ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト日本の城リサーチ

岸和田城

岸和田城
天守閣
1954(昭和29)年、鉄筋コンクリート造りで三層の天守閣が再建されました。
天守閣2】
天守は、本来五層天守でしたが今は同じ天守台に三層の復興天守が建っています。
【郷土資料館】
天守閣とは市立郷土資料館として、岡部家の遺品や武具、古文書や美術品などを展示しています。
犬走り石垣】
石垣の下に「犬走り石垣」と呼ばれる周提帯があり、大変珍しい造りです。

【解説】

建武親政期、和泉守護となった楠木正成が和泉国府の南の守りとして築城しました。
一族の和田新兵衛高家を城主とし、築城当初は岸の城と呼ばれていましたが、城主和田氏を「岸の和田氏」といったところから地名岸和田が定着し、岸和田城と呼ばれるに至りました。

岸和田と言えば約300年前に始まった、だんじり祭りが有名です。
「泉州・岸和田 5万3千岡部の城下 過ぎたるものがふたつある だんじり祭りに千亀利のお城 よくぞ生まれた岸和田に」と歌われているそうです。

【データ】

よみ:
きしわだじょう
所在地:
大阪府岸和田市岸城町
別名:
千亀利城
建造物:
平城・模擬天守閣