ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

長野県にもある五稜郭



五稜郭、というと多くの人がまず思い浮かべるのは北海道函館市にその跡を残す五稜郭ですが、本来五稜郭とは城郭における曲輪配置の分類のひとつとしても用いられていた言葉でした。ちなみに、この函館市の五稜郭は、建造中には亀田御役所土塁(かめだおんやくしょどるい)と呼ばれており、函館の五稜郭以外にも日本には五稜郭の城郭が存在していました。それが長野県佐久市にその跡を残す龍岡城(たつおかじょう)です。

五稜郭とは

五稜郭とは

剣の先のようなかたちをした稜堡(りょうほ)を外側に向けて、星形に配した縄張りをもつ城郭が五稜郭です。この星形をした要塞は、もとは15世紀のイタリアで生まれた物です。外部を多角的に見ることができるため、そこにそれぞれ銃を構えた守備隊が攻撃に備え配置されていました。戦の中心が火器中心となっていくと、この縄張りをもった城が多く建てられるようになりました。敵の目標になる建造物が中には建てられず、函館の五稜郭では櫓なども築かれていないのが特徴です。日本には北海道函館市の五稜郭と四稜郭(しりょうかく)、そして長野県の龍岡城があります。これらはいずれも、西洋の築城様式が日本に伝わった幕末に築かれました。

龍岡城

龍岡城の築城が開始したのは1864(元治元)年のことでした。築城にあたった田野口藩は16,000石の小さな藩でしたが、のちに龍岡藩とあらためられます。田野口藩の藩主は松平乗謨(まつだいらのりかた)で、その際に乗謨が築城したのがこの城です。乗謨は、以前に幕府が招いたフランス人士官から築城方法を学んでいました。そして陸軍総裁に任じられると、領地に住む人々を集め龍岡城の築城に着手します。そのときにかかった費用は当時の金額でおよそ4万円にのぼると言われています。

龍岡城は3年をかけて完成しました。1万坪の広さをもった洋式五稜郭のこの城は当時でも非常に珍しい物で、函館市にある五稜郭と龍岡城だけがこの縄張りで建てられた城郭です。龍岡城の特徴は塁が低く、また堀の幅も狭くすべてを覆っている訳ではありませんでした。これにより龍岡城は西洋の城郭の様式を取り入れようとした日本の城郭における、実験的要素が強かったのではないかと見られています。明治に入り、廃城令が公布されることで龍岡城は取り壊されることになります。現在は国の史跡にも指定されており、石垣の大部分と一部の水堀、そして台所櫓が現存しています。