ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

高取城の特徴



奈良県高市郡高取町にその跡を残す高取城は、江戸時代には高取藩の藩庁であり、今現在も重要な史跡として国に指定されています。岐阜県の岩村城、岡山県の備中松山城と並んで「日本三大山城」とされていて、特に麓から本丸までの高低差390メートルは日本の城では最大の物です。山城として多くの珍しい特徴をかね備えた高取城の歴史を振り返りながら、その魅力について見ていきます。

高取城の歴史

高取城の歴史

高取城の詳しい築城年数については分かっていませんが、南北朝時代の1332(正慶元)年ころ、南朝方であった越智邦澄(おちくにずみ)によって築かれた物だと考えられています。築城当初は越智氏の本城、貝吹山城の支城でしたが、戦国時代にはいると高取城を本城とするようになります。1532(天文元)年には一向一揆衆が大和国を攻め入り、激戦区となった高取城も被害を受けることになりました。

その後、1580(天正8)年、織田信長により大和国が郡山城のみとされると、高取城は一時期廃城となります。しかし、戦国大名である筒井順慶(つついじゅんけい)により高取城は改修され、1585(天正13)年に豊臣秀吉の異父弟である秀長が大和国の領主となると、本多利久(ほんだとしひさ)によって壮大な山城として完成されました。

関ヶ原の戦いのあとには、本多俊政(としまさ)が高取藩の初代藩主となります。本多氏が絶えると、1640(寛永17)年に譜代大名の植村家政(うえむらいえまさ)が入城し、明治に至るまで十四代にわたり植村氏の居城となります。明治になると高取城は兵部省の管轄となり、1873(明治6)年には廃城となってしまいます。これにより建造物の入札が行なわれ、近隣の寺院などに売却されました。1891(明治24)年には城の建築物は多くが取り壊されることになりましたが、1953(昭和28)年には城跡が国の史跡に指定されました。

高取城の特徴

吉野山系に連なる山に建てられた高取城は、近世に築かれた山城としては最大規模の物でした。本多利久が本格的に近世城郭として完成させた際、山城としては珍しく天守が設けられたのも特徴的です。山麓から本丸までの高低差が390メートルあり、日本三大山城にも数えられるこの城は、難攻不落の山城としても名高い物で、現在も残されている高石垣の迫力は今も見る者を惹き付けます。

また、用水池として用いられていたという水堀があったことも山城としては珍しい特徴です。かつての本丸は地下を含め三重四階の物で、この他小天守、その周りには27もの櫓(やぐら)が配置されていたことが分かっています。