ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

賤ヶ岳の戦いとは



1582(天正10)年6月2日、京都本能寺において織田信長は、家臣である明智光秀が起こした謀反により死去します。天下人にもっとも近かった信長の死は、諸大名にも大きな影響を与えました。同年6月13日に羽柴(豊臣)秀吉が山崎の戦いにおいて光秀を討つことで、主君の敵討ちは果たされましたが、その後は信長の後継者争いが噴出することになります。これにより秀吉と柴田勝家(しばたかついえ)の間で起こった賤ヶ岳の戦いは、その後の日本の歴史を変える大きな転機になりました。

どのようにして起こったか

どのようにして起こったか

6月27日、尾張国の清洲城には池田恒興(いけだつねおき)、柴田勝家、丹羽長秀(にわながひで)、羽柴秀吉といった、織田信長に仕えた4人の人物が集い、信長亡きあとの後継者と遺領の配分を決める会議(清洲会議)が開かれました。その際、織田信孝(おだのぶたか)を推す柴田勝家と、のちの織田秀信(おだひでのぶ)となる三法師を推す羽柴秀吉の間で激しい対立が起こります。後継者は三法師に決まりますが、秀吉の主催する信長の葬儀などが勝家との確執をさらに深めさせていくことになります。その後、両氏の対立は徐々に激化していき、12月20日に秀吉は岐阜城の織田信孝を降伏させると、賤ヶ岳一帯の高地に陣を張ります。

戦いの変遷

12月7日には、秀吉軍は勝家の養子である勝豊(かつとよ)が守る長浜城を落としています。その間、越前にいた勝家は雪に阻まれ身動きが取れずにいましたが、翌1583(天正11)年3月9日に大軍を率い出発します。3日後に柳ヶ瀬に陣を張った勝家が、各武将にも近隣に陣を張らせると、ときを同じくして秀吉も長浜城に入りました。秀吉軍の数は5万人、対する勝家軍は3万人であったと言われています。1ヵ月程のにらみ合いののち、織田信孝が美濃を奪い返すために動き出すと、秀吉は兵の半数を率い美濃に戻ります。

再び賤ヶ岳に戻った秀吉は、大岩山砦を落とした佐久間盛政(さくまもりまさ)を討ち取ると、別所山に陣取っていた前田利家(まえだとしいえ)を退却させます。これにより越前へと退却をした勝家軍に対し秀吉軍は城を囲み、勝家は遂に4月23日、妻であるお市の方とともに自害することになりました。

戦いのその後

戦後処理が終わると、同年秀吉は大坂城の築城を開始します。そして翌1584(天正12)年、朝廷より従三位権大納言に任命されることとなりました。信長の跡目である三法師の後見人でもあった秀吉は、この戦いを機に一挙に天下人として盤石の態勢を整え始めることになりました。