ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

徳島城の特徴



徳島市にその跡を残す徳島城は、豊臣秀吉が天下を統一したあとに建てられた戦国時代末期を代表する城です。城跡は、現在「徳島城博物館」を中心とした公園になっており、様々な遺跡や史料を残すこの場所は、歴史ファンだけではなく多くの観光客が足を運んでいます。また、城跡は国の指定する史跡でもあります。ここでは徳島城の歴史を振り返るとともに、この城の持つ魅力について詳しく説明します。

徳島城の歴史

徳島城の歴史

徳島城が建てられた場所には、渭山城(いのやまじょう)と言う小さな城がありました。それが1585(天正13)年、豊臣秀吉の家臣である蜂須賀家政(はちすかいえまさ)が入城することにより、大きな城下町が形成されることとなりました。家政の父である蜂須賀小六(ころく)は、秀吉の覇業を支え続けた忠臣です。秀吉が四国を平定したあとには阿波国を与えられますがこれを固辞します。そしてこれが小六の息子である家政に継がれることとなり、徳島藩の初代藩主となりました。徳島城はその後、明治に至るまで徳島藩蜂須賀氏の居城であり続けますが、1873(明治6)年に公布された廃城令により取り壊されることとなりました。徳島城の跡地は徳島公園(のちの徳島中央公園)となり、一般の人たちにも開放されることになります。1941(昭和16)年には徳島城表御殿の庭園が国から名勝として指定され、2006年には徳島城跡が国の史跡に指定されました。また、近年の発掘調査により、縄文時代や弥生時代の貝塚や土器片などが出土し、より古い時代の歴史遺産としても注目を浴びています。

徳島城の特徴

徳島城は海沿いに建てられた平山城ですが、城の北側を流れる助任川(すけとうがわ)と南側を流れる寺島川を天然の堀として機能させていました。また、城山の山頂に本丸を建て、そこを中心に東二の丸、西二の丸、西三の丸が配された梯郭式の城郭構造です。徳島城の特徴として挙げられるのが、本丸の周囲を囲む高石垣で、「阿波の青石」とよばれる徳島特有の素材で建てられた物となっています。

どのような天守が建てられていたか、詳しいことは分かっていませんが、本丸にあった天守は江戸時代初期になると解体されたと考えられています。その後は天守の代用品として、東二の丸にある三階櫓が使用されていました。廃城令により残された建造物は鷲の門のみとなりますが、これも第二次世界大戦時には空襲により焼失してしまいます。しかし1989年、この門は復元されることとなりました。