ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大垣城

大垣城
天守閣と水之手櫓】
関ヶ原の合戦の舞台にもなった大垣城。今では中は資料館になっています。
天守閣と城門】
四層四階建ての天守閣です。1945(昭和20)年の戦災で消失しましたが、1959(昭和34)年外観は当時のままで再建されました。
【天守台石垣】
天守台の石垣。一見無造作に積まれていますので「笑い積み」とも言われています。
【表門】
大垣城の表門です。大垣城跡は現在、大垣公園となっています。

【解説】

大垣城の創建には諸説があり、1500(明応9)年に竹腰尚綱による物と1535(天文4)年豪族の大垣氏が砦を構えていた物を土岐氏の一族宮川安定がこれを奪い城を築いたとする物、1548(天文17)年竹腰氏再入城のときなどがあります。

1563(永禄6)年、氏家直元はそれまで本の丸・二の丸だけであった城を大規模拡張し、1596(慶長元)年に城主となった伊藤祐盛が天守を築きました。
城は美濃平野北西部の沼沢と河川を利用した平城で、ほぼ整形の本丸、二の丸三の丸と南に連なっています。

【データ】

よみ:
おおがきじょう
所在地:
岐阜県大垣市郭町
別名:
巨鹿城
建造物:
平城・外観復興天守