀吉に関東へ移封された家康は江戸で家臣団を再編しますが、その際に半蔵は8,000石の旗本となっています。伊賀衆は半蔵の下、忍術を知る武士として諜報活動などに従事することとなります。しかし、1596(慶長元)年11月4日に半蔵は亡くなります。半蔵が生前に屋敷を構え、そこから伊賀同心たちが江戸城へと通った門は半蔵門として現在に残されています。

服部半蔵のエピソード

槍を得意とし「鬼の半蔵」との異名ももつ服部半蔵ですが、家康の嫡男信康(のぶやす)が信長の意向により切腹を命じられた際には、家康により介錯人に任命されました。しかし半蔵は涙で刀を振り下ろすことができなかったという、わたしたちが忍者に対して抱くイメージとは異なる、人情味のあるエピソードが残されています。半蔵は、信康の菩提を弔うために西念寺(さいねんじ)を開山します。そしてこの寺は半蔵の死後は服部家の菩提寺ともなりました。