ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

堀・土塁とは



城の本来の機能は戦にありました。そのため、戦闘に備えた多くの設備が城には設置されていますが、なかでも堀と土塁は、敵の侵入を防ぐために欠くことのできない物です。この2つは、城郭建築の発展や戦の方法とともに様々な変化を遂げていきます。ここでは、堀・土塁のもった役割やその変遷、またそれぞれの種類などを詳しく見ていきます。

堀の歴史

堀の歴史

城の堀と言うと、多くの人が城郭を取り囲む水堀を想像しますが、中世では城の多くが山城と呼ばれ、山の地形を利用した物でした。そのため、ほとんどの堀は水のない空堀でした。また、鉄砲が伝来して戦のスタイルが変わり、ほとんどの城が平地に建てられる平城や平山城になった近世では、堀の主流は水堀となりますが、名古屋城のように城の内部にある内堀が空堀であるケースは多く残されています。水堀は幅が広ければ広いだけ敵の侵入を防ぐことができますが、それにも限界があるため、菱を植えたり水鳥を放したりしておくことでさらに防備能力を高めるよう工夫がされていました。現在では、多くの城郭で中堀や外堀が埋め立てられてしまいましたが、名古屋城などでは外堀を見ることができます。

堀の種類

空堀は山の地形を切り崩すことでつくられます。尾根を切断した物を堀切、山の斜面を縦切りにした物を竪堀(たてぼり)と言います。また堀のかたちによって薬研堀(やげんぼり)、箱堀、毛抜堀といった種類に分けることができます。敵が堀を渡ることを防ぐために堀のなかに細かく区切ってつくられた土手を堀障子と言いますが、これのある堀は障子堀と言います。水堀は、城の内側と外側に多重につくられることが多く、それが二重の場合は内堀と外堀、三重に及ぶ場合は、内堀、中堀、外堀と言います。また、外堀のことを総堀と言うこともあります。

土塁の特徴と歴史

土塁は石垣と同じように城郭の防衛線ですが、傾斜ができるように土を盛ることで外部からの敵の侵入を防ぐことが主な役割でした。また、城郭の最も外側に築かれていたことが特徴です。山城では山の傾斜自体が土塁のような物であるため容易につくることができますが、平城や平山城ではゼロの状態から土塁をつくらなければなりませんでした。土そのものを運ぶ必要がありましたが、堀を掘った際に余った土を用いることが通例でした。明治以降は多くの城郭で外側の部分を取り壊してしまったため、残ったかたちを見ることはあまりできませんが、弘前城、高遠城、宇和島城などに残されています。