ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

太田道灌と城



太田道灌(おおたどうかん)は1432(永享4)年~1486(文明18)年7月26日に生きた戦国武将です。彼の生涯とゆかりのある城について紹介します。

太田道灌の生涯

太田道灌の生涯

太田道灌は、太田道真(みちざね)の子として生まれ、幼名は鶴千代と名づけられました。父子の関係は思わしいものではなく、その原因は息子である鶴千代の才気煥発さにあったと言われます。ある日、道真が「驕者不久(驕れる者は久しからず)」と書いた紙を鶴千代に渡すと、「不驕者又不久(驕らざる者もまた久しからず)」とそこに書き加えたと言うエピソードが残されています。

1446(文安3)年に元服し、この頃より資長(すけなが)と名を改めます。太田家は代々扇谷上杉家に仕える家柄でした。関東管領である上杉家は四家に分かれていましたが、扇谷上杉家は中でも一番の権力をもつ山内上杉家を支えていました。1455(康正元)年に家督を相続すると、道灌は上杉家を支えながら享徳の乱を戦います。それまでは品川湊近くに居館を構えていた道灌でしたが、房総地方の武将であった千葉氏の勢いを抑えるために江戸城を築城します。

その後、長尾景春(かげはる)が謀反を起こしたため、景春勢との長きにわたる戦いを繰り返すこととなりました。出家することで資長から道灌へと名を改めるようになったのは、1478(文明10)年のことです。しかし、その後も景春との戦いは続き、1480(文明12)年に日野城を攻撃したことで、ようやくこの反乱を鎮圧することとなりました。これにより扇谷上杉家は勢いを増し、道灌の名声も一挙に高まります。しかしこれが山内上杉家の不信をかうこととなり、主君である扇谷上杉家の当主・定正の相模糟屋館に呼ばれた際、風呂場において暗殺されました。享年55歳のことです。

太田道灌と城

太田道灌はその生涯において、川越城岩村城などの城を築き、築城名人とも言われていました。中でも最も道灌の名声を高めているのが、1457(長禄元)年に完成した江戸城です。

江戸城

道灌が江戸の地に城を築いたのは、夢の中で品川沖を舟に揺られていた際、九城(このしろ)と言う魚が舟に飛び乗ったことによると言う逸話があります。また、道灌は江戸城の周囲に多くの神社を勧請したことでも知られています。しかし、この江戸城には道灌の命を縮める原因ともなりました。

長尾景春との戦いを制した功績が認められた道灌ですが、これにより山内上杉家から不信をかい、さらには主君である扇谷上杉家当主・定正からも疑いをかけられ暗殺されます。その理由とは江戸城に兵器・兵糧が大量に備蓄されていると言う噂が立てられたからです。これにより道灌は謀反人と見なされ殺害されることになってしまったのです。