ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト日本の城リサーチ

今治城

今治城
天守閣
再建された五層六階の天守閣。現在内部は展示室となっています。
【海城】
に海水を導入した全国的にも珍しい海城。五層六階の天守閣からは来島海峡大橋や西日本最高峰の石鎚山が眺望できます。
天守閣2】
今治城の天守は丹波亀山城に移築されたと云われることから、亀山城天守を参考にして再建されているそうです。
【御金櫓】
二の丸跡に建つ御金櫓は郷土美術館、山里櫓は古美術館として、郷土にゆかりのある品々が展示されています。

【解説】

今治城は関ヶ原合戦の戦功により宇和島城・大洲城の城主から東伊予20万国に増封された藤堂高虎が、水軍の基地などに不便なために新しい居城を築こうと瀬戸内海海岸を選び1602(慶長7)年より築いた城です。

今治城は高松城(香川県)、中津城(大分県)とともに日本三大水城のひとつです。
城内は内堀、中堀、外堀とが三重にめぐらされ、すべてのが瀬戸内海の海水とつながっていて、潮の干満での水位も変わると言います。

【データ】

よみ:
いまばりじょう
所在地:
愛媛県今治市通町
別名:
吹揚城
建造物:
海城・模擬天守閣