ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト日本の城リサーチ

岩国城

岩国城
天守閣
古図面を元に復元された天守は本来の位置とは異なります。
【錦帯橋】
錦川に架かる日本三大名橋のひとつで、日本三大奇橋のひとつでもあります。
【錦雲閣】
現在はの一部が残り、に臨んでのような錦雲閣が建っています。
【目加田家住宅】重要文化財
吉香公園内にある、数少ない中級武家屋敷の遺構。
江戸時代中期に建てられた入母屋作りの建物で国の重要文化財です。

【解説】

1608(慶長13)年に吉川広家が7年を費やして築いた山城で、標高300メートルの横山山頂には空堀・本丸・二の丸・北の丸跡の石垣が今も残り、本丸には唐造りの三層天守があります。
そして、天守を中心に各を配し、錦側を外堀として防御を固めていました。
1962(昭和37)年に鉄筋コンクリートにより復興され、内部は武具・刀剣類など藩に関する展示が行なわれています。

復興された天守は、錦帯橋からの景観を考慮して本丸北隅にあった物を南隅に移動しています。

【データ】

よみ:
いわくにじょう
所在地:
山口県岩国市横山
別名:
横山城
建造物:
平山城・模擬天守閣