ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

安土城の特徴



滋賀県近江八幡市にその跡を残す安土城は織田信長により築城され、日本最初の天主をもつ城としても有名です。城跡は国の特別史跡にも指定されており、周辺施設には現在は失われてしまった安土城天主上部が原寸大で復元されています。天下を統一した織田信長の趣味がよく表れていたとされる安土城は、その大部分が失われた今も多くの歴史ファンや観光客が足を運んでいます。安土城の歴史と魅力について詳しく見ていきます。

安土城の歴史

安土城の歴史

琵琶湖の東岸に位置する安土城は、1576(天正4)年に織田信長によって築城されました。信長は息子信忠(のぶただ)にそれまでの居城であった岐阜城を譲っていますが、信長には岐阜城よりも京の都に近く、また京都から北陸を繋ぐ街道の要所であるこの地に城を築くことにより、天下統一を見据えていたことが分かります。安土城の築城から3年後に天主が完成し、城郭のすべてが完成したのは1581(天正9)年のことだとされています。そして1582(天正10)年、本能寺の変により信長が死去したあともしばらくは織田氏の居城として城は残されましたが、その後原因不明の火災で天主や本丸を焼失することになりました。

そして1585(天正13)年に安土城は廃城されます。近代に入り、1928(昭和3)年には二の丸跡、1989年には大手門から山頂の本丸に通じる大手道の復元がされるなど、その他様々な復旧、復元に力が注がれています。また1950(昭和25)年には国の特別史跡に指定されることになりました。

日本で最初の天主があった安土城の特徴

安土城は安土山の地形を利用して建てられた平山城です。織田信長の建てたこの城には、それまで城の築城にはない様々な特徴がありました。その代表が天主の存在です。天主は「天守」と書くこともありますが、信長によりつくられた安土城の天主こそが、日本で最初の物とされています。

天主は城の中核をなす建造物でもあるため、そこを利用するのは有事の際のみであることが通例ですが、信長はそこに住んでいたと言われています。また、絢爛豪華な装飾であったことでも知られており、軒瓦(のきがわら)や最上層は金箔で装飾されており、その下の層の内部は黒漆塗りが施されていました。城郭が石垣でつくられたのも、この安土城が始まりだとされています。

現在も残されている石垣は、穴太衆(あのうしゅう)と呼ばれる技能集団によって積み上げられました。これもまたのちの城郭技術に大きな影響を与えることになり、日本城郭史のエポックでもある安土城の意義を充分に伝えるも物となっています。