ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト日本の城リサーチ

宇和島城

宇和島城
天守閣】重要文化財
再建後の天守は三重三階で、望楼型から層塔型になっています。
【遠景】
城山は周囲1300メートルの独立した山で、450種もの樹木や植物が繁茂し、築城以来斧を入れたことが無いといわれる自然林です。
天守閣2】
国の重要文化財に指定されていますが、さほど大きくはない天守閣です。
【白壁の総塗ごめ造り】
正面最上階の屋根に唐破風、二層に大型の千鳥破風、その下に二つの千鳥破風を並べられています。

【解説】

海抜約80メートルの城山に建つ宇和島城は、1595(文禄4)年に豊臣秀吉より伊予宇和島7万石を与えられた藤堂高虎によって築城された平山城です。
石落しや銃眼はなく、石垣も低く犬走りがあり、玄関には式台がついています。

2代藩主・伊達宗利は藤堂高虎の築城より70年を経て老朽化していた城を、1664(寛文4)年から大改修しました。現存する三層三階の天守もこの時に修復された物です。

【データ】

よみ:
うわじまじょう
所在地:
愛媛県宇和島市丸之内一丁目
別名:
鶴島城
建造物:
平山城・現存天守閣