ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

重文七城「備中松山城」の特徴



岡山県南西部の高梁市、臥牛山(がぎゅうざん)に建つ備中松山城は、周囲に巨大な岸壁がそびえ戦国時代の在りし日の面影を残した名城です。「現存12天守」のなかでは最小の物でありながら、標高430メートルの場所に建つ天守は日本一の高さに建てられた物です。歴史と風格をもつ備中松山城について、ここでは詳しく見ていきます。

備中松山城の歴史

備中松山城の歴史

備中松山城の前身である城は、すでに鎌倉時代から建てられていました。地頭、秋庭重信(あきばしげのぶ)が臥牛山に砦を築いたのが始まりとされています。臥牛山は大松山、天神の丸、小松山、前山の4つの峰から形成されていますが、重信が建てた砦は大松山に建てられた物でした。そして戦国時代に徐々に縄張りを拡張させ、臥牛山全体へと曲輪が広がっていきます。備中松山城が現在に残されるかたちになったのは天和年間(1681~1684年)に入ってからのことでした。1617(元和3)年に池田長幸(いけだながゆき)が松山藩を建てると、その後、水谷家が備中松山城の城主となります。水谷勝宗(みずのやかつむね)の代になると、幕府の許可を得て備中松山城の大改修を行ないます。これにより、近世に建てられた城としては非常に珍しい山城が誕生することになりました。

水谷家のあとは1695(元禄8)年に安藤重弘(あんどうしげひろ)、1711(正徳元)年に石川総慶(いしかわふさよし)が入城します。1744(延享元)年に板倉勝澄(いたくらかつずみ)が入城すると、明治に至るまで板倉家を城主としています。明治の廃城令により一部が取り壊されますが、1950(昭和25)年に天守、二重の櫓、土塀が重要指定文化財に指定されました。

備中松山城の特徴

備中松山城は近世城郭としては珍しい連郭式山城です。岐阜県の岩村城、奈良県の高取城と並び、日本三大山城とされています。近世の城は政治的機能を備えているため、敷地を広くとれない山城は避けられるのですが、山城である備中松山城では、山麓に御根小屋(おねごや)とよばれる藩主の館を設け、そこで政務を執っていたと言う記録が残っています。現在も本丸へ続く道のりは徒歩のみとなっており、天然の要塞である山城としての特徴を楽しむことができます。天守は三重櫓と呼ばれ、天守の裏に建つ櫓を二重櫓と呼んで区別しています。その天守は二重二階で、「現存12天守」のなかでは最小の物です。また、重要文化財にも指定されている土塀は白壁に仕上げられており、備中松山城のもっとも代表的な特徴を示しています。また、かつて水谷家が領地召し上げになった際、それを説得したのが「忠臣蔵」で有名な大石内蔵助(おおいしくらのすけ)とされています。臥牛山の山麓には大石が腰かけたと言う腰掛石が残されています。