施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

ホームメイト日本の城リサーチ

城情報

大坂城の特徴



大阪市中央区にそびえる大坂城は、「太閤はんのお城」とよばれ大阪の人たちにとってのシンボルとして親しまれています。現在は大坂城天守閣として博物館などを備えている大坂城は、毎年多くの観光客が足を運ぶ人気スポットでもあります。城郭の規模が江戸城名古屋城とならび日本三大名城にも数えられるこの城の、高石垣の上に建つ巨大な天守は圧巻です。ここでは大坂城の歴史とその魅力について紹介します。

大坂城の歴史

大坂城の歴史

大阪湾に面した台地の上に建つ大坂城には、古代は難波宮(なにわのみや)、中世は石山本願寺が建っていました。この地に目を付けた織田信長は、1580(天正8)年に石山本願寺から明け渡させます。信長は早速その地に築城を開始しますが、本能寺の変により信長はこの世を去り、その城が完成することはありませんでした。

その後、1583(天正11)年に豊臣秀吉が築城を開始します。2年後に天守ができ、城郭全体が完成したのは1599(慶長4)年のことでした。関ヶ原の戦い、大坂冬の陣、夏の陣を経て大坂城は落城することになりますが、夏の陣で大坂城は焼失してしまいます。

時代が下り、幕府の直轄領となると、1620(元和6)年に二代将軍徳川秀忠の命により大坂城の再建が始められます。新たな大坂城は1629(寛永6)年、三代将軍家光のときに完成しますが、この再建作業のなか、かつての豊臣時代を象徴する痕跡はことごとく消し去られました。

江戸末期の1868(慶応3)年には、十五代将軍慶喜が大坂城に一時的に居城します。鳥羽・伏見の戦いに敗れると慶喜は江戸へ退き、大坂城は新政府軍の物となりました。その最中に城内の多くの建造物が焼失します。その後も火災や空襲などに見舞われますが、1931(昭和6)年に復元された現在の天守は大坂城のシンボルとして親しまれています。

大坂城の特徴

大坂城は本丸が二の丸、三の丸に囲まれた輪郭式平城ですが、最大の特徴はその巨大な城郭にあります。現在の天守は五重八階の物で、54.8メートルの高さを誇ります。「大坂夏の陣屏風」を参考にして1931(昭和6)年に再建されたこの天守は、その費用のすべてが大阪市民の寄付により賄われた物で、まさに大阪市民にとってのシンボルと言える存在です。

空堀、水堀に建てられた石垣や大手門、「千貫払ってでもその櫓(やぐら)を奪いたい」と信長に言わしめたことからその名がついた千貫櫓など、残された史跡はどれも大きなスケールと高い技術によりつくられた物です。その他にも多くの建造物が重要文化財に指定され、本丸と二の丸は特別史跡として国に指定されるなど、日本を代表する城とも言えます。