ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

伊賀上野城

伊賀上野城
【城郭】
天守は三層三重の大天守、外壁は木造瓦葺き、白壁込めによる純日本建築様式土蔵壁とし、本体の総丈76尺(約23メートル)。
【天守のない城】
武家諸法度により諸大名の城普請が禁止されたことから、天守は再建されることなく時を刻むこととになりました。
【伊賀上野公園】
伊賀上野公園には、上野城を中心とした伊賀流忍者博物館、俳聖殿があります。
【石垣】
藤堂高虎は特に大坂方(豊臣氏)に備え、西方には広大な高さを誇る石垣をめぐらしています。

【解説】

1608(慶長13)年、豊臣秀吉の没後、関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康が政権を握り、その地位を確立するに及んで、伊賀・伊勢の城主として藤堂高虎が伊予から移ってきました。
高虎は「津は平城なり。当座の休憩所までと思うべし。伊賀は秘蔵の国、上野は要害の地、根拠とすべし」との家康からの密名を受け、古城を拡張するため大改修に力を注ぎました。

城下町を南に移し、完全武装した軍備の町も建設しました。また、五層の天守も築きましたが、1612(慶長17)年竣工直前に暴風雨のため天守が倒壊した後、1935(昭和10)年には復興天守が建てられ、藤堂高虎の石垣と共に大きな見所となっています。

【データ】

よみ:
いがうえのじょう
所在地:
三重県上野市丸ノ内
別名:
白鳳城
建造物:
平山城・観光用模擬天守