施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

ホームメイト日本の城リサーチ

城情報

城の歴史(中世~現代)



中世に入ると城の数は次第に増えていき、戦国時代にピークを迎えます。やがて徳川体制となり、いわゆる太平の世となると、城の数は減っていくこととなりました。時代の変遷とともに城の持つ役割も変わっていきます。ここでは中世から現代に至るまでに変化していった城の役割や特徴について見ていきます。

中世の城

中世の城の特徴を紹介します。

鎌倉から南北朝時代

鎌倉から南北朝時代

鎌倉時代までは館を拠点として活動していた武士が、南北朝時代に入ると山城を築くようになります。楠正成の千早城や赤坂城に代表されるような、反幕府勢力の対抗措置として築城されたこれらの山城は、山の地形を利用した軍事施設として用いられました。山上に設けられた城に合わせて、麓には居住用の館が設けられるようになりますが、戦国時代になると、武田信虎が築城したとされる要害山城のように、山上の城に居住スペースが作られた山城が出現するようになります。

室町から戦国時代

戦国時代に突入すると、城の築城数は飛躍的に伸びていくことになり、まさに群雄割拠の時代に入ります。相手を打ち倒すことだけを目的とするのではなく、自分の物となった領地を経済的に運営し政治的にも支配していくために、山城ではなく平地を一望できる平山城が丘陵に多く建てられるようになりました。このことは城が臨時的ではなく恒常的な目的を果たすための建物となったことを意味します。

また、戦闘が1対1ではなく鉄砲などを用いた集団戦になったことも、城が平地を必要としたことの大きな要因です。この傾向が進んでいくと、平城とよばれる、さらに平地に建てられた城が主流となります。それぞれの領主が抱える戦力も家臣も増えていくことで、城そのものが大きくなっていくのが特徴です。

近世の城

戦国時代が末期に至りやがて終焉を迎えると、織田信長の安土城、豊臣秀吉の大坂城に代表されるような絢爛豪華な城が建てられるようになります。石垣や天守、城門を備えたこのころの城は、現在一般的にイメージされる城にもっとも近い物です。江戸時代に入ると、徳川幕府が一国一城令を発布します。一大名に付きひとつの城のみ所有できるとしたこの法令により、多くの城が破棄されることとなりました。

近・現代の城

明治になり、廃城令によりさらに多くの城が失われることとなりました。これらの跡地には役所や公園が設置されましたが、軍の駐屯地となった場所では第二次世界大戦で米軍からの攻撃対象とされました。現在も天守が残っている城はわずか12城となっています。昭和に入ると城の復興事業がさかんに行なわれるようになり、またかつての史料に基づいた復元事業も行なわれ、1993年に姫路城、2000年に首里城跡が世界遺産として登録されるなど、町おこしや観光地として注目を浴び続けています。