ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

城郭都市とは



都市全体が城壁や堀などに囲まれた城郭都市は、中国やヨーロッパなどに多く見ることができます。城塞都市とも言うように、その目的は領主の住む館を含めた都市全体の防備にありました。しかしその一方では、領主のもとに住む住民たちを逃がさないようにしていたと言う説もあります。日本には都市全体を壁で囲んだこのような城壁都市は見られませんが、これに類似した例は多く見られます。ここでは日本や世界の城郭都市について詳しく説明します。

日本の城郭都市

日本の城郭都市の特徴を紹介します。

環濠集落

環濠集落

城郭都市をつくる目的が都市全体に及ぶ共同体を守ることにあるとすれば、日本の古代の環濠集落もひとつの城郭都市であると言えるでしょう。弥生時代だけではなく中世の集落にも見ることのできる環濠集落は、堀や土塁を集落のまわり全体にめぐらせた物です。例えば弥生時代の物とされる吉野ケ里遺跡には、支配者層の居住区域と被支配者層の居住区域に分けられており、小規模ではありますが城郭都市としての特徴を見ることができます。

総構え

近世になると、領主の住む城郭の外には庶民の住む城下町が広がり、城郭だけではなくその周りの都市を含めた一帯にまで防御線が張られるようになります。これを総構えと言います。自然の地形などを利用することもありますが、人工的につくられた外堀も総構えに含まれます。小田原城の総構えは空堀と土塁でつくられた、周囲の全長が約9キロメートルにも及ぶ長大な物でした。総構えはこれ以外にも江戸城彦根城高知城などに見ることができます。

御土居(おどい)

環濠集落、総構えの他にも日本の城郭都市と考えられるのが御土居です。御土居は1951(天正19)年に豊臣秀吉による京都の町割の再編の際に築かれた物で、堀と土塁でできておりその長さは22.5キロメートルに及びます。御土居の内側を洛中、外側を洛外に分け、これが京都の町づくりに大きな影響を与えることとなりました。御土居の上には竹が植えられていますが、秀吉が「美観のため」として植えたと言う説があります。

世界の城郭都市

世界には多くの城郭都市が見られますが、中国の西安や南京、韓国の水原などでは東アジアで見られる代表的な城壁が残されています。また、ロールプレイングゲームなどでよく目にする中世ヨーロッパの城の特徴は、フランスのカルカソンヌ、イタリアのパルマノヴァなどに見ることができます。それ以外にも狭義、広義にかかわらず各国に多くの城郭都市の跡が残されており、歴史遺産や観光地として人々を楽しませています。