ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

大奥とは



江戸時代、武家社会の中心地である江戸城にありながら、大奥は男子禁制の場所でした。その中では多くの女性が、お世継ぎをめぐるドラマを展開していました。その一方で、時代の表に出ない場所だからこそ、大奥について様々な憶測が飛び交い、現在でも小説やドラマの題材となっています。ここではそんな大奥の歴史や仕組みについて詳しく見ていきます。

大奥の歴史

大奥の歴史

江戸時代において大奥は江戸城の他に存在しませんでした。これは1618(元和4)年に二代将軍の徳川秀忠(ひでただ)が「大奥法度」を定めた際に、将軍家以外で「大奥」と言う名称を使うことを禁止したからです。他の大名家では、正室や側室の住む場所を「奥向き」と呼びます。この大奥法度の制定により、千人を超える女性だけの大奥が誕生しました。このあと、大奥は江戸城が明治幕府に開城されるまで存在し続けました。それまで大奥のことが外部に漏らされることがなかったのは、彼女たちが奉公に際して「大奥でのことは一切口外しない」という誓紙に血判をしているからです。これが明治に入り少しずつ語られることとなり、資料などを総合することによってその実情が次第に明らかにされていきました。

大奥の場所

江戸城には本丸、二の丸、三の丸、西の丸がありましたが、大奥は本丸と西の丸にありました。本丸は表・中奥・大奥の三つの区画に分かれています。表では将軍が政務を執り、中奥は現在で言うところの官邸の役割を果たしていました。そして大奥は御殿(ごてん)・長局(ながつぼね)・御広敷(おひろしき)の3つに分けられていました。西の丸では、大御所とよばれる隠居した将軍と、その正室などが住む場所でした。

大奥の役割

大奥の役割とは、一言で言えば跡継ぎを生み育てることにあります。同時に、大奥は江戸城内における、将軍の唯一のプライベート空間でもありました。御殿は正室、側室に使用され、ここで房事が行なわれて世継ぎ候補の子作りに励んでいました。

長局は大奥女中が暮らす場所です。一の側から四の側までの4棟に分けられていました。大奥女中にはキャリア組とノンキャリア組がありますが、将軍の目にかかることがあれば昇進することができます。前者は将軍に謁見できることから「お目見え以上」、後者は「お目見え以下」とよばれます。大奥女中は身の回りの世話や掃除などの雑務を担う者から、町屋敷を与えられ大奥全体を取り締まる役まで様々なものがありました。