ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト日本の城リサーチ

城郭用語集

ここでは一般的な城郭用語をご紹介致します。

城郭用語一覧

あ行

安土馬出
(あづちうまだし)
土塁・堀で設けた虎口前に一文字の土居を築いただけの馬出を言います。
穴太積み
(あのうづみ)
石垣を積むときの技法で、近江国穴太の石垣築造者集団である穴太衆が用いていた方法からこの名が付きました。技法上の特徴は平石を横に積むことです。
石落し
(いしおとし)
天守閣・櫓・塀などに設けられたもので壁面の一部を石垣から少し張り出させ、そこから石を落とし石垣を登ってくる敵を迎え撃つ装置のことです。
犬走り
(いぬばしり)
塀の外側の狭い部分を言います。土居の方向と平行になっており土居の見回りに用います。
江戸城席次
(えどじょうせきじ)
幕府は大名の格式を区分するために、江戸城中に出仕した場合、その詰める座敷及び部屋の名前をもって身分を表しました。これを殿中席次と言い、大名・旗本の家柄・禄高・役職によって定められていました。
大手門
(おおてもん)
まぎれもなく城の正面。または追手とも記します。大手門は城の表の門、これに対し、城の裏を搦手(からめて)門と言います。
帯郭(おびぐるわ)
帯状の細長い郭のことです。ひとつの郭の外側に細長く一段低く設けられたものを言います。

か行

改易(かいえき)
現任者を解職して新たな者を任ずることを言います。江戸時代では武士の所領や家禄・屋敷を没収し、士籍から除くことを言います。
唐破風(からはふ)
そり曲がった曲線形の破風を言います。
空堀(からほり)
水のない堀を言います。水堀だと舟で近づかれますが、空堀はそれがなくかえって堅固でした。
搦手(からめて)
城の背後のことです。野戦のとき敵の背後にまわって逃げる兵を搦め捕ることからきました。城の裏門を搦手門と言います。名の格式を区分するために、江戸城中に出仕した場合、その詰める座敷及び部屋の名前をもって身分を表しました。これを殿中席次と言い、大名・旗本の家柄・禄高・役職によって定められていました。
切込接ぎ
(きりこみはぎ)
石垣の積み方のひとつで石のそれぞれの面をタガネで加工し、表に出る部分の石が、一つひとつ密着するようにつまれたものを言います。
食違(くいちがい)
虎口の部分で左右の土居が一直線ではなく、一方が前に出、もう片方があとに築かれ一部分が重なっているものを言います。この食違があると敵は一直線で城内に進入することができず、まっすぐに進んで土居にぶつかり、左または右に曲がって中に入らなければなりませんでした。
(くるわ)
曲輪とも書きます。城を築くとき削平地を作って土居や堀で仕切りますが、この仕切られた一画を言います。近世城郭では「丸」と呼ばれ、主要な郭を「本丸」ついで「二の丸」、「三の丸」と付けられています。
虎口(こぐち)
城の出入口を言います。

さ行

狭間(さま)
天守閣・櫓・塀などの壁面に設けられた穴で、使用する武器によって矢狭間、鉄砲狭間、鑓狭間などがあり、形状から三角狭間、箱狭間と呼ばれることもあります。
陣屋(じんや)
無城の大名や交代寄合の館舎を陣屋と呼びました。
勢溜(せいだまり)
武者だまりとも言います。虎口の近くに設けられた施設で、城内から打って出るときのために城兵を待機させておくために設けた一画です。
総曲輪
(そうくるわ)
城下町全体を土居・石垣・堀で囲んでいるもので囲郭のことです。小田原城や大阪城が有名です。

た行

多聞(たもん)
石垣の上に築かれた長屋のことで、多聞櫓・多聞長屋とよばれています。建物の壁面を石垣の面にそろえることにより、建物の壁そのものを城壁として用いました。松永久秀が大和の多聞山城ではじめて築いたことからこの名があります。
千鳥破風
(ちどりはふ)
天守閣や櫓などの屋根の上に設けた三角形をした破風を言います。
詰めの城
(つめのしろ)
本城の背後を警戒し、本城が支えきれなかったときに最後の拠点となる城です。味方の城内では一番奥に築かれます。
出城(でじろ)
本城以外の城で領内の重要地点や敵国との境目に築かれます。
天守閣
(てんしゅかく)
城の中心となる城内最大の櫓を言います。

な行

海鼠壁
(なまこかべ)
城の塀や櫓、壁面によく用いられた外壁仕上げの方法で、方形の平瓦を張り漆喰で周囲を固めたものを言います。
縄張(なわばり)
城を築くとき郭の配置などを決めることを言います。

は行

破風(はふ)
屋根の切妻に付いている合掌形の装飾板で、千鳥破風、唐破風などの種類があります。
平城(ひらじろ)
近世に多くみられ、平地に築かれた城で石垣や堀(濠)で防御しているものが多いです。
平山城
(ひらやまじろ)
小高い山や丘と平地を包括した山城と平城の折衷式の城のことを言います。
(ほり)
城や館の周囲に掘られたり、郭と郭を区切るときに用いられます。形状から箱堀、薬研堀、片薬研堀、毛抜堀などがあります。

ま行

桝形(ますがた)
馬出とともに虎口防衛の施設で、土居や石垣・堀で囲って四角にした一画のことを言います。
水城(みずじろ)
海や湖沼近くで、それらを防御に利用して築かれた城のことを言います。海城(うみじろ)とも言います。
水の手(みずのて)
城中の生活に必要な水の用水・水路のことを言います。水の手を守るため特別に井戸曲輪が設けられることもありました。
武者走り
(むしゃばしり)
土居や石垣の上の平面において堀の内側の広い部分を武者走りと言います。敵の動きによって城中で守兵がそれに対応して移動する場所でした。
虎落(もがり)
空堀の底の所に竹を枝がついたまま敵に向けておいたり、太い竹の先を斜めに切り敵に向けたものを言います。

や行

(やぐら)
はじめは屋根が無く木を組み上げただけでしたが次第に堅固なものとなっていきました。門の上に渡したものを櫓門、 城壁に沿って建てた細長いものを多聞櫓、 二階建てのものを二階櫓と言います。
山城(やまじろ)
山の地形を利用して築かれた城で、分類上、比高150メートル以上のものを対象としています。