ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

重文七城「丸岡城」の特徴



福井県坂井市に建つ丸岡城は、その天守が重要文化財に指定される名城として、毎年多くの観光客が足を運んでいます。城を取り囲む霞ケ城公園には約400本のソメイヨシノが植えられ、桜の名所としても知られています。特に「現存十二天守」のなかでもっとも古くにつくられたとされる天守は、北陸唯一の物としても高い価値を持っています。ここでは丸岡城のもつ魅力について詳しく説明します。

丸岡城の歴史

丸岡城の歴史

丸岡城は1576(天正4)年、柴田勝豊(しばたかつとよ)によって築城されました。その前年、織田信長が越前を平定した折にその領地を柴田勝家(かついえ)に与えますが、勝豊はその勝家の甥にあたります。1582(天正10)年、清洲会議の結果勝豊が近江に移ることになると、勝家は安井家清(やすいいえきよ)を城主にしました。その後、柴田勝家の死により青山宗勝(あおやまむねかつ)に城主が変わりますが、関ヶ原の戦いにおいて西軍であった青山氏は改易され、代わりに今村盛次(いまむらもりつぐ)が入城します。

そして1612(慶長17)年に新たに本多成重(ほんだなりしげ)を城主に迎えますが、現在残されている石垣はこのころにつくられた物と考えられています。このため、この時期に天守が一部改築されたと言う説もあります。また、築城時の石垣をつくる際に石垣が何度も崩れたことから人柱を立てることになり、そのときに選ばれた「お静」と言う女性の亡霊が現れたと言う井戸「蛇ノ井」が残されることになりました。丸岡城には「霞ヶ城」と言う別名がありますが、これはこの城の守護神である大蛇が城の危機には霞を吐き、それが城を覆い隠すからだと言う理由からです。明治になると廃城令により天守のみが残されることとなりました。そして、1948(昭和23)年の福井地震で天守も倒壊しますが、材木をもとの通りに組み直し修復されました。

丸岡城の特徴

丸岡城は連郭式の平山城で、石垣の上に独立式望楼型の二重三階の天守を備えています。天守の屋根には瓦ではなく笏谷石(しゃくだにいし)と言う石が葺かれていますが、これは丸岡城が豪雪地帯に建てられているため、瓦では寒さにも弱く割れてしまうことがあり、寒さに強い笏谷石が用いられたと言うことです。また、野づら積みとよばれる方法で積まれた石垣も、排水がよく大雨や大雪でも崩れることがないと言う気候上の配慮があります。かつては天守を取り囲む五角形の内堀や、折り曲げられた外堀があったことが分かっています。外堀は現在、水路として残っています。