ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

一乗谷城の特徴



福井県福井市にその跡を残す一乗谷城は、日本城郭協会の選ぶ「日本100名城」にも数えられています。足羽川(あすわがわ)の支流、一乗谷川に沿った谷あいに広がる一乗谷をそのまま城塞化した一乗谷城は、「一乗谷朝倉氏遺跡」として国の指定する特別史跡となっています。遺跡には復元された往時の町並や資料館などが設置され、毎年多くの観光客が足を運んでいます。ここでは一乗谷城のもつ歴史と魅力について詳しく紹介します。

一乗谷城の歴史

一乗谷城の歴史

一乗谷城は、1471(文明3)年に越前の守護であった朝倉敏景(あさくらとしかげ)が、一乗山を利用した山城を築いたのが始まりとされています。それ以降、長きにわたって朝倉氏の居城となりました。その過程で一乗谷に多くの家臣が住むようになり、その後の応仁の乱により京都を追われた人々で一乗谷には次第に城下町が形成され、また独特の文化が発展することになりました。「北ノ京」ともよばれたこの谷に広がった京文化は、発掘された史跡からかなりの賑わいをみせていたことが分かっています。

しかし1570(元亀元)年より始まった織田信長との戦により一乗谷は度々攻め込まれ、1573(天正元)年に当時の城主朝倉義景(よしかげ)が自害すると、一乗谷城も焼かれることとなりました。近代に入ると、1967(昭和42)年から大規模な発掘調査が行なわれ、それにより礎石群や茶室跡などの史跡が発見されることで、一乗谷城をめぐる環境が次第に明らかになりました。また、その3年後には城跡を含めた278ヘクタールの土地が国の指定する特別史跡となりました。それ以降も発掘調査により、当時の町並が復元され、多くの出土品が国の重要文化財指定を受けるなど、今もなお新しい発見が続いています。

一乗谷城の特徴

一乗山の山頂を利用して築かれた一乗谷城は、その稜線上に本丸、二の丸、三の丸を据えた連郭式の山城です。それらの曲輪それぞれが空堀と土塁に囲まれており、敵の自由な行動を制限していました。空堀は今も遺跡に見ることができます。また、朝倉氏が居住していた館は山の麓に築かれ、三方が土塁に囲まれ、またさらにその外側に堀がめぐらされると言う徹底した防御ぶりでした。この朝倉館跡に存在する花壇の遺構は、2014年現在では最古の花壇遺構とされています。山間の平地に一乗谷城は置かれ、周辺には城下町が広がっていました。発掘調査によって多くの出土品が発見され、その繁栄の跡が明らかにされるとともに、それら多くの史料が「福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館」で公開されています。