ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

中津城

中津城
天守閣
現在の天守閣は、奥平家と中津市の協力のもとに薬研堀に面した本丸上段の東南隅櫓跡近くに1964(昭和39)年に建てられた物です。
【遠景】
現在の城は大小の模擬天守がそびえていますが、これは元の天守の位置とは全く異なる地に造られています。

満潮時には、内堀に瀬戸内海の水が流れ込むので、堀の水位が変化します。
【福沢諭吉】
福沢諭吉も下級武士の子として中津に生まれました。

【解説】

中津城は、黒田官兵衛孝高が、豊前海に臨む山国川河口の地に築城したのが始まりです。
のちに細川忠興が大修築し、小笠原家、奥平家の居城となりました。
当時の中津城は、北部九州の雄藩にふさわしい威容を誇り、城内の形状が扇形をした地形から、「扇城」とも呼ばれていました。
現在の城は、1964(昭和39)年に再建した物で、五層の天守閣と二層のからなっています。

中津城は今治城、高松城と共に「日本三大水城」と呼ばれる海城です。

【データ】

よみ:
なかつじょう
所在地:
大分県中津市二ノ丁
別名:
扇城・丸山城
建造物:
海城・観光用模擬天守