ご希望の日本の城情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

城ワールド
日本の城
トップページへ戻る
トップページへ戻る

福山城

福山城
天守閣
地階から最上階まで、福山の歴史と文化を伝える資料を豊富に展示しています。
天守閣2】
天守閣は1966(昭和41)年に復元した物で、内部は博物館になっています。
【筋鉄御門】
城への南門です。扉や柱に沢山の筋状の鉄の板を打ちつけてあるのでこの呼び名がつけられました。国の重要文化財です。
【湯殿】
湯殿は伏見城の遺構でしたが空襲で焼失して戦後、復元されました。

【解説】

1619(元和5)年水野勝成が備後10万石の領主となり、この地に福山城を築きました。
当時徳川幕府は一国一城という政策をとり各地の城を取り壊していました。
このような時新しく城を築くということは大変なことであり、いかに福山の地が戦略的に重要であったかが分かります。

3年の歳月をかけて完成した福山城は五層の天守閣を備え城郭建築としては非常に完成度の高い物でした。
1945(昭和20)年の空襲で消失しわずかに伏見櫓や筋鉄御門などが焼け残っただけでした。

【データ】

よみ:
ふくやまじょう
所在地:
広島県福山市丸ノ内一丁目
別名:
久松城・葺陽城
建造物:
平山城・外観復興天守