ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

城情報

石垣とは



城を特徴付ける要素のひとつに石垣があります。もともとは様々な種類の石を積み上げて作られた壁や柵のことで、日本だけでなく多くの国の建造物に古くから見られる物です。用いられる石は天然の素材をそのままに使用する場合と加工して使用する場合があり、その景観も含めて城好きには人気のある建造物です。ここでは城に用いられた石垣について詳しく見ていきます。

石垣の歴史

石垣の歴史

日本の城に石垣が見られるようになるのは、桃山時代、江戸時代といった近世に入ってからのことです。それまでの城に石垣はほとんど見ることができず、戦国時代に入り曲輪(くるわ)を拡大し、城全体が巨大化していったことから耐性の強い石垣を作る技術が必要とされるようになりました。

石垣の種類

石垣は天然の石を運んで単に並べるだけでは作ることができません。仮にそのように作ったとしてもバランスが悪く、とてもその上に巨大な建造物を乗せることはできないからです。石垣を作るには多様かつ高度な技術が必要とされ、ひとつの城でも数種類の石垣を見ることができます。石をさほど加工せずに積まれた状態を野面(のづら)と呼びますが、これは宇和島城に見ることができます。

しかし、この場合は石と石の間にすき間ができてしまい、また侵入者が上りやすいと言う欠点もありました。より強固な石垣をつくるには石を加工して積み上げる必要が生じますが、石と石の接合部分を加工して隙間をなるべく作らないようにしてあるのが打込接(うちこみはぎ)、隙間がなくなるように石を加工してあるのが切込接(きりこみはぎ)と言われます。前者は上野城、後者は高松城などに見ることができます。また、石を加工することにより横方向に揃えて石を積む布積(ぬのづみ)、そろえずに積み上げる乱積(らんづみ)など石の積み方も多様化しました。

石垣ができるまで

巨大な石垣ができるまでには、まず石を切り運ぶ必要があります。石垣に用いる石は巨岩から切り取られますが、岩に切り取り線のような穴を掘って割りました。その石をときには海路を使い運んだと言うのですから、城作りとはまさに一大事業でした。石垣の一番下の石を根石、根石から上を積み石と言いますが、石と石の間に用いる間石(あいだいし)や、積み石の後ろに飼石(かいいし)や栗石(くりいし)を入れて石垣全体が安定するようにします。

石垣づくりの技術

日本の石垣の特徴は勾配があることにあります。地震が多い国に耐えられるようにと言うことと、忍返とも呼ばれるように、外部からの侵入を防ぐと言う目的がありました。勾配を作るため、隅に用いる隅石(すみいし)の加工には高度な技術が要求されました。また、見栄えを良くするためにできあがった石垣の表面をノミで丁寧に仕上げていくこともあり、高度で根気のいる技術が用いられているのが石垣と言えます。