施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

ホームメイト日本の城リサーチ

城情報

城主大名とは



大名と言う言葉のもつ意味は、時代とともに変容を遂げてきました。平安から鎌倉時代にかけては多くの名田(みょうでん)を所有している者を、南北朝から室町時代にかけては守護大名のことを指していました。やがて戦国時代に入ると広い支配領域をもつ戦国大名が現れますが、徳川幕府が全国を統治する江戸時代に入ると、大名とは1万石以上の領地をもつ諸侯を指すようになります。ここでは特に近世における城主大名について詳しく説明します。

江戸時代における大名の分類

江戸時代における大名の分類

関ヶ原の戦いを終えて徳川将軍家が生まれると、諸国の大名には序列が決められることとなります。まず、大名は大きく分けて譜代大名と外様大名に分けられます。譜代大名とは関ヶ原の戦い以前から徳川家の家臣であった大名で、外様大名は関ヶ原の戦いに前後して徳川家の家臣となった大名のことです。譜代大名は徳川家からことの他取り立てられたのに対し、外様大名は関ヶ原において徳川と対峙していた人物が存在したため、厳しい処遇を受けることになりました。

また、これら大名は譜代、外様にかかわらず格によって名称が分けられます。一国をもつ大名を国主大名、国はもっていなくてもそれに準じる格式を与えられた大名は準国主大名と言われます。国主大名は国持(くにもち)大名とも言われますが、なかでもとりわけ有名なのが「加賀百万石」とも言われる加賀藩の前田家でしょう。もとは外様大名であった前田家ではありますが、婚姻関係による徳川将軍家との結び付きが強いことから、加賀藩は加賀、能登、越中の3ヵ国を所領することになりました。

国主大名と準国主大名以外で、城を所有している大名が城主大名です。城を持たない大名は無城大名、または陣屋大名とよばれましたが、そのなかでも2万5千石以上の俸禄がある場合は準城主大名として城主大名と同格の扱いを受けることになりました。

城主大名について

城主大名は、徳川時代に5階級に分けられた大名の格式のひとつです。徳川家から公に、居住地として城に住むことが許されている大名のことを指し、近江国の伊井家、播磨国の酒井家などがあります。徳川体制が整ってすぐ1615(慶長20)年に一国一城令、続いてのちに武家諸法度が公布されたことで、江戸幕府を中心にどの藩がどの地域を治めるかがはっきりと定められ、その際の政治拠点としての城の存在も制限されることになりました。また、これより小藩の大名が住む場所は陣屋として、城とは明確に区別されることになりました。大名の格式を定めると言うのは、強固な政治基盤を築こうとする方策のひとつでもあったのです。