ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト日本の城リサーチ

岐阜城

岐阜城
天守閣
岐阜城は、一階から三階までが郷土資料館、四階が展望台となっています。
【金華山山頂より】
金華山山頂からは、雄大な美濃平野を一望できます。見えている川は長良川です。
【金華山】
山頂へは馬の背道で約20分程度、瞑想の小道からだと30~40分程度で登ることができます。
天守閣2】
現在の城は、1956(昭和31)年7月、岐阜城再建期成同盟によって復興された物で、鉄筋コンクリート造り、三層四階構造です。

【解説】

鎌倉幕府の執事・二階堂山城守行政が稲葉山(金華山)に築城した山城です。
城主・斉藤道三の嫡男義龍とその子龍興は織田信長の美濃攻めにあい、1564(永禄7)年敗北しました。
1567(永禄10)年、織田信長は金色木瓜の大旗をなびかせて入城し、稲葉城を岐阜城と改め天下統一の策源地としました。
1600(慶長5)年の関ヶ原合戦時の城主は信長の孫・織田秀信(信忠の嫡男で織田家の嫡流、幼名を三法師)でありました。

ロープウェイでも登れる山頂の城には、三層の天守と模擬隅櫓が観光用に建てられています。

【データ】

よみ:
ぎふじょう
所在地:
岐阜県岐阜市金華山
別名:
稲葉山城
建造物:
山城・模擬天守閣