ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高田城

高田城
【三重櫓】
築城当初のは二重のでしたが、1665(寛永5)年松平光長の時代に地震で倒壊した際、三重のに生まれ変わりました。
【西堀橋】
外堀(西堀)を渡り、ブロンズプロムナードという散歩道を南へ行けば、一面の蓮とそれを貫く朱色の西堀橋が見えてきます。
【遠景】
1993(平成5)年、高田城のシンボルとも言える三重櫓が復元され、内部には高田城の歴史に関する資料が展示されています。
【石垣のない平城
石垣が全くなく、三重櫓も土累の上に建っています。また幅の広いに囲まれているのも特色にあげられます。

【解説】

越後高田は、「雪の城下町」として名高く、かつての英雄、上杉謙信の春日山城の眼下に位置し、中越を押さえる絶好の所でありました。
1614(慶長19)年徳川家康の六男松平忠輝の居城として築かれた高田城は、本丸を中心に二の丸、三の丸と輪郭式縄張をとり、外堀に囲まれた城域は南北1キロ、東西600メートルにわたっています。

平城の高田城には、他の平城と違った二つの注目すべき点があります。
ひとつめは、近世城郭の代表的な建築物とされている天守閣がなく、本丸南西隅の三重櫓となったことです。
二つめは石垣が積まれず、土塁と水堀が現在も遺構を留めていることです。
石垣のない平城は希で、時間的な問題があったため、築かれなかったと推定されています。

【データ】

よみ:
たかだじょう
所在地:
新潟県上越市本城町
別名:
鮫ヶ城
建造物:
平城・模擬御三階櫓