ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

長浜城

長浜城
天守閣
三層の模擬天守が建てられ、中は資料館となっています。
天守閣2】
1575(天正3)年秋頃には、秀吉は小谷から今浜城に移り、地名を「長浜」と改めて1582(天正10)年まで在城しました。
【豊公園】
豊公園(ほうこうえん)は長浜城本丸跡を中心に整備された公園で、同城城主であった豊臣秀吉公にちなんで名付けられました。
【遠景】
「秀吉の長浜城」を再興しようと言う市民の熱望によって、天正期の城郭を想定し建築されています。

【解説】

1575(天正3)年に羽柴秀吉が入城し、長浜と改名する以前は今浜城とよばれていました。
今浜に最初に城を築いたのは京極道誉でした。
信長の死後、清洲会議で長浜は越前・柴田勝家の領地となり、勝家は甥の柴田勝豊にこの城を任せますが、冬の積雪で越前から動けない間に羽柴秀吉に落とされて、近江進出の足がかりを無くしてしまいます。

清洲会議の後、柴田勝豊、山内一豊が城主となり、関ヶ原の戦後に内藤信成が城主となった後、1615(元和元)年の一国一城令で廃城となり、内藤氏は摂津高槻に移りました。

【データ】

よみ:
ながはまじょう
所在地:
滋賀県長浜市公園町
別名:
今浜城
建造物:
平城・模擬天守