ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト日本の城リサーチ

杵築城

杵築城
天守閣
天守内部には歴代藩主ゆかりの品々が展示されています。
【遠景】
臥牛とは台山の形状が牛の寝た姿に似ていることに由来しています。
大手門
小さな大手門です。北台にある藩校の門や藩校模型学習館等は、現在杵築小学校にあります。
【藩校の門】
現在も小学校の門として使用されています。

【解説】

室町時代初期の1393(明徳4)年、豊後の守護大名であった大友氏の一族木付頼直が築城しました。
1586(天正14)年、豊臣秀吉の九州征伐の折り、九州統一を目指していた薩摩の島津義久は、3万余の軍勢を率いて豊後の大友宗麟を攻め、豊後の諸城を落とし、ついに杵築城に迫りましたが、杵築城主木付鎮直は籠城して奮戦しました。
1587(天正15)年、豊臣秀吉による九州征伐では大友氏は秀吉に従ったため、木付氏もようやく危急を脱することができました。

【データ】

よみ:
きつきじょう
所在地:
大分県杵築市大字杵築
別名:
木付城・臥牛城・勝山城
建造物:
平山城・観光用模擬天守