ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

藤堂高虎と城



藤堂高虎(とうどうたかとら)は、1556(弘治2)年1月6日~1630(寛永7)年10月5日に生きた武将です。藤堂高虎の生涯と、彼がその生涯でかかわった城を紹介します。

藤堂高虎の生涯

藤堂高虎の生涯

藤堂高虎は近江国犬上群藤堂村に、土豪の二男として生まれます。戦国大名・浅井長政(あさいながまさ)の家臣として仕え、初陣を果たしたのは1570(元亀元)年の姉川の戦いでした。足軽としての参戦でしたが見事に武功を上げます。

1576(天正4)年には羽柴秀長の家臣となります。その後も中国攻めや賤ヶ岳の戦い、四国攻めや紀州征伐といった、秀吉の合戦で功績を残し、1万石の大名となりました。

その後、高虎は粉河(こかわ)2万石の大名となります。1591(天正19)年に主君である秀長が没すると豊臣秀保に仕えますが、秀保が早世すると高虎は出家をします。しかしその才能を惜しんだ秀吉によって、伊予国板島の7万石の城持ち大名となります。

秀吉の朝鮮出兵にも参加しますが、1598(慶長3)年8月に秀吉が死去する前から、高虎は徳川家康との親交を深めていきます。その翌年、家康が高虎邸に宿泊した日に石田三成の急襲を受けるという目に遭いますが、これを高虎は阻止しています。

そして、1600(慶長5)年9月に始まった関ヶ原の戦いでは東軍として戦いました。ここでの功績が認められ20万石となり、今治に城を築きます。その後、1608(慶長13)年には徳川秀忠から伊賀・伊勢に加増移封され、22万石の津藩主となります。大坂夏の陣では多くの兵を失いますが、軍功が認められ1617(元和3)年には32万3,000石となります。晩年には失明をし、1630(寛永7)年10月5日に死去します。

藤堂高虎と城

築城名人としても知られる高虎は多くの城を築城・修築しています。それぞれの城についてその特徴を見ていきます。

大洲城
1595(文禄4)年に高虎が大改修を行ない、中世からの城郭を近世城郭へと生まれ変わらせました。
宇和島城
1596(慶長元)年に築城が開始されたこの城は、不均等に五角形の外郭をしているのが特徴的です。これは外から見ると四角形に見えるため、有事の際に血路を開くためのものです。
今治城
1602(慶長7)年に築城された城です。日本初とも言われる層塔型の五重天守を持っており、高虎の手腕がいかんなく発揮された城だとされています。
津城
1608(慶長13)年、それまでは小規模な平城であった津城を、高虎が大改築しました。
伊賀上野城
1608(慶長13)年に大規模な改修がなされ、城地もおよそ3倍の面積に拡大されました。
その他
その他、1603(慶長8)年には幕府から江戸城の縄張りを命じられるなど、城づくりにおいて多大な信頼を得ていました。