ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

水戸城の特徴



茨城県水戸市は『水戸黄門』で有名な水戸光圀(みとみつくに)が生まれた地です。かつてそこに建っていた水戸城は、徳川御三家のひとつである水戸徳川家の居城でした。現在は城跡に茨城県庁が建てられていますが、藩校として建設された弘道館は今も残されています。近くには梅の名所である偕楽園(かいらくえん)があり、多くの観光客で賑わいを見せています。そうした水戸城の歴史と魅力について紹介します。

水戸城の歴史

水戸城の歴史

水戸城は、鎌倉時代初期に常磐国の馬場資幹(すけもと)が築城したとされています。

それ以降、200年以上にわたり「馬場城」ともよばれ馬場氏の居城となっていました。しかし、室町時代の1416(応永23)年になると、足利幕府の江戸通房(みちふさ)に攻略されます。江戸氏が城主であった時代はそれから7代続きますが、1590(天正18)年、小田原征伐の際に豊臣秀吉側として参戦した佐竹義宣(よしのぶ)が北條氏側の江戸重通(しげみち)を破り、それにより義宣が入城します。本拠を太田城から水戸城へ移した義宣は水戸城の大改修に着手します。その際に城の名は馬場城から水戸城へと改められました。

しかし改築の最中に義宣は秋田へ転封となり、水戸城は武田信吉に与えられることとなりました。信吉の死後は徳川順宣(よりのぶ)が入城し、その後1609(慶長14)年に入城した水戸徳川家の頼房(よりふさ)により、再度水戸城は改修されることになります。その後、水戸城は幕末まで水戸藩の居城として受け継がれました。「真の日本人の育成」を目的とした弘道館は、9代藩主の徳川斉昭(なりあき)により1841(天保12)年に開館され、梅の名所である偕楽園は、同じ斉昭によりその翌年につくられました。

水戸城の特徴

水戸城は北の那珂川(なかがわ)、南の千波湖(せんばこ)に挟まれた丘陵を利用した平城です。本丸、二の丸、東二の丸、三の丸が連なる連郭式縄張りで、天守はなく、二の丸の御三階櫓が天守の役割を果たしていました。また、石垣を設けず土塁と空堀で築かれているのも特徴的です。このように徳川御三家の城でありながら質素なつくりになっている理由には諸説あり、ひとつには徳川家が関東の大名に石垣の建設を認めなかったとも、水戸藩主自体は主に江戸で生活をしているため、築城に石垣をつくる必要がなかったとも言われています。いずれにしても、江戸城との結び付きの強い水戸藩の居城としての特徴が際立つのがこの水戸城です。