施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

ホームメイト日本の城リサーチ

城情報

五稜郭の特徴



新政府と旧幕府による戊辰戦争の最後の戦いが箱館戦争です。五稜郭は、その箱館戦争の舞台であり、北海道函館市に築城された城郭です。五稜郭とは本来星形の城郭全体を指しますが、五稜郭と言えばこの城を指す程代表的な物となっています。毎年5月には函館五稜郭祭など様々なイベントが開かれ、多くの歴史ファンや観光客が足を運んでいるのが五稜郭です。そんな五稜郭の魅力について触れていきます。

五稜郭の歴史

五稜郭の歴史

箱館は、下田とともに1854(安政元)年に締結された日米和親条約によって、外国船の補給港として選ばれた土地です。ちなみに箱館が現在の「函館」と言う表記になるのは1869(明治2)年のことです。

五稜郭は外国船から箱館港を守る目的で1864(元治元)年に築城が開始されました。正式名称は「亀田役所土塁」で、設計をしたのは蘭学者・武田斐三郎(たけだあやさぶろう)です。開始から2年後に五稜郭は完成することになりました。斐三郎はオランダ語が読めたこともあり、西洋式の城を模倣してこの城塞を設計しました。大政奉還により、五稜郭は箱館奉行所から朝廷に明け渡されますが、1868(明治元)年には、旧幕府海軍副総裁榎本武揚(えのもとたけあき)の率いる旧幕府軍が五稜郭を占拠します。新撰組副長土方歳三(ひじかたとしぞう)も加わった旧幕軍は「蝦夷共和国」を建国しますが、その翌年新政府軍からの攻撃を受けることになります。そして5月18日に戦争が終結されるまで、この五稜郭を中心として戦闘が繰り広げられました。旧幕軍は開城降伏し五稜郭は新政府軍に明け渡されます。1872(明治5)年には郭内の建物がことごとく取り壊されました。1914(大正3)年には公園として開放され、また1964(昭和39)年には五稜郭タワーが建設され、現在の姿に至っています。

五稜郭の特徴

五稜郭の特徴は剣先の形の稜堡が五角形に突き出た、西洋式の縄張りを採用している点にあります。また、日本における城郭の主流である高い城壁ではなく低い城壁が採用されているのが特徴です。設計者の武田斐三郎は従来の城郭がこれからの火器を中心とした実戦にはそぐわないとして、死角が少なく効率的に敵を迎撃することのできる、16世紀のフランスで考案されたこの築城方式を採用し五稜郭を設計しました。しかし結果として、箱館戦争時に函館湾に浮かぶ新政府軍の甲鉄艦から撃ち込まれた砲弾は、この城壁を越え郭内へ大きな一撃を加えることとなりました。